忍者ブログ

■   X JAPAN -  N E W S   ■
最新CM
[08/01 ry]
[07/31 246]
[07/30 名無しさん]
[07/30 名無しさん]
[07/29 たかし]
[07/29 みな]
[07/29 花]
[07/28 なつ]
[07/27 KAZU]
[07/27 KAZU]
[07/27 花]
[07/27 定]
[07/26 名無しさん]
[07/26 花]
[07/26 Ⅲ45]
[07/26 むだ]
[07/25 名無しさん]
[07/25 名無しさん]
[07/25 名無しさん]
[07/25 名無しさん]
[07/25 乳井敬]
[07/24 KAZU]
[07/23 りこ]
[07/22 シャネル時計 芸能人 2014]
[07/22 スーパーコピー 時計 ガガ]
HEATH OFFICIAL SITE
TAIJI OFFICIAL SITE
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

スティーブ・ライヒ - Steve Reich

 

知っています?

自分は詳しくは知りません(苦笑)

が…1枚だけCDを持っています。

 

1936年生まれのアメリカ人。

作曲家とされているようですが、

自分にとっては作曲家というよりは芸術家でしょうか。

 

何故、作曲家ではなく芸術家と感じるのか。

「音楽」「曲」というよりは、楽器を通して、

1つのアートを作っているように感じるんです。

 

代表曲の1つ。

 

" Piano Phase "

 

" Piano Phase "

 

どこかで聞き覚えがあると思いませんか?

S.K.I.N.のイメージ映像にも使われていた曲です。

 

と…S.K.I.N.のサイトやYouTubeも探したのですが、

著作権の問題のようで全滅…。

YOSHIKI mobileでも公開されてたので探しましたが、

もうとっくに消えているようですね…残念…。

 

この " Piano Phase " ってとても不思議な曲なのです。

2台のピアノで演奏するように作られているのですが、

2台のピアノともにまったく同じフレーズを弾くのです。

それも…1台はテンポを少し早く演奏して、

徐々に演奏がズレていくという…。

なんとも、なんとも、おかしな曲なのです(笑)

 

ただズレていくだけではなく、

2台のピアノがちょうど音符1つ分ズレると…。

またよくわからない違った曲に聞こえ始めるのです。

 

約20分に及ぶ曲なのですが、

丸々1曲聴くと、おかしな感覚に見舞われます(笑)

目が回るというか…トリップしたような感覚に…。

それにしても、同じ曲をテンポずらして演奏するって、

かなり大変そうですよね…。

 

スティーブ・ライヒはこんな曲ばかりを書いている

作曲家だそうです。

他にもマリンバやオルガンなどなど。

徐々にずれている曲をわざと書いています。

 

 

では。X JAPANの話でもしましょうか(笑)

 

 

旋律もフレーズも、まったく違うのですが。

昔からどことなく同じ感覚を感じていたのが…。

 

" Rusty Nail "

 

でした。

そしてこの無敵な夜・18回目の夜のオープニングを聞いて、

さらに同じ感覚を感じました。

 

あの " Rusty Nail " のシンセ音を永遠に聞いていると、

頭の中がトリップしたような感じになりません?

あれ…?自分だけ?(笑)

 

画像拡大

 

" Rusty Nail " のシンセの音もズレていたりするんです。

(正確にはズレではないのですが)

普通なら4小節で繰り返すのですが、

何故か繰り返しではなく意味不明!

ギターなどは4小節で1フレーズを作っているので、

シンセの音とはズレて聞こえたり。

そこがいいんですけどね。

 

画像拡大

 

試しに3連符にしてみました。

もしかしたら3連符で作られたものをズラしたのかも。

うーん。ちょっと苦しいかな…(苦笑)

 

でもなんでこんなにも難解な旋律を作ったんだろ?

音楽は時に不快感を出すためにわざと作るものもありますが、

もしかしたらそんな意図があったのかもしれない?

 

まあYOSHIKIマジックというか、

YOSHIKIの脳内ではこの微妙なズレがよかったんでしょうね。

確かにこのシンセを聴くと緊迫感が出ます。

 

 

話はそれますが。

 

ベートーヴェンの「運命」。

ジャジャジャジャーン!知ってますよね?

ベートーヴェンはこの運命で作曲法のタブーを犯したそうです。

過去の音楽は1拍目には必ず「音」があったのが、

この「運命」は緊迫感を出すために、

1拍目を全部休符にしたそうです。

「ン」ジャジャジャジャーン!

「ン」ジャジャジャジャーン!

と…。

 

現代音楽では当たり前のように使っていますけど。

" DAHLIA " " JADE " にもあります。)

 

サラっと聴くと普通の曲に感じますが、

YOSHIKIの曲の中には懲りに懲りまくられた、

色々なものが注入されています。

 

レコーディングに時間が掛かるのもわかる気が…。

PR

1996年11月4日

3rd AlbumDAHLIA」発売!

 

PATAの誕生日がありましたので、

1日遅れの記事になりましたが…。

 

このアルバムの思い出…。

もうとにかく一言です!

 

待った。

 

前作「Jealousy」から5年4ヶ月。

とにかく待ちました…。

 

その間には " ART OF LIFE " や、

シングルの連発がありましたので、

5年という年月とまでは感じないですが、

それでも待ちました…。

 

シングルが出るたびに…アルバムは??そろそろか?

という期待感とは裏腹に、出ない…出ない…。

アルバム名「DAHLIA」と決定してからも、

かなりの時間が過ぎましたよね…。

 

超先行シングルの " Tears " が1993年11月10日発売。

翌年には " Rusty Nail " のみの発売。

この当時から、アルバム発売までの、

YOSHIKIのインタビューを読むと、

もうブレまくり、ブレまくり(笑)

当初はこの2曲もアルバムに入れるか微妙だったとか。

 

まあ海外版のアルバムも製作していたから

仕方なかったのかもしれませんが。

日本版より先に発売する予定だったのが、

それを断念して、途中から日本版のみに移行したんですよね。

 

アルバム完成後、雑誌などで告知された曲名は、

当然知っているものばかり。

10曲中6曲がすでにシングルで発売されていて、

胸高鳴る…というよりは、やっとか…という

安堵の気持ちのほうが強かったかもしれない(笑)

 

" SCARS " HIDE作詞作曲。

" White Poem I " YOSHIKI作詞作曲。

" WRIGGLE " HEATHPATA作曲。

" DRAIN " TOSHI作詞 HIDE作曲。

 

もう、この4曲に賭けるしかなかった!

 

当時、何故か池袋のビッグカメラは2日前販売で、

いち早く聞きたいために車でダッシュ!

夕方に販売することを知っていたので、

夕方まで車で待機をして、CDコーナーに向かいゲット!

さっそく車のCDチェンジャーで「DAHLIA」を堪能!

 

知ってる曲。聞き飽きた曲。

それでも新しいアレンジや、新曲が混じることで、

その時は新鮮に聴くことが出来ました。

 

が…。

 

やはり飽きるのも早かった…。

 

しばらくすると、

新曲のみをリピートするようになっていましたね…。

 

それと!

 

やっぱりバラードが多い…。

別に嫌いではないのですが、

Xを好きになったきっかけが激しい曲だっただけに、

期待していたものは…このアルバムにはなかった…。

 

と、酷評っぽくなっちゃってますが、

1曲1曲は極上の出来だと思いますし、

「痛い」「哀しい」というコンセプトも好きです。

ただ全3枚のアルバムと比べて、

やはりYOSHIKIの世界観をXを通して表した。

そんなアルバムになってしまいましたよね~。

 

あれ…また酷評になってしまっている(苦笑)

 

でも真面目な話。

DAHLIA」が出てから、この復活するまで、

アルバムを通して聞くことはあまりなかったかもしれない。

今もあまりないですけどね…。

それはiPodとかに入れて聞いちゃうことが

多いこともあるかもしれませんが。

アルバムを通して聞くというよりは、

聞きたい曲をチョイスして聞く感じでしょうか。

 

1曲1曲は好きなのですが…。

個人的には退屈なアルバムです…。

 

DAHLIA」発売後にインタビューで、

他にも早い曲や激しい曲があると言っていましたけど、

YOSHIKIが倒れてレコーディング中断しなければ、

どんなアルバムになっていたんでしょうね~。

 

更に数年待たされた可能性はありますが(笑)

 

DAHLIA」完全版と、

BALLADE COLLECTION」が同時に発売されたら、

おもしろかったかもしれないな~。

TWITTER


EXPERIENCE TWITTER

MOBILE ADDRESS
http://
twtr.jp/user/Retsu24/status
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
アーカイブ
カウンター
ブログ内検索
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]