忍者ブログ

■   X JAPAN -  N E W S   ■
最新CM
[08/01 ry]
[07/31 246]
[07/30 名無しさん]
[07/30 名無しさん]
[07/29 たかし]
[07/29 みな]
[07/29 花]
[07/28 なつ]
[07/27 KAZU]
[07/27 KAZU]
[07/27 花]
[07/27 定]
[07/26 名無しさん]
[07/26 花]
[07/26 Ⅲ45]
[07/26 むだ]
[07/25 名無しさん]
[07/25 名無しさん]
[07/25 名無しさん]
[07/25 名無しさん]
[07/25 乳井敬]
[07/24 KAZU]
[07/23 りこ]
[07/22 シャネル時計 芸能人 2014]
[07/22 スーパーコピー 時計 ガガ]
HEATH OFFICIAL SITE
TAIJI OFFICIAL SITE
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

199857

 

何時に家を出たのだろうか…。

近所の花屋で花を買ったので、

そんなに早い時間ではなかったと思う。

白いユリを1本。仲間たちも1本。

先に向かった仲間からも逐一メールが入る。

深夜からものすごい行列だったそうで…。

 

予定よりかなり早く。

8時半から献花が始まる。

その頃には築地に到着していたかな…。

どうだったかな…。

 

とにかく駅をあがると人だらけ。

歩道橋も安全のために封鎖。

行列の最終尾までにかなりの時間を費やして歩く。

 

自分はロック系の襟のついたシャツに、

父親から借りた黒いネクタイ。

そんなものは数分もしていられないほどの夏日。

勝どき橋を降りて川沿いを歩く。

次の橋まで歩く。何キロあるんだろう…。

 

コンビニなどの飲み物も完全に売り切れていて、

時おり通りかかるアイス売りだけが補給出来る水分。

たった1本のアイスが何百円もし、

それも半分溶けかかっている…。

当然、花屋の花も全部売り切れ。

花を選ばず何もかも売り切れ。

そんな黒い列に永遠と並び始める。

 

当時はもちろん、携帯にテレビなどもついていないため、

列の先のほうにいる仲間からのメールが頼り。

それでも電波が届かなかったりしている。

そりゃそうだ…。これだけの人数が一斉にメールをするわけだし。

そんな時代でしたね…。

 

いつ、どこで何が行われているかもわからず、

ただただ熱さでしおれていく花を持って並んでいました。

知っていたのは3時15分出棺という時間だけ。

その時間で献花は打ち切るということだけ。

どう考えても、その時間までに終わる気配はない…。

 

どうしてもひと目HIDEを見たい…。

最後のHIDEを見送りたい…。

 

2時まで並んでも勝どき橋には着かず…。

仕方なく築地本願寺方面へと向かい始める。

普通に歩けるならばどうってことない距離だけれども、

とにかく歩道を歩くのも難しい。

なるべくはぐれないようになんとか正門前の大通り近くまで。

それでも正門まではほど遠い…。

というか、行くことも出来ない…。

 

大汗で誘導をする警察官。

なんとか歩道からはみ出ないようにしてはいるが、

あまりの人で車道に押し出されそうに…。

当然のことながら、歩行者天国ではなく、

車も普通に走っている。

車どころか…救急車は絶え間なく往復している。

暑さなどで倒れたファンなのだろう…。

 

なんとか大通りが見える位置をとり、

そこで出棺の時間まで待つことに。

 

周囲からは号泣の声が響き渡る。

そこでも、あそこでも座り込み、横たわり、

立っていることが苦痛の人も少なくなく。

嘔吐を繰り返している人も。

そのまま倒れてしまう人も。

飲み物もなく、暑さの中、ただじっと待つ。

何万人という人ごみのライブハウス状態でした。

何かちょっとしたことが起こると人が一斉に動く。

 

自分からは当然聞こえることはなかったけど、

正門にいるファンから伝言ゲームのように、

情報が横に流れてくる。

 

" Forever Love " が聞こえたらしい。

 

Xの曲が聞こえても嬉しくもなかったです。

それはHIDEとの別れが近づいていることだから…。

 

そろそろ出棺なのだろうか…。

時間は遅れたか…遅れなかったか…。

そう遅れなかったと記憶しています。

 

正門側から大きな悲鳴が。

それに吊られてか、周囲からも大きな悲鳴が。

少し背伸びをすれば正門が見える位置。

何か警察官の動きが激しく感じる。

 

悲鳴がHIDEを呼ぶ大きな叫びに。

自分も精一杯HIDEの名前を呼ぶ。

HIDEに向かってHIDEと叫ぶ。

これが最後だから…。

 

黒い車が正門から出てくる。

もう人の大きな波に耐えるのだけで必死。

この場所はガードレールがあるだけマシか…。

 

ヒーデー!!

 

車の速度と同じように、悲鳴も流れてくる。

自分の前を一瞬に通り過ぎたHIDE

その時、自分は瞬時に手を合わせたと思う。

泣き叫んでいたのでHIDEの名前を発することは出来なかった。

 

 

 

何かに開放されたように人が一瞬にはけていく。

自分は渡せなかった花を持って、

X友と正門へと向かう。

もちろん行くことも難儀ではあったけど、

それでも掻き分けてなんとか正門へと。

閉じられた正門。山になっている献花。

その場へ行くことは出来なかったけど、

正門の鉄槌の間に花を添えてきました。

 

少し人が減るのを待ち、そのまま電車で帰宅。

電車の中でも涙は止まらず…。

周囲は何かと思ったでしょうね。

それでも止めることは出来ず…。

そのまま家へと帰りました。

 

 

これがHIDEと自分の最後の思い出。

PR

199853

 

ほとんど覚えていないです…。

ただ…ただ悲しい日々が…。

 

ゴールデンウィークということで休みの日もあったけど、

仕事にもちゃんと出ました。

仕事中も思い出すと…涙が溢れてきましたけど…。

 

朝から晩まで永遠に繰り返される報道。

ファンが始めて耳にするhideの新曲も流される。

" ピンクスパイダー " " ever free "

こんな形で新曲を聴きたくなかった…。

 

HIDEの自宅マンション前。

HIDEの実家。

そして…原宿駅前などの映像も。

ファンが座り込んでいる。

 

どこに行けばいいかわからないんです。

1人ではいられないんです。

自分はずっとX友の家へと。

 

翌日にはYOSHIKIが緊急帰国。

成田でのその姿に…少しだけ安堵しました。

 

報道では自殺原因の究明など。

本当にどうでもいいことを真剣に話されている。

自分にとっては本当にどうでもいいことであった。

どう何が起ころうとも、

もうHIDEが戻らないのが現実でしたから。

 

 

199854

 

昨夜。Xのメンバーや、

LUNA SEAのメンバー、東海林さんなどが

築地本願寺に入る姿がワイドショーで流されている。

 

この日も…当然1人でいることは出来ず…。

どこを向いて、どこを見ても。

目をつぶっていても…涙が止まらず…。

 

 

築地本願寺へとHIDEの棺が…。

本願寺前にはすでにファンが集まっている。

自宅…実家にも花束や寄せ書き、タバコ…お酒…。

HIDEがいた場所に行けば、

少しでもHIDEに近づけるような気がする。

そんな気持ちがすごくわかりました。

 

ワイドショーでは相変わらず、

新曲の詩と死を関連つけようと、

本当にくだらないことを繰り返している…。

いや…くだらないことばかりではないのですが。

本当に長時間の枠を取り、

HIDEの歴史を丁寧に紹介してくれていた…。

 

自分もこの日は仕事が終わり、

直帰的にX友の家へと向かう。

Xの話をし、HIDEの話をし、

それだけで心が落ち着いていました。

 

そんな日々が続いた中。

築地本願寺の正門にてYOSHIKI本人から追悼文が。

手も声も肩も振るえ…。やっとの思いで読み上げるYOSHIKI

たった数枚の手紙すらも時間をかけないと読み上げられず…。

でも、そんなたった一言がどれだけ勇気づけられたか。

 

 

「今回、突然彼の死を聞いてとてもショックです…。今もまだ…信じられない気持ちです…。今…とても綺麗な顔をして…眠っています。何度も起こそうとしましたが彼は眠ったままです。HIDEX JAPANの中でも一番冷静に物事を考える人でした。リーダーでありながら短気で衝動的に行動する僕に…いつも冷静で的確な助言をしてくれたのも彼でした。もちろん様々なプレッシャーの中で彼が彼自信を見失うこともありました。でもそんな時には必ず僕に電話をかけてきました。バンドのこと。音楽のこと。友達のこと。人生のこと。ファンのこと。どんなことでも話し合いました。時には兄のように感じられ、時には弟のようでもありました。また…ファンのみんなの声…気持ちをいつも僕に伝えてくれたのもHIDEでした。うまく言葉がまとまりませんが。彼は本当に知的で冷静に物事を考える人でした。時にはお酒を飲んでお互いに喧嘩もしました。でも次の日には必ず「YOSHIKI…昨日なにかしたっけ?ゴメンね。何も覚えてなくて。」そんな感じでした。でも今回は何も言ってこないまま眠りについてしまいました。ファンの方々。友達の方々。みんなとても混乱していると思います。ただ…自分自身もこの悲しみをとても言葉などでは…表現出来ませんが…。ただ…今こうなってしまった以上。僕らは現実をしっかり受け止めないとならないと思います。ご両親をはじめ。家族の方々。友達の方々。みんな頑張っています。そしてX JAPANのメンバーもみんな頑張っています。だから…ファンのみんなも頑張ってください。いつも僕らを励まし…支えてくれたHIDEを今は僕らやファンのみんなの力で素敵に送ってあげましょう。彼の永遠の…永遠への眠りを…暖かく見守ってあげてください…。X JAPANリーダーYOSHIKI。」

 

 

199855

 

マンションや自宅に備えられた花束などは、

そのまま関係者が築地本願寺へと運ぶ。

そんな築地本願寺の前では…。

すでにファンで歩道が埋め尽くされている。

門や柵には花束が挿してある。

 

報道でしかわからないので、

とにかく報道を見入るけど…。

どこまで真実なのかもよくわからない…。

盛大な音楽葬祭にする…って…?

 

残念ながら後追い自殺のニュースも。

自分の周囲でも…。

自分はまだ大丈夫だけど、一緒にいる仲間も心配…。

学校などもある人もいるし、

でもとにかく朝から晩まで涙を流し続けていたと思う…。

 

この日。築地本願寺では密かに密葬が。

 

 

199856

 

この日の10時から20時までファンによる献花が始まる。

あまりの行列のため、開始時間は早まったと思う。

自分は不参加…。友達数人は訪れたようです。

報道でも正門に掲げられた「hide告別式」などの文字が、

とても辛かったですね…。これが現実なのだと…。

 

そしてX JAPANメンバーによる記者会見。

そこにはHIDEを覗いた4人の姿が…。

TOSHIが語る間…ずっとTOSHIの背中を支えるYOSHIKI

そんな姿がとても記憶に残っています…。

199852

 

この日は休み。

午前とも午後ともつかない時間に目が覚める。

いつもXの話をしていたX友からメールが入る。

 

「ランチでもしない?」

 

と、誘われるままに近所のバーミヤンでランチ。

相変わらずはずむ会話はX話。

Xが解散して間もなくもあるけど、

あのThe Last Liveを見る限りでは、

またいつか…そう遠くないうちにXを見ることが出来るのでは?

なんて…妄想話に花を咲かせて談笑していました。

 

夕立…。

 

というほど遅い時間でもなかったですが、

昼過ぎに大粒の雨が降り出す。

元々長居をする予定だったので、

何も気にせずにドリンクバーのみで時間を潰していると、

X友に1通のメールが。

 

XHIDEが自殺したんだって?」

 

………はい??

ぶはははは(大笑)

なんのドッキリですか!?くだらない…。

HIDEが?バカバカしい。

YOSHIKIなら少しは信じたかもね~(笑)

 

なんて…。

 

X友と笑い飛ばす。

 

とは言いつつも気にはなったので、

何で知ったか聞いてみると…。

 

「新宿の電光掲示板に出てたよ。」

 

バカな…バカな…ありえない!

何かの間違いであって欲しい。

いや…絶対に何かの間違いであるし、

もしそうだとしても、何かの事故で、

今は入院しているとか、そんなことだと思う。

 

とりあえず…。どうする?出る?

 

16時過ぎ。

 

雨もやみ、自分の家へと2人で帰る。

その間にもX友たちにメールで連絡を取り、

バイトなどを終えた仲間たちもうちに集合することに。

 

もちろんテレビをつけてもそんなニュースなどなく。

というか…夕方までは何もニュース関連がなく。

 

狭い部屋に続々と集まる仲間たち。

5~6人はいましたかね?

そんな中に始まった夕方のニュース。

 

 

「去年、突然解散した人気ロックグループX JAPANのメンバーHIDEこと、松本秀人さんが、今朝東京南麻布の自宅マンションで首を吊って自殺しました。33歳でした。」

 

 

自宅マンションのライブ映像。

沢山の報道陣。

それにも増してファンの泣き崩れる姿。

 

自分はどんな心境で聞いたのだろう。

瞬時に信じることは出来なかったような。

泣いたかな…。泣いたんだろうな。

もうあまり覚えてはいない…。

とにかく…あまり理解することが出来なかった。

 

部屋にいた仲間は…泣き崩れていたのは覚えている。

後から来た女の子たちも、

「うそ?本当なの?」と…。

泣きながら入ってきたことも覚えている…。

 

しばらく…呆然としていた仲間。

だいぶ人も増えてきてしまったので、

他のX友の家へと移動することに。

 

夕飯も食べず。

録画したニュース番組を繰り返し眺める。

夜のニュースも見る。

何か違う情報があると思って。

誤報かもしれないと思って。

 

どうすればいいのかわからず…。

どう調べたかは覚えていないけど、

とりあえずHIDEの自宅へと向かう。

ただ、ただ、静まり返る周囲。

本当に小さく、所々から泣き声が聞こえてくる。

マンションの入り口には積みあがった花束。

 

HIDE…死んだんだ…。

 

その時に自分は実感が沸いてきたと思う。

HIDEという人間がいなくなって…。

HIDEの音楽をもう聴くことが出来ないんだ…。

 

 

中国サイトで " ENDLESS RAIN " が流れるんだけど、

このバージョンはなに??と、X友からメールが来ました。

 

 

http://www.xjapan-china.com/

 

 

でも何故か残念ながら自分のPCからは音が出ない…。

 

そしたら、こちらから聞けるそうです。

 

http://www.xjapan-china.com/bgsound/bgsound.mp3

 

 

なに?なに?なんでこんなのが流れてるの?

 

皆さんは普通に聞けているのでしょうか?

 

 

1998年5月25日

 

X JAPAN on Piano

 

 

カタログNoAMCM4374

レーベル:East West Japan 

 

 

01.Forever Love 

02.Longing 

03.Endless Rain 

04.Crucify My Love 

05.Alive 

06.Say Anything 

07.Unfinished 

08.Tears 

09.The Last Song

 

 

East West Japanから発売はされていますが、

 

まったくYOSHIKIとは関係のないアイテムです。

アレンジや演奏ももちろん、ノータッチのものです。

 

 

が…。

 

まあ個人的には結構気に入っているアルバムではあります(苦笑)

YOSHIKIの意には反するものなのかもしれませんが、

気に入っているアレンジもありますね~。

すべて、ピアノとストリングスのみの演奏になっています。

TWITTER


EXPERIENCE TWITTER

MOBILE ADDRESS
http://
twtr.jp/user/Retsu24/status
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
アーカイブ
カウンター
ブログ内検索
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]