忍者ブログ

■   X JAPAN -  N E W S   ■
最新CM
[08/01 ry]
[07/31 246]
[07/30 名無しさん]
[07/30 名無しさん]
[07/29 たかし]
[07/29 みな]
[07/29 花]
[07/28 なつ]
[07/27 KAZU]
[07/27 KAZU]
[07/27 花]
[07/27 定]
[07/26 名無しさん]
[07/26 花]
[07/26 Ⅲ45]
[07/26 むだ]
[07/25 名無しさん]
[07/25 名無しさん]
[07/25 名無しさん]
[07/25 名無しさん]
[07/25 乳井敬]
[07/24 KAZU]
[07/23 りこ]
[07/22 シャネル時計 芸能人 2014]
[07/22 スーパーコピー 時計 ガガ]
HEATH OFFICIAL SITE
TAIJI OFFICIAL SITE
[83]  [82]  [81]  [80]  [79]  [78]  [77]  [76]  [75]  [74]  [73
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

20:40

 

予定開演時間より2時間10分の遅れ。

オーディエンスのボルテージはマックスを迎え、

どこからともなく手拍子が沸き起こりました。

こんなことは初めてですね~。

10年間待ち続けてきたファンの気持ちもすでに限界なのでしょう(笑)

 

そして・・・・・・。

 

20:45

 

暗転。

 

湧き上がる歓声。

その悲鳴にも似た歓声が体中に伝わってきました。

悲しいのか。嬉しいのか。

なんの感情もなくただ、ただ、涙があふれてきました・・・。

 

01.The Last Song

 

薄暗いステージ。

アリーナ・スタンドのペンライトの光の中から聞こえてきたのは、

ストリングスの音。ピアノの音。

The Last Live ~最後の夜~」で最後に演奏された " The Last Song "

オーケストラアレンジされていて、壮大な音がドーム中に流れます。

主旋律のヴァイオリンの音色とともに大合唱が始まりました。

 

YOSHIKI「復活の際にはこの曲から始めたい。」

 

常々YOSHIKIが言っていたことが現実となりました。

まさかそんな日がやってくるとは本人も思ってはいなかったでしょうが。

ギターソロのパートも終わり、最後のサビに突入。

いきなりドームに響き渡ったのはTOSHIの声!

10年ぶりのTOSHIの声です!

あのTOSHIの声・・・あの声なんです・・・。

もうありえないと思っていた復活。YOSHIKITOSHIの和解。

TOSHIの声にかぶさるように、YOSHIKIのピアノの旋律が絡みます。

奇跡的に起こったこの復活劇同様、2人のメロディーからのスタートでした。

 

" どうしてまだ 問いかけてる "

 

TOSHIの声が永遠に聞こえるほど伸ばされ、

いつもの女性のナレーションが流れます。

今回はメンバー紹介はなし。

ステージ上方からは薔薇の蔦が伸びていき、ドーム前方に絡みつきます。

 

" X JAPAN ・・・ JAPAN ・・・ JAPAN ・・・ "

 

02.Rusty Nail

 

ステージの幕が落ちる。

ストロボライトとともに流れ出したのは、

ハープシーコードのようなシンセサイザーのアルペジオ。

そうです。あの曲です。 " Rusty Nail "

シンバルの3カウントと同時に燃え盛る炎の柱。

もう何度も見た光景。でもそれがまた現実になった光景です!

ステージ奥には相変わらずガンガンなYOSHIKI

左にはPATAHEATH。中央にはあのTOSHI

そして・・・あの場所。あの位置にはLEDで映し出されたHIDEが・・・。

 

TOSHI「いくぞぉー!!」

 

もう最初からガンガンに腕と頭を振らせてもらいました。

TOSHI・・・そんなに煽らないでくれ!壊れてしまう(笑)

もう最初から汗と涙でグジャグジャにされてしまいました・・・。

 

- MC -

 

TOSHI「元気だったかー!元気だったか東京ドーム!!」

TOSHI「会いたかったぜぇー!!」

 

こちらもお会いしたかったでございますよ・・・(大泣)

注目されていたTOSHIの第一声は、あのX JAPANTOSHIでした!

 

TOSHI「待たせたなー!」

 

一瞬・・・この10年のことを言っているのかと思ってしまいました(笑)

あぁ~開演2時間遅れのことを言ってるのですね?

いいんです。いいんです。10年待ったんですもん。2時間ぐらい。

 

TOSHIYOSHIKIが遅刻したぜぇ~。」

 

プルプルと頭を振るYOSHIKI

違うんかっ!?(笑)

ダメだよTOSHI~。そんなありえそうな冗談は(大笑)

 

TOSHIYOSHIKIに駆け寄りマイクを渡す。

YOSHIKIライブ中に話すの苦手なんですよね(苦笑)

拒否はしながらも

 

YOSHIKI「暴れん坊将軍で行けよー!!」

 

と・・・。

聞き取れなかったためTOSHIが叫びなおしていましたけど(笑)

 

03.WEEK END

 

" I hear a knock on the door 激しくせまる "

 

と始まるあのバージョンです!

定番曲で攻め立てられます!

LEDモニターにはしっかりとHIDEのコーラスも映し出され、

5人での演奏になっています。音もちゃんと聞こえていましたね~。

ピアノソロで歌い上げるTOSHI。ちょっと苦しそうでしたが頑張っています!

HIDEの音と映像にシンクロさせるのが難しそうでしたが、

19年前からの定番曲であるこの曲はやはりはずせない1曲でした。

 

04.SCARS

 

ステージは1回暗転し、

モニターに映し出されたのは「DAHLIA TOUR FINAL」のHIDE

曲は " SCARS " です!

ライブバージョンのみのHIDEのパート。聴きなれたメロディーを歌い上げます。

来るか・・・?来るか・・・?来るか・・・?

と・・・思いきや・・・。

 

05. Silent Jealousy

 

ドームに響き渡ったのはTOSHIの声。

 

" Silent Jealousy Don't you leave me alone 悲しみに乱れて

  戻れない愛を飾る 繰り返す孤独の中に "

 

きた!!!!

TOSHIがしっとりと歌い上げる。

やるんだ~。これやるんだ~。久々すぎるなぁ・・・。

1993年の「RETURNS」以来になるのかな。

この曲でXを知ってファンになった人もいるのではないでしょうか?

そのぐらいに心に刺さる名曲ですよね。

近年では人気投票でもいつも上位にいる曲ですし。

とにかく、またこの曲がライブで演奏されていることに感動です!

終始、涙・・・涙・・・涙・・・頭フリフリ・・・涙・・・。

 

この曲にはLUNA SEASUGIZOが参加。

ご・・・ごめん。あまり見てなかったんだけど、

かなりノッて演奏していたそうですね。

評判はよかったように思います。

 

- Drum Break -

 

1曲・・・とカウントはしませんが(苦笑)

カウントしたいぐらいのパフォーマンスです。

(実際、YOSHIKI MySpaceには「曲」として流れますし。)

いつものごとく壊していますが、なんか激しいような・・・。

ドラムにダイブまでしてましたよね!?

よほど開演遅れのことが頭にきていたのでしょうか・・・。

それとも・・・?ドーム関係との兼ね合いなのか。

初めてXのライブ。ドラム破壊を見た人には胸高まったことでしょう!

オイラは怖くてビクビク・・・このまま終わってしまうんではないかと(泣)

でも大丈夫!ステージ後方にはもう1台のドラムが見えました!(笑)

でも不安です・・・。YOSHIKI・・・ほどほどに・・・ね♪

 

PATA『泣く奴がいるからやめとけって~。』

トークライブでそんなこと言ってましたね(笑)

PR
COMMENT
name 
title 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
  
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
TWITTER


EXPERIENCE TWITTER

MOBILE ADDRESS
http://
twtr.jp/user/Retsu24/status
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
アーカイブ
カウンター
ブログ内検索
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]