忍者ブログ

■   X JAPAN -  N E W S   ■
最新CM
[08/01 ry]
[07/31 246]
[07/30 名無しさん]
[07/30 名無しさん]
[07/29 たかし]
[07/29 みな]
[07/29 花]
[07/28 なつ]
[07/27 KAZU]
[07/27 KAZU]
[07/27 花]
[07/27 定]
[07/26 名無しさん]
[07/26 花]
[07/26 Ⅲ45]
[07/26 むだ]
[07/25 名無しさん]
[07/25 名無しさん]
[07/25 名無しさん]
[07/25 名無しさん]
[07/25 乳井敬]
[07/24 KAZU]
[07/23 りこ]
[07/22 シャネル時計 芸能人 2014]
[07/22 スーパーコピー 時計 ガガ]
HEATH OFFICIAL SITE
TAIJI OFFICIAL SITE
[1]  [2
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

もうずいぶん月日が経ってしまったようにも感じますが、
最終国タイを中心にアジアツアーの報道をまとめておきます。
 
 
BARKS 韓国公演写真
http://www.barks.jp/news/?id=1000074755
 
 
タイ記者会見写真
https://plus.google.com/u/0/photos/106611949450920706448/albums/
5675560171924024049#photos/106611949450920706448/albums/
5675560171924024049

 
 
タイのTV報道 その1 YouTube
http://www.youtube.com/watch?v=2J4Ti745IhM
 
タイのTV報道 その2 YouTube
http://www.youtube.com/watch?v=V71O3QY9ks8&feature=related
 
タイのTV報道 その3 YouTube
http://www.youtube.com/watch?v=WGEs5Wh7lvI
 
タイのTV報道 その4 YouTube
http://www.youtube.com/watch?v=NJbyTACqnwQ&feature=related
 
タイのTV報道 その5 YouTube
http://www.youtube.com/watch?v=EShxXA13mmw
 
タイのTV報道 その6 YouTube
http://www.youtube.com/watch?v=1V0m3jBjVqI
 
タイのTV報道 その7 YouTube
http://www.youtube.com/watch?v=ZdUclwFWgZg&feature=related
 
タイYOSHIKIインタビュー
http://www.youtube.com/watch?v=SQAOulpz9xo
 
 
タイWEB NEWS
http://www.channelvthailand.com/v/v_gallery/oishi-chakuza-
present-x-japan-2011-world-tour-in-bangkok/

 
 
x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x
 
 
club zy
 
X JAPAN:洪水被害のタイでアジアツアー打ち上げ「Xも困難乗り越えてきた」と1万1000人と黙とう
 
X JAPANが11月8日、タイ・バンコク郊外のインパクトアリーナで、10月28日の韓国・ソウルからスタートしたアジアツアーの最終公演を行った。ライブでは代表曲「Rusty Nail」のほか、新曲「Born To Be Free」など10曲を披露。タイの民族衣装・チュッタイを着て登場したYOSHIKIは、「Phom Rak Khun(愛してる)」とタイ語で絶叫し、会場からXコールがわき起こった。
 
 公演前日にバンコク入りしたYOSHIKIは、洪水被害を受ける同国を支援しようと到着後に大手テレビ局「チャンネル3」に出向き、義援金を寄付。ほかにもオークション用にと、サイン入りドラムスキンを送り支援の意向を示した。同日夜に開かれた会見でYOSHIKIは「X JAPANも過去にさまざまな困難を乗り越えて進んできた。SHOW MUST GO ON!」と国民にエールを送り大きな拍手が送られていた。
 
 YOSHIKIはステージでも、共に歩む姿勢を示そうと、ピアノのソロ演奏場面で、タイ国民の愛唱歌「ドゥアンペン(満月)」を披露。集まった1万1000人に、「タイで亡くなった人のためにここで黙とうをさせて下さい。一緒に黙とうして」と呼びかけ、被害の渦中にあるファンらと思いを交換していた。
 
 アジアツアーでYOSHIKIは「アメリカではハロウィンシーズンだから」と幕開けの韓国ではチマチョゴリ、次ぐ上海ではチャイナドレスと、サプライズとして自らファンの下に近づこうとコスプレをし盛り上げてきた。
 
 2度目の公演となる香港では、PATAの誕生日を公演中に祝い、台湾では11月20日に来るYOSHIKIの誕生日をファンと祝い交流を深めた。
 
 今後の展開はまだ未定だが、YOSHIKIが公言している2度目の北米ツアー、欧州ツアーに向け、期待が高まる。
 
 
文/西村綾乃
 
 
x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x
 
 
BARKS
 
X JAPAN、ソウルからバンコクまでアジア5カ国縦断の軌跡
 
2010年に北米を皮切りに、2011年は欧州、南米、東南アジアと世界を駆け抜けたX JAPANが、世界ツアーのファイナルをバンコクで迎えた。洪水被害に苦しむタイの映像が連日報道される中、実施自体が危ぶまれていたバンコク公演であったが、11,000枚のチケットを即完したコンサートは決行され、タイ史上最悪の大災害の渦中にあるファンたちに大きな勇気を与えることとなった。
 
タイの洪水被害の義援活動を支援するため、公演前日の現地時間7日、バンコクの空港に到着したメンバーから、YOSHIKIが、単独でタイの大手ネットワークテレビ局Channel3に直行。集まったタイのメディアが見守る中、タイの国民的司会者として知られるソラユット氏にその場で義援金を預けるとともに、フレームされたサイン入りドラムスキンを贈呈した。この作品はオークションにかけられ、落札金は全額タイの洪水被害の義援金として寄付されることになるものだ。
 
同日夜、ハードスケジュールをおしてX JAPNAのメンバーはバンコク市内のホテルで記者会見を開き、未曾有の洪水に見舞われたタイの人たちに激励のメッセージを述べた。YOSHIKIは「X JAPANも過去に様々な困難を乗り越えて進んできた。SHOW MUST GO ON!」とエールを贈った。
 
北米、ヨーロッパ、南米での現地と同様に、韓国、上海、香港、台湾、タイとX JAPANの到着は各空港でパニックをもたらし、各現地メディアに大々的に報道されることとなった。最終日でもあるタイでは、日に日に積み重なる洪水被害の状況から、キャンセルを余儀なくされるのではないかと危惧するファンが多かったという背景もあり、空港でのファンの反応は感動が感動を呼ぶ格別に大きいものとなった。
 
■韓国公演
現地時刻10月28日(金)、東南アジアツアー初日公演が韓国・ソウル市内のOlympic Gymnastic Stadium(オリンピック・ジムナスティック・スタジアム)にてスタートを切った。既にお伝えしたとおり、3回予定されていた韓国公演はギリギリのところでキャンセルになっていたという苦い経験があり、現地ファンの不安を払拭するべくYOSHIKIは予定より1日早く現地入りを果たし、事前記者会見を開いた。当日コンサートに集まった現地メディアのカメラは100台以上にのぼり、X JAPANの放つオーラをあらゆるメディアが捉え続けた。YOSHIKIのピアノソロとドラムソロでは「エリーゼのために」と韓国の伝統的民謡曲「アリラン」が披露され、突然のサプライズにオーディエンスは大いに盛り上がり大合唱が会場を埋め尽くした。
 
凄まじいXコールでアンコールを待つファンの前に登場したYOSHIKIは、韓国の伝統衣装チマチョゴリ姿でTOSHIに抱えられて登場。アンコール演目前に、生前HIDEと韓国で公演をしたいと話したことを明かし、「今日はステージにTAIJIとHIDEも一緒にいる。日本は先日地震があったけど、韓国をはじめ東南アジア、世界中の人たちが助けてくれた、本当にありがとう、カムサハムニダ」とメッセージ。韓国の初公演は会場いっぱいの10,000人と思いを交流させる大成功のステージとなった。
 
■上海公演
現地時間10月30日(日)、上海市内にあるShanghai Grand Stage(上海大舞台)にて初公演が行われた。北京公演がプロモーターの都合により直前になってキャンセルされるというハプニングがあっただけに、公演前に開かれた会見では上海公演へかける思いがさらに強まることとなった。
 
上海公演も、中国政府からのコンサート開催許可が降りてから約1ヶ月という短いチケット発売期間しかなかったにも関わらず、会場は満員の8500人が埋め尽くし、X JAPANパワーは上海にも強く深く及んでいることが浮き彫りとなった。
 
なお、韓国公演でドラムセットに数ミリのずれがあり、ドラムのふちに指を強く叩き付けてしまい負傷したYOSHIKIは、上海の現地入りと同時に医師の診察を受けていた。レントゲン撮影などの結果、全治2週間と診断されたが、そのまま公演に突入、上海ファンはYOSHIKIの気合いが伝染したかのように、力強いXジャンプで会場を揺るがした。
 
この日YOSHIKIは、ドラムとピアノのソロ演奏の中で中国の国民的民謡曲「明月幾時有」を演奏。歓声とともに大合唱が巻き起こり、会場は最高潮の盛り上がりを見せた。アンコールでYOSHIKIは赤のチャイナドレスを来て登場、ファンを狂喜させた。
 
安全上の理由から会場の規制が多い中国では、舞台と観客前列の距離が通常より長かったり、席を立つことに規制があったりするが、そんな中にあって、演目の前半は着席して公演を鑑賞していた観衆も、徐々に立ち上がり最後には公安警察のバリケードを突破しステージに押し寄せる事態と相成った。興奮冷めやらぬまま上海初公演もその歴史に深い爪痕を残すこととなった。
 
■香港公演
現地時間11月4日(金)、香港市内のAsia World Expo (亜州国際博覧館)にて開催。2回目の公演となる香港公演だったが、初公演よりもさらに大きな盛り上がりを見せ、会場の熱気はもはや破裂せんばかりのテンションだ。そんな中にあって、「紅」の演奏が終わり会場の熱気が絶好調に達したところで、YOSHIKIがバースデーケーキを持って登場し、PATAのバースデーを祝うというサプライズ。「PATAの声を聴いてみたい?」と会場に問いかけ、普段ステージではあまりMCをしないPATAが「Thank you Thank you Thank you so much, ありがとよ!」と元気よく答えた。YOSHIKIが演奏するピアノのメロディをバックに、会場全体がバースデーソングを合唱するスペシャルなひと時となった。
 
YOSHIKIソロでは香港の人々に親しまれている民謡曲「獅子山下」を演奏し、更なる大合唱の渦が会場を揺れ動かす。YOSHIKIは「香港はX JAPANが初の海外公演を実現した特別な場所」と話し、2度目のライブが開催できたことを、素直に喜んだ。
 
「X」ではメンバー全員が「We Are …」と叫ぶ渾身のパフォーマンスを見せながらも、アンコールではYOSHIKIは白のチャイナドレス姿でステージに現れるお茶目さで会場を沸かせる。アンコール終了後、満員御礼の10,000人に向かって、深々とお辞儀をするX JAPANに向けられた聴衆の拍手と声援はいつまでもいつまでも鳴り止まなかった。
 
■台湾公演
現地時間11月5日(土)台北入りしたX JAPANだが、空港に到着したYOSHIKIはなんと猫の耳をつけて登場。その様子は本人のtwitterでアップされ、大きな反響を呼んでいたものだ。公演は翌6日に台北市内にあるTWTC Nangang Exhibition Hallにて実施され、10,000人を超える観客動員数は会場のキャパシティを超えるものとなった。
 
この日のソロ演奏では、台湾国民になじみの深い楽曲「新不了情」をSUGIZOがヴァイオリンで、YOSHIKIは「高山青」をピアノで演奏し、連続のサプライズに会場は大合唱の嵐となった。「X」では4階に位置する会場フロアがXジャンプによって大きく揺れ動く事態となり、過激なファンの熱狂ぶりを思い知らされた。
 
この日のアンコールでは、赤い着物を着てYOSHIKIが現れたかと思いきや、その下にナースの衣装という演出で登場。また11月20日誕生日を迎えるYOSHIKIを祝う、ファンの一足早いバースデイコールに、本人も驚くという一幕も。ここではYOSHIKIから、東日本大震災で台湾を含むアジア各国の人々が助けの手を差し伸べてくれたことに深く感謝するという一幕もあり、盛り上がった会場が水を打ったように一瞬静かになりその言葉にじっくりと耳を傾けるオーディエンスの姿があった。
 
その感謝の気持ちとして、YOSHIKIは「Forever Love」をピアノでパフォーマンス、会場の大合唱はかつてないほどの盛り上がりと感動のフィナーレを迎えた。
 
■タイ公演
現地時刻11月8日、タイのバンコク市内にあるIMPACT ARENAにてX JAPANの東南アジアツアー最終公演が幕を下ろした。
 
YOSHIKIはタイ語で現地ファンに「Phom Rak Khun」(I love you)とメッセージ、言葉の壁を越えて、X JAPANの頑張れというメッセージが会場に集まったオーディエンスにじっくりと浸透していく。甚大な被災に苦しむタイの人々が、少しでも力付けば、少しでも明日への明かりになればと、X JAPANはメッセージを放つ。多くの困難を乗り越えて今を歩むX JAPAN、そして様々な痛みに耐えながら明日への一歩を踏み出している日本、…そこには、今バンコクの人々と思いを共有し、痛みを浄化させる詰め寄る思いがお互いを強く結びつけるのだ。
 
アンコールではタイの民族衣装チュッタイを来て登場、オーディエンスを狂喜させた。ソロ演奏ではタイ国民に馴染みの深い「ドゥアンペン(満月)」という曲をプレゼント、初めてのアジアツアーでX JAPANは、興奮と感動という伝説を東南アジアに刻み込みつづけた。
 
<X JAPAN SOUTH EAST ASIA TOUR SETLIST>
S.E.
1.JADE
2.Rusty Nail - Japanese ver.
3.Silent Jealousy - Japanese ver.
4.DRAIN
5.紅 - Japanese ver.
6.Born To Be Free
7.I.V.
8.X
ENCORE
9.ENDLESS RAIN
10.ART OF LIFE - 2nd movement
 
 
x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x
 
 
BARKS
 
X JAPAN、タイ公演で11000人1分間の黙祷
 
タイ現地時刻2011年11月8日、未曽有の被災に喘ぐバンコクに、X JAPANの咆哮が響き渡った。東南アジアツアーの最後を締めくくる地となったバンコクは、日本同様、今大きな困難に立ち向かっている。多くの命を失い希望が指の隙間からこぼれ落ちていくような日々に立ちすくむなかで、この日だけは、ひと時の喜びと、命を慈しむ普遍の思いと、ひと時ながらも熱い勇気を11000人が共有することになった。
 
市内にあるIMPACT ARENAに結集したX JAPANファンは巨大な会場を埋め尽くしていた。ライブスタートからツアー最終章にふさわしい爆発的な盛り上がりを見せたバンコクのオーディエンスは、音楽がかき消されてしまいそうなほどの大きな歓声を幾度も幾度も会場に響かせた。
 
YOSHIKIはあつまった11000人にタイ語で「I love you」(Phom Rak Khun)と呼びかけ、ソロ演奏ではタイ国民に馴染みの深い曲「ドゥアンペン」(タイ語で‘満月'の意味)をプレイ。たちまち会場は悲鳴のような歓声に包まれ大合唱が始まった。音楽という偉大なコミュニケーションはバンドとリスナーの距離を一気に引き寄せる。アンコールを待つ間、バンコクの観衆は誰が先導するわけでもなく「ENDLESS RAIN」が自然発生的に会場を満たし始め、そのまま大合唱となり熱気を帯びた空気が会場のひとりひとりの胸を熱く震わせた。
 
アンコールでは、YOSHIKIはタイの民族衣装チュッタイを着て登場し、衣装を手にしたときのエピソードを語った。現地スタッフとの会話で「この衣装がいい」とネットの画像を見せたところ、スタッフが「それは女性用です」と答えたのだという。YOSHIKIはその回答を聞き「完璧だね、それにしよう」と登場したドレスを着用するに至ったいきさつを語り、会場の笑いを誘った。
 
ほのぼのとした空気を楽しみながらも、YOSHIKIは洪水で亡くなられた方々のために黙祷を捧げるため、「I would like to call a minute of silence for those who have died in Thailand, Now please be silent.(意味:タイの洪水で亡くなられた人たちのためにここで黙祷をさせて下さい。では、一緒に黙祷して下さい)」と会場に呼びかけた。
 
全ての観客が一瞬にして黙祷、約1分の間、熱気と興奮に満ちた11,000人の会場が水を打ったように静まり返り、神聖な光の海だけが会場を支配する神秘的な光景が会場を支配した。
 
パフォーマンスの最後、カーテンコールではYOSHIKIは、遂にバリケードを突破しステージ前にやってきたファン達の熱狂ぶりに応えるようにステージダイブ、感動的なエンディングを過激な色彩に塗り替えて、X JAPANはバンコクの音楽ファンに、裏切らぬ熱き音楽の契りを交わした。X JAPANにとってもバンコクにとっても、この日が、まだ見ぬこれからの伝説の歴史のスタートの日となった。
 
 
x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x
PR



本日のサンスポです。
 
 
x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x
 
 
サンスポ
 
X JAPAN、大洪水もタイ公演決行!
 
ロックバンド、X JAPANが8日夜、タイ・バンコク郊外のインパクトアリーナで初のアジアツアーを打ち上げた。同国を襲う大洪水の影響で渡航自粛が相次ぐ中、公演を決行した。
 
 約1万1000人の大歓声で沸き返る終盤、リーダーのYOSHIKIが同国の民族衣装、チュッタイ姿で登場し「ポム・ラック・クン!!(愛してる)」とシャウト。さらに国民的民謡「満月」をピアノ演奏すると、会場は大合唱で沸いた。
 
 訪タイした7日には空港に約300人以上が殺到し、それぞれ数台のパトカーに誘導されながらホテルへ向かうなど国をあげて大歓迎ムード。
 
 7日夜に市内のホテルで開いた会見で、YOSHIKIは大洪水でライブ開催が危ぶまれたことに「X JAPANも多くの困難があったけれどファンのおかげで乗り越えてきた。3月の東日本大震災で世界中が支援してくれて、タイも含まれている。だから僕らはここに来ました」と説明し、「僕らは愛や希望を広げて社会を支援していきたい」と誓った。
 
 また、YOSHIKIが義援金50万バーツ(約127万円)とチャリティーオークション用に、自身の直筆サイン入りのドラムスキン(ドラムの打面部)をテレビ局に贈呈。他のメンバーも公演衣装など愛用品をオークションにかけ、落札金を寄付することを発表した。
 
 
x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x
2011年11月08日
X JAPAN ASIA TOUR Live at Impact Arena Muang Thong
in Bangkok, Thailand
 
- 20:26
 
 タイ国家
 
- 20:52
 
SE.NEW OPENING
 
01.JADE
02.Rusty Nail - Japanese ver.
03.Silent Jealousy - Japanese ver.
   PATA Guitar solo
04.DRAIN
   SUGIZO Violin solo
05.紅 - Japanese ver.
06.Born To Be Free
   YOSHIKI Drums solo ~ Piano solo エリーゼのために
   Drums solo ~ Piano soloロイカトーン
07.I.V.
   HEATH裸
08.X
   メンバーコールは7人
   YOSHIKI「飛べ!飛べ!飛べ!屋根をぶちやぶっちゃえ!」
 
= ENCORE
 
   YOSHIKIチュッタイ
   タイの洪水に関しての話 黙祷
   Pianoで Forever Love
 
09.ENDLESS RAIN
10.ART OF LIFE - 2nd movement
 
   YOSHIKIダイブ
 
SE.Tears
SE.Forever Love - Last mix
 
- 23:52
2011月11月06日
X JAPAN ASIA TOUR Live at TWTC Nangang Exhibition Hall
in Taipei, Taiwan
 
- 20:10
 
SE.NEW OPENING
 
01.JADE
02.Rusty Nail - Japanese ver.
03.Silent Jealousy - Japanese ver.
04.DRAIN
   SUGIZO Violin solo新不了情
05.紅 - Japanese ver.
06.Born To Be Free
   YOSHIKI Drums solo ~ Piano solo エリーゼのために
   Drums solo ~ Piano solo高山青
07.I.V.
   HEATH裸
08.X
   メンバーコールは7人
   YOSHIKI「飛べ!飛べ!飛べ!屋根をぶちやぶっちゃえ!」
 
= ENCORE
 
   YOSHIKI赤い民族衣装(YOSHIKIMONO?)
   脱いだらナース
   Pianoで Forever Love
 
09.ENDLESS RAIN
10.ART OF LIFE - 2nd movement
 
SE.Forever Love - Last mix
 
- 22:37
2011年11月04月
X JAPAN ASIA TOUR Live at Asia World Arena
in Hong Kong
 
 
- 20:40
 
SE.NEW OPENING
 
01.JADE
02.Rusty Nail - Japanese ver.
03.Silent Jealousy - Japanese ver.
04.DRAIN
   SUGIZO Violin solo
05.紅 - Japanese ver.
 
   PATA BIRTHDAY
   YOSHIKIがケーキを持って登場
   PATA「サンキューサンキューサンキュー!ソーマッチ!」
   PATAとYOSHIKIケーキ食べる
 
06.Born To Be Free
   YOSHIKI Drums solo ~ Piano solo トルコ行進曲
   Drums solo ~ Piano solo エリーゼのために ~ Drums solo
   Piano solo獅子山下(香港の歌?)
07.I.V.
   HEATH裸
08.X
   メンバーコールは7人
   メンバー全員が「We are!」を叫ぶ!
 
= ENCORE
 
   YOSHIKIチャイナ服
 
09.ENDLESS RAIN
10.ART OF LIFE - 2nd movement
 
   PATAとYOSHIKIが水の掛け合い
 
SE.Forever Love - Last mix
SE.Tears
 
   YOSHIKIがいつまでも頭を下げていた
 
- 23:20
2011年11月01日19:00
YOSHIKI来店 SANRIO SHOP in 上海
 
と…YOSHIKIが呟いていましたけど、
何か記者会見でもするんですかね?
Yoshikittyのプロモーションかなぁ…。
さらにまとめておきます。
 
というか…。
 
さらにアルバムは出そうもないなぁ…(汗)
 
 
これは…リハーサルなどの風景?
 
 
http://nollywood.newsis.com/flash/?flash_id=NISV20111029_0000005384
 
 
x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x
 
 
club.zy
 
X JAPAN:公安もXジャンプ! 中国初上陸に大陸が熱狂 「音楽で日中友好を」
 
X JAPANが10月30日、中国・上海市内にある「上海大舞台」でバンド初の中国公演を行った。YOSHIKIは、28日に行った韓国・ソウル公演で最後に披露した「ART OF LIFE」の演奏中、左手人差し指をドラムのスネアに打ち付け、亀裂骨折の大けがをしていたが、ステージの内容を変えずに“強行突破”。指は紫色に腫れ上がっていたが、痛みを感じさせないパフォーマンスで8000人の観客を魅了した。けがは全治2週間という。
 
 バンド初の中国公演。1階から3階までびっしりと埋まった客席は、赤や青のペンライトで“無限の可能性”を意味する「X」の文字を作りメンバーを迎えた。YOSHIKIが登場した瞬間、客らが前方へ押し寄せる。混乱を抑えるため前方に控えていた50人以上の公安ともみあいになり、会場外に引きずり出されるファンの姿もあった。
 
 「JADE」で幕を開けたステージは、「Rusty Nail」、「Silent Jealousy」と激しさを増していく。ステージ両脇のスクリーンでは、会場風景、ステージ上でのメンバーの様子、YOSHIKIがドラムを叩く姿を下方からあおったものなど、臨場感に満ちた映像が映し出され、会場の熱はグングンと高まっていった。
 
 YOSHIKIは「タージャーハオ(みんな元気?)。今日はここに来てくれてありがとう。みんなウォーアイ二ー(愛してる)!!」と中国語と英語を交えてあいさつ。「We are!!」の掛け声には、「X!!!!」と世界共通の大歓声がこだました。
 
 中盤に披露したドラムとピアノソロでは、中国の伝統歌「明月幾時有」をピアノ演奏するサプライズが。観客は手拍子をしながら合唱し、YOSHIKIはその姿をうれしそうに、うなずきながらながめていた。
 
 本編最後の「X」では、TOSHIは冒頭からフロアに水をかけて周り、SUGIZOとPATAは、ステージ左右に広がり、客席まで1メートルほどの距離で演奏。中盤に行うメンバー紹介では、亡くなったHIDEとTAIJIの名をTOSHIが叫び、ファンから「HIDE!!! TAIJI!!!」と悲痛な声が飛んでいた。
 
 同国での公演は事前に扇動的な言い回しがないかなど、政府が歌詞の検閲を行い、ライブ中も過激なパフォーマンスがないよう公安が厳しく取り締まる。この日も、観客とにらみ合いのような場面もあったが、「X」の曲中で観客がXジャンプを行う場面では、目を光らせていた公安も高揚した雰囲気にあおられ、観客とともに飛び跳ねる姿が見られた。
 
 ソウルではチマチョゴリ、上海の空港ではパンダの被り物を見に付けていたYOSHIKI。この日のアンコールでは、巨大なパンダのぬいぐるみを持ち、真っ赤なチャイナドレスで登場した。YOSHIKIはパンダを見つめ「エックス・ジャパンだ!!」とギャグを飛ばしていた。
 
 約2時間半の公演のラストを飾ったのは「ART OF LIFE」。のびやかなTOSHIの歌声は、X JAPANの熱波を乗せ無限の広がりを感じさせ、天を貫くようなSUGIZOのギターは、新たな扉を開いてくれた。SUGIZOの「世の中色々ありますが、僕ら音楽を愛している仲間たちは、どこに行っても一つ」という言葉通り、北米、欧州、南米、アジアへと翼を広げ、確かな足跡を刻んだX JAPANは、無限の彼方へと大きく羽ばたく自信を強めたようだ。
 
 
◆今後の目標について
 
 YOSHIKIは上海での初公演について「私たち、僕の夢を叶えることができる。空港で大勢のファンが出迎えてくれ、歩み続けることが大切だと言うことに気付き、そして全てのことに挑戦しようと思った」としみじみ。「デビュー30年を目標に活動を続けたい」と決意を語った。11月2日に北京で予定していた公演は、現地プロモーターの判断により25日に中止が決定。公演中止についてYOSHIKIは「メンバーはそろっているのに、(北京で)ライブをすることができなくてごめんなさい」と神妙な顔で話した。
 
◆YOSHIKIはコスプレ好き??
 
 台湾でのウェディングドレス姿から、南米公演での看護婦の姿など、話題になっているYOSHIKIのコスチュームプレイ。韓国では現地の女性が正装の際、着用するチマチョゴリを身に着け、ファンの度肝を抜いた。期待された上海では入国の際、パンダの被り物をしてファンにあいさつ。ライブでは真っ赤なチャイナドレスでファンを魅了した。YOSHIKIは「アメリカはいまハロウィンだから…」と話したが「コスプレは大好き」と即答。パンダを選んだ理由については「僕のファンはパンダが好きだから。本物のパンダは幼いころ、母と観に行ったけど、僕は怖くて泣いちゃった」と照れ笑いした。またファンにしてほしいコスプレは?の問いにHEATHは「身体にフィットしたもの」。SUGIZOは「血を流したミイラ」と答えた。
 
 
◆新アルバムは…
 
 制作中のアルバムの進捗状況についてYOSHIKIは「95パーセントはできているけど、新しいチャレンジを取り入れると全体の完成度が50や75パーセントになってしまう。新たなパフォーマンスを取り入れながら、納得がいくものを生み出すのは難しい」と説明。最も困難な部分は「英語の発音。TOSHIも頑張ってくれているんだけどね…」と話した。
 
 
◆ビジュアル系にあこがれる現地のファンへ…
 
 今回X JAPANが公演をする中国、タイ、韓国、台湾などでは日本のビジュアル系音楽の人気が高い。ネオビジュアル系といわれるアリスナイン、SuG、ViViDらは現地でライブを行うなど人気も高く、SuGは楽曲がタイの飲料CMに起用されるなど注目されている。
 
 若者らは「CD盤が手に入らなくても、You Tube(動画投稿サイト)などを見て、情報を集めている」と言い、「自分の国でX JAPANを見ることができて感激している」とコメント。SUGIZOはX JAPANなどに影響され、ビジュアル系にあこがれを持つファンへ「コスチュームやメークも大事。でもそれよりも音楽が大事だということを忘れないでほしい。自分だけのスタイルを探して」と呼びかけた。
 
 
取材・文・写真/西村綾乃
 
 
x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x



本日のサンスポです。
 
 
上海公演の写真
http://ent.163.com/photoview/00B60003/55089.html
 
 
x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x
 
 
サンスポ
 
中国でのX JAPAN人気、ネットで加速
 
ロックバンド、X JAPANが30日、上海大舞台でアジアツアーの中国公演を行った。1989年のメジャーデビューから22年にして念願の中国本土に初上陸。
 
 中国では90年代の日本ブームとともにX JAPANの人気に火が付いた。ここ数年、インターネットの普及で人気は加速し、昨年の上海万博後からは日本のポップカルチャーへの関心が高まり、クラブでは彼らの海賊盤を手に入れたDJが流すほど。YOSHIKIは「空港でもたくさんのファンが迎えてくれて。音楽を続けていくことと、できることをすべて挑戦してこうと思いました」と感激していた。
 
 
x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x
 
 
サンスポ
 
YOSHIKI、チャイナドレスで「謝謝」
 
【上海30日=納村悦子】ロックバンド、X JAPANが上海大舞台でアジアツアーの中国公演を行った。1989年のメジャーデビューから22年にして念願の中国本土に初上陸。ツアー開幕直前に北京公演が中止になり、韓国公演でリーダーのYOSHIKIが左手人さし指をけがするなどハプニングの連続だったが、会場の約8000人は大興奮。どの楽曲でも日本語の大合唱が巻き起こり、音楽で日中友好の架け橋を築き上げた。
 
力強く足踏みするストンピングやXコールが響き渡る。
 
 終盤、YOSHIKIが中国の国民的民謡「明月幾時有」をピアノで奏でると、ファンは次々に感嘆の声をあげ、同曲を大合唱。さらに、YOSHIKIが赤いチャイナドレス姿で、大きなパンダのぬいぐるみを持って登場し、「僕らの夢がかないました。ここに来ることが僕らの長い夢だった。謝謝(ありがとう)!! Xジャ“パンダ”」とおどけてみせ、ボーカルのToshIは「下次再見(また会おう)!!」と再会を約束した。
 
 中国初上陸はハプニングの連続だった。ツアー開幕直前、中国政府から協力を得ていたものの、技術や制作上の問題などから現地プロモーターの判断で北京公演が中止に。さらに、28日のソウル公演でYOSHIKIが誤ってシンバルに左手を打ち付け、人さし指が大きく腫れ上がるほどのけがを負った。
 
 それでも選曲などステージ構成を変えずに強行突破。本編は世界デビューシングル「JADE」や新曲「Born To Be Free」などハードロックで攻め、アンコールは「ENDLESS RAIN」など壮大なバラードで魅せて、静と動を表現してみせた。ファンも終始熱狂。イントロが始まるごとに大歓声が上がり、どの曲も大合唱で沸き立った。
 
 訪中した29日には、空港に200人を超えるファンが押し寄せた。サプライズ好きのYOSHIKIは、パンダのかぶり物をつけて到着ロビーに現れ、上海っ子を喜ばせた。
 
 同夜、市内のホテルで会見し、YOSHIKIは開口一番「メンバーはみんなここにいるのに、北京が中止になってごめんなさい」と謝罪。ギターのSUGIZOは「いろいろあるけれど、僕ら音楽を愛している仲間たちはどこに行っても一つだと思う」と力を込めた。念願の中国上陸を最高のものにして、これからも荒波を突き進む。
 
 
x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x
2011年10月30日
X JAPAN ASIA TOUR Live at Shanghai Grand Stage
in Shanghai, China
 
- 19:53
 
SE.NEW OPENING
 
01.JADE
02.Rusty Nail - Japanese ver.
03.Silent Jealousy - Japanese ver.
04.DRAIN
   SUGIZO Violin solo
05.紅 - Japanese ver.
06.Born To Be Free
   YOSHIKI Drums solo ~ Piano solo エリーゼのために
   Drums solo ~ Piano solo 明月幾時有 ~ Drums solo
07.I.V.
   HEATH裸
08.X
   メンバーコールは7人
 
= ENCORE
 
   YOSHIKIチャイナ服
 
09.ENDLESS RAIN
10.ART OF LIFE - 2nd movement
 
SE.Forever Love - Last mix
 
- 22:15
遅くなってしまいましたが、
現地からレポートと写真が届いています!!
 
まずはグッズに関して。
今回は新たなアイテムが追加されていたとか。
USBメモリー2種とボールチェーンの龍ロゴネックレス。
 
そしてアジア日程がプリントされたTシャツは
黒字に赤文字・黒字に白文字・白地に黒文字の3種類。
北京の日程は入っていなかったそうですが…。
いつ作られたものなんでしょうか!?
いつ中止と決まっていたんですかね…(汗)
 
売れ行きの悪いものは、徐々に値下げされていき、
売れ行きの良いものは、徐々に値上げされていったそうです(笑)
これって…普通のことなの?(汗)
 
会場のアリーナは6ブロックに分かれていて、
ブロックごとの入場だったそうです。
スタンドは指定席。
ステージ左右にモニターが。
さすが南米や欧州とは違う規模の会場ですね~。
 
ステージ背後のモニターには時々抽象的な画像が。
少しYouTubeや画像を見ましたが、
以前、様々なライブで使っていたやつですね。
 
お約束(?)の銀テープもちゃんとあったとか。




















これはYOSHIKI側が配ってくれた、クッキーだそうです。
他にもケーキやらもあったとか??
2011年10月29日
YOSHIKI HEATH SUGIZO 記者会見 in 上海
 
先日のことになりますが、
上海に上陸したXメンバーが記者会見を開いたそうです。
メンバーはYOSHIKI HEATH SUGIZO。
まあ…妥当(?)な3人ですね(笑)
TOSHIは体調管理で大変でしょうし、
PATAはお酒で大変でしょうし…(苦笑)
 
 
 
YouTube
 
YouTube
 
YouTube
 
YouTube
 
YouTube 
 
x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x
 
 
Record China
http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=55558
 
● 北京公演中止のX JAPANがファンに謝罪、新アルバムは年内に完成へ―上海市
 
2011年10月29日、翌日にコンサートを控えたX JAPANが上海入りし、中国メディアのインタビューに答えた。新浪網が伝えた。
 
X JAPANは30日夜、上海大舞台でコンサート「X JAPAN 2011 WORLD TOUR IN SHANGHAI」を開催予定。来月2日に予定されていた北京コンサートは、このほど急に中止が発表され、中国のファンを落胆させている。
 
今回の中止について聞かれたリーダーのYOSHIKIは、「本当に申し訳なく思っている」とファンに向け謝罪。「自分たちではコントロールできない理由、恐らく主催側の問題でこういう結果になってしまったが、自分たちとしてはやっぱりコンサートをやりたい」と、悔しさを交えつつ語っていた。
 
期待の最新アルバムについては、「95%は出来あがっている」とのこと。今回のアジアツアーを終えたのち、年内には完成させたいという。
 
来年は、X JAPAN結成からちょうど30年を迎える。「次の30年もこのままで」と話すYOSHIKIは、今後もバンドを続けていきたいという。さらに、98年に亡くなったメンバーでギタリストのhideについて、「いつも一緒に演奏してると思ってる」と話していた。(翻訳・編集/Mathilda)
 
 
x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x
まだまだあると思いますが、少しだけまとめておきます。
 
 
x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x
 
 
club.zy
 
X JAPAN:バンド初の韓国公演で1万人がアリラン合唱 YOSHIKI''女装''のサプライズも
 
X JAPANが10月28日、「ソウル・オリンピック公園体操競技場」でバンド初の韓国公演を開いた。ステージでは「Rusty Nail」など10曲を約2時間半で披露。アンコールではリ ーダーのYOSHIKIが同地の女性の伝統服「チマチョゴリ」を着て登場し、1万人がどよめいた。YOSHIKIは満員の客席を見渡し「サランへヨ(愛しています)」と韓国語であいさつ。ファンとともにXポーズをし、アジアツアーの始まりを盛り上げた。
 
アジア公演の初日ということもあり、熱の入ったリハーサルは開演予定時刻の15分前まで続けられた。約1時間遅れで始まったステージ。YOSHIKIが姿を現すと耳を貫くような歓声が響いた。声を受け止めるように、ドラムセットの上によじのぼり、フロアを見渡すYOSHIKI。胸の前で祈りを捧げるようなポーズを見せると、ダルメシアン柄のガウンを脱ぎ捨てドラムに向かった。天を切り裂くような激しい「JADE」で幕を開けた公演は、演奏ごとにファンが波のように揺れ、会場全体を大きく揺さぶった。
 
「Born To Be Free」ではSUGIZOが大歓声を飲みこむようなバイオリンを響かせ、聴衆を圧倒。演奏後、ドラムのタムを打ち続けたYOSHIKIはそのままドラムソロへ突入した。心臓に響くような激しさは息苦しくなるほど。演奏を止めると今度はピアノに向かい、鍵盤をしなやかになぞるようにし「エリーゼのために」を聴かせる。狂ったようなドラムから、柔らかに包み込むようなピアノ、鬼のような形相になるドラム…と交互に思いをぶつけ、フロアをどんどんと引き込んでいく。中盤には韓国の伝統歌「アリラン」をピアノでなぞると、この日一番の歓声がYOSHIKIに送られた。YOSHIKIのピアノに合わせて、会場が「アリラン」を合唱し空間が一つになった。
アリランの大合唱の後、「We are!!!」と叫びながらステージを降りたYOSHIKI。目前を絶叫しながら歩む姿に、混乱した客が失神する場面も。悲鳴と歓声の中、アリーナをぐるりと一周したYOSHIKIは、前方の客とハイタッチをしながら、声がつぶれるまで叫び続けていた。
 
過去、同地では公演を延期・中止した経緯を持つ。リーダーのYOSHIKIは「今日、このときを長く長く長く待っていました。みんな来てくれてありがとう。今日は(亡くなった)HIDEもTAIJIも一緒だったよ」と声を震わせると、HIDEとTAIJIの名前を叫びながら泣き出す人も。YOSHIKIが「(どんな困難があっても)ずっとロックを、音楽を続けて行く」と呼びかけると、大きな大きな拍手が送られた。公演はこの後、上海、香港、台北、バンコクで行われる予定。
 
取材・文・写真/西村綾乃
 
 
◆X JAPAN Live in SEOULセットリスト
 
1.JADE
2.RUSTY NAIL
3.SILENT JEALOUSY
4.DRAIN
5.KURENAI
6.BORN TO BE FREE
7.I.V.
8.X
-----------
9.ENDLESS RAIN
10.ART OF LIFE
 
 
x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x
 
 
Searchina
 
X JAPANの「韓服」「韓国民謡」ファンサービスが話題=韓国
 
ヴィジュアル系ロックバンド「X JAPAN」が28日のソウル公演「2011 X JAPAN LIVE IN SEOUL」で披露したファンサービスが話題を呼んでいる。複数の韓国メディアが30日にも「感動の渦」「3大ファンサービスが輝いた」などと相次いで報道した
■X JAPAN - サーチナ・トピックス
  アジアツアー初公演となったソウル公演はオリンピック公園体操競技場で開かれた。公演でリーダーのYOSHIKIは、ピアノで韓国の伝統民謡『アリラン』を演奏し、会場のファンが演奏に合わせて大合唱する盛り上がりぶりだった。さらに、YOSHIKIはアンコール舞台で女性用の韓服姿(チマチョゴリ)で登場するサプライズを演出。メンバーらも韓国語であいさつするなど、多様なファンサービスを披露した。
 
  韓国メディアは「韓服」「韓国語」「アリラン演奏」などのファンサービスに注目し、「愉快な感動」「センスあふれる公演」「女性用韓服を身に付け爆発的な反応」などと同話題を報道。「X JAPAN」が演奏と歌だけではなく、心のこもったサプライズイベントも会場を大いに盛り上げたと伝えた。
 
  なお、主催者側の関係者によるとチマチョゴリは公演の前日にあらかじめ用意したものだったが、『アリラン』の演奏は公演当日に決まったもの。リハーサルの途中でYOSHIKIが突然楽譜を要求してきたという。(編集担当:金志秀)
 
 
x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x



本日のサンスポです。
 
 
x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x
 
 
サンスポ
 
X JAPAN、ソウルでアリラン大合唱
 
【ソウル28日=納村悦子】ロックバンド、X JAPANがソウルオリンピック公園体操競技場で初のアジアツアーをスタートさせた。2009年3月の公演が中止となった因縁の場所に約2年半ぶりにリベンジ初上陸。世界をまたにかける日の丸ロックスターとして、日本を席巻中のK-POPの地へ乗り込み、ハードロックから繊細なバラードまで緩急織り交ぜた攻撃的なパフォーマンスを披露。約1万人の現地ファンを圧倒した。
 
 約1万人が集結した競技場に、“WE ARE X”コールが鳴り響く終盤。リーダーのYOSHIKIが「サランヘヨ、サランヘヨ!!(愛してる、愛してる)」と連呼し、同国の国民的民謡「アリラン」をピアノで奏でると、ファンは感激の表情で大合唱。さらにYOSHIKIがピンクのチマチョゴリ姿で登場し、「僕たちはここに来ることが長い間、夢だった。(亡くなった)HIDEとTAIJIも一緒だったよ」と呼びかけると、地鳴りのような大歓声で競技場が揺れた。
 
 ソウル公演は悲願だった。2008年9月にアジアプロモーションとしてリーダーのYOSHIKIが現地を訪れ、09年3月に同競技場での公演を発表したが、当時の所属事務所のトラブルなどでやむなく中止に。今回は約2年半ぶりの、しかもアジアツアー初日の夢舞台。それだけにYOSHIKIは「このときを長く長く長く待っていました。ホント色んなことがあったよね」としみじみ。念願のステージへの喜びをかみ締めた。
 
 “デビュー戦”は超攻撃モード。世界デビューシングル「JADE」や新曲「Born To Be Free」など欧米公演で熱狂的な支持を得たハードロックはもちろん、「ENDLESS RAIN」などバラードまで10曲を感情豊かに披露。唯一無二の圧倒的な存在感は人気のK-POP軍団をも超えた。
 
 ツアー開幕直前には北京公演が中国政府からの協力を得ていたものの、技術や製作問題などから現地プロモーターの判断で中止になるハプニングがあったが、苦境を乗り越え、最高のスタートを切った。「カムサハムニダ!!(ありがとう)ずっと音楽を続けていきます」とYOSHIKI。世界制覇への土台をしっかりと築き上げた。
 
 
x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x
 
 
BARKS


X JAPAN、韓国公演では「アリラン」をプレイ
 
X JAPANのアジアツアーの幕が切って落とされた。開演目前となって北京公演が中止になるというという憂うべき事態に巻き込まれ、出鼻をくじかれたX JAPANではあるものの、今を思えばこれしきのトラブルは蚊に刺されたようなもの。解散、メンバーとの別離、再開、再起、故障…と様々なトラブルと永遠に解決できそうもないこじれた問題を抱えながらも、全ては進むべき信じる道を一歩ずつ突き進み、自らの手で解決してきた彼らの牽引力と固い結束は、今や何を持っても揺れ動くものではなくなっている。
 
現地時刻10月28日(金)、韓国ソウル市内のオリンピック・ジムナスティック・スタジアムにてX JAPAN東南アジアツアーの初日公演がスタートを切った。韓国は過去にも公演が3回予定されていたが、ギリギリのところでキャンセルになっていたという経緯がある。北京公演中止のアナウンスも耳に入っていたことだろう中で、韓国のファンにぬぐい切れぬ不安を一掃するべく、X JAPANの公演に結集した現地メディアのカメラは実に100台に及んでいた。異常と言えるほどの注目度の高さを持って、この日を迎えたことになる。
 
1万人の観客を前に、YOSHIKIのピアノソロとドラムソロでは「エリーゼのために」と韓国の伝統的民謡局「アリラン」が披露された。思わぬサプライズとX JAPANの韓国のオーディエンスに対する気持ちがそのまま会場に浸透していく。「WE ARE… WE ARE…!」と叫びながらYOSHIKIはアリーナを後方まで1周するというサービスもみせ、オーディエンスは大きな盛り上がりをみせた。
 
TOSHI、YOSHIKIともに、長いフレーズも韓国語で披露、観客を驚かせた。「叫べー」と韓国語で問いかけるTOSHIに、観衆も真正面から全身で応えていく。
 
本編最後となった「I.V.」が終わり、凄まじいXコールでアンコールを待つファンの前に登場したYOSHIKIは、韓国の伝統衣装チマチョゴリ姿でTOSHIに抱えられて登場。アンコールの「ENDLESS RAIN」をプレイする前に、生前「HIDEと韓国で公演をしたいと話していた」ことを明かし、「今日はステージにTAIJIとHIDEも一緒にいる。日本は先日地震があったけど、韓国をはじめ東南アジア、世界中の人たちが助けてくれた、本当にありがとう、カムサハムニダ」と、我々日本人の思いを代弁、大きな歓声の中、「ENDLESS RAIN」と「ART OF LIFE」をパフォーマンス、大団円を迎えた。
 
ソウル公演を大成功に終わらせ、素晴らしい<東南アジアツアー>のスタートを切った彼らは、10月29日上海に上陸、現地にて記者会見を行う予定だ。
 
<東南アジアツアー@韓国「オリンピック・ジムナスティック・スタジアム」2011年10月28日>
1.JADE
2.RUSTY NAIL
3.SILENT JEALOUSY
4.DRAIN
5.KURENAI
6.BORN TO BE FREE
7.I.V.
8.X
Encore
9.ENDLESS RAIN
10.ART OF LIFE
 
<X JAPANアジアツアー>
10月28日(金)ソウル(Olympic Park Gymnastics Stadium)
10月30日(日)上海(Shanghai Grand Stage)
11月4日(金)香港(Asia World Expo)
11月6日(日)台北(TWTC Nangang Exhibition Hall)
11月8日(火)バンコク(Impact Arena)
 
 
x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x
2011年10月28日
X JAPAN ASIA TOUR Live at Olympic Gymnastics Stadium
in Seoul, Korea
 
- 20:58
 
SE.NEW OPENING
 
01.JADE
02.Rusty Nail - Japanese ver.
03.Silent Jealousy - Japanese ver.
04.DRAIN
   SUGIZO Violin solo
05.紅 - Japanese ver.
06.Born To Be Free
   YOSHIKI Drums solo ~ Piano solo エリーゼのために
   Drums solo ~ Piano solo アリラン(朝鮮民謡) ~ Drums solo
07.I.V.
   HEATH裸
08.X
   メンバーコールは7人
 
= ENCORE
 
   YOSHIKIチマチョゴリ(韓国民族衣装)
 
09.ENDLESS RAIN
10.ART OF LIFE - 2nd movement
 
SE.Forever Love - Last mix
 
- 23:15
2011年10月28日20:00
X JAPAN ASIA TOUR Live at Olympic Gymnastics Stadium
in Seoul, Korea
 
 
2011年10月30日19:30 JPN 20:30
X JAPAN ASIA TOUR Live at Shanghai Grand Stage
in Shanghai, China
 
 
2011年11月04月20:00 JPN 21:00
X JAPAN ASIA TOUR Live at Asia World Arena
in Hong Kong
 
 
2011月11月06日19:30 JPN 20:30
X JAPAN ASIA TOUR Live at TWTC Nangang Exhibition Hall
in Taipei, Taiwan
 
 
2011年11月08日20:30 JPN 22:30
X JAPAN ASIA TOUR Live at Impact Arena Muang Thong
in Bangkok, Thailand
2011年10月26日
YOSHIKI記者会見 in Seoul
at ソウル新道林ディーキューブシティ・シェラトンホテル
 
先日、YOSHIKIが韓国に訪れ、
本日は記者会見を開いたそうです。
いつものあれですね?
気合表明みたいなやつですよね?(笑)
アジアツアーのスタートの鐘を鳴らすような。
 
その後は韓国のキティーショップ(サンリオ?)に出向き、
そこでも記者会見を行ったそうです。
 
 
ホテルで開いた記者会見の動画です。
 
YouTube
 
 
x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x
 
 
YONHAP NEWS

 
初来韓公演のYOSHIKI「すべてを吐き出す」 
 
X JAPANのリーダー、YOSHIKIが26日、韓国公演(28日)に向けた記者会見をソウル市内で行った。今回のX JAPANの公演はワールドツアーの一環。初の韓国公演にYOSHIKIは「明日はもうないという感じで、ステージですべてのエネルギーを吐き出します」と意気込んだ。
 
 ソウルのオリンピック公園体操競技場で28日に公演を行うX JAPANは、バンド結成以来、初めて韓国のステージに立つ。韓国でも高い人気を誇るX JAPAN。2009年に来韓公演が計画されたが、マネジメント会社とのトラブルでキャンセルになったことがある。
 
 「韓国のファンは常にわたしたちを支持してくれました。2009年に公演が中止となったのは申し訳ないと思います。忍耐強く待っていただき感謝しています」と述べた。
 
 X JAPANはボーカルのTOSHI、ギターのHIDE(故人)とPATA、ベースのHEATH、ドラムとピアノ、コーラスを担当するYOSHIKIらのロックバンド。1989年にX(エックス)の名でメジャーデビュー。1997年に解散したが、2007年に再結成し、活動を続けている。
 
 YOSHIKIはこの日、メンバーを代表して単独で会見に臨み、50分間にわたり英語でインタビューを受け注目を集めた。韓国の音楽に対してはクオリティーが高くなったと評価した。15年以上往来している米ロサンゼルスでK-POPを聞いていると話した。ロックの本質を尋ねる質問には「音楽は世界のすべて障壁を崩す」と答えた。
 
 「音楽は強いです。音楽を通じあらゆるものを得ることができ、夢を実現できます。それがロック精神です」
 X JAPANは来韓公演を皮切りに、中国、台湾、香港などアジア6カ国・地域でツアーを行う。どのような曲を披露するかはまだメンバーも知らないという。
 
 
x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x
 
 
Innolife.net

 
X Japan、亜ツアーを韓国から始める理由は?
 
日本のロックバンドX JAPAN(エックス・ジャパン)のヨシキが、アジアツアーは韓国から始めたかったと明らかにした。X JAPANのヨシキは26日午後、ソウル新道林ディーキューブシティ・シェラトンホテルで記者会見を行って、来韓公演開催の所感を伝えた。
 
ヨシキは「ついに韓国で公演することになった。14年前に解散して再結成し何年も経ち、昔のように公演できるかと悩んだ。東京ドームで公演を行なって自信がつき、日本ではない他の国で公演をすることになった」と話した。引き続き「韓国に一番最初に来たかったが、マネージメントとバンドの問題があって取り消しになり、アジアツアーでは韓国に一番最初に訪問した」と話した。
X JAPANは2008年に来韓公演が取り消され、韓国ファンたちに惜しまれた。
 
ヨシキは「当時会社とバンドの間で問題があって、2008年の公演が取り消しになりとても申し訳なかった。そのような理由で韓国に一番最初に来たかった。お待たせして申し訳なかったが、それでもたくさん愛して応援してくださり、二日後の公演にはパワフルな姿で臨みたい」と明らかにした。引き続き「X JAPANは公演するときに最後のエネルギーを注ぐが、今日が最後であるかのようにX JAPANの全てをお見せしたい」とし、「今回の公演ではX JAPANの曲と最近の新曲を共に披露する予定だ。サプライズイベントも準備している」と明らかにした。
 
X JAPANは28日午後8時、ソウル芳夷洞、オリンピック公園内体操競技場で初の来韓公演を行ない、その後中国、台湾などでアジアツアーを開催する。
 
 
x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x
 
 
Innolife.net
 
X JAPAN「K-POPサランへ~、少女時代に会いたかった」
 
日本のヴィジュアル系ロックバンドX JAPANのYOSHIKIが「サマーソニック2011」で少女時代に会えなくて残念だったとコメントした。
 
X JAPANのリーダーYOSHIKIは26日午後、ソウル新道林(シンドリム)洞にあるDキューブシティのシェラトンホテルで記者会見を行い、K-POPに関する思いを語った。YOSHIKIは「韓国音楽が好きだ。LAに住みながら日本を行ったり来たりしている。LAでも韓国の曲が人気で興味を持った」と語った。
 
YOSHIKIは「何ヶ月か前、日本の『サマーソニック2011』で少女時代のインタビューを見たかったが、見ることができず残念。韓国音楽は発展し、音楽のクオリティーが良くなっていて興味がそそがれる」と明かした。
 
X JAPANは1985年のデビュー当時、独特なビジュアルと感性豊かなメロディーを武器に、強烈なメタルサウンドで日本音楽界のセンセーションを引き起こし、“ヴィジュアルロック”という新しいジャンルを開拓した。韓国でも人気が高く、ファン層の幅も広い。
 
X JAPANは解散から10年後の2007年に再結成。今年の6月28日、英国ロンドンを始め、フランス、オランダ、ドイツでヨーロッパツアーを開催。連日完売となり、健在をアピールした。
 
X JAPANは28日午後8時、ソウルバンイ洞にあるオリンピック公園体操競技場にて初来韓公演を行う。その後、中国、台湾など6カ所でアジアツアーを行う予定。
 
 
x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x
 
 
エンタメコリア
 
YOSHIKI、韓国公演への意気込み語る
 
日本のロックバンド「X JAPAN(エックス・ジャパン)」のリーダー、YOSHIKIが28日午後8時からオリンピック公園(ソウル市松坡区パンイ洞)内の体操競技場で行う初の来韓公演「X JAPANライブ・イン・ソウル」を前に、意気込みを語った。
 
 公演のため韓国を訪れたYOSHIKIは26日午後、Dキューブシティー(ソウル市九老区新道林洞)で記者会見に臨んだ。
 
 YOSHIKIはメンバーHIDEの死(1998年)について「当時は数カ月間、家から出られなかった。HIDEなしに音楽ができるのか不安だった」と打ち明けた。それでもYOSHIKIは「だが、力強くドアを開け出てきた。どこで音楽をしようと、HIDEはいつもそばにいると思っている。3カ月前に死んでしまったTAIJIも同じ。今回のソウル公演もそうだ」と語った。
 
 
x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x
ということだそうです…。
なんとなくそんな雰囲気はありましたけどね…(汗)
先日には許可書なども出ていたのに。残念ですね。
 
以下、すべて妄想ですが。
 
以前にも書いたかもしれないですが、
北京と上海は同じ国でも、やはりだいぶ違うそうで。
北京は当然政治の都市ということで、
色々なことが厳しいそうです。
 
某アーティストがライブを行うさいも、
鉄格子を壊す演出がNGだったり。
そういう過激なパフォーマンスに限らず、
歌詞の内容にいたるまでチェックが入るとか。
(SMAP例外ではなかったそうですが。)
 
そんなところで行うライブで、
NHKですらNGだった " 眠りは麻薬 " だったり。
" 冷めきった街に別れをつげ " なんて…もろですもんね。
「自由になるために生まれてきたんだぜー!」なんて…論外でしょう(汗)
 
また、改めて北京公演は調整するかもしれないですが、
時代や文化が変わらない限り、難しいかもしれないですね…。
 
 
そして…。タイは予定通り行うんですね?
 
外務省のサイトでも警告が出ていますが、
本当に決行されるんですね?それで大丈夫なんですね?(汗)
 
外務省
 
首都バンコク
「渡航の是非を検討してください。」(不要不急の目的で滞在されている方は、事情が許せば、早めに国外への出国を含め安全な場所の確保を検討してください。)
 
タイの地理感はまったくないんですが、
国内線の空港は閉鎖されているところも多いようですが…。
 
まあ…自分は行かないので人事ですが、
「決行することに奮起する。」のは
ファンにとっても嬉しいことかもしれないですが、
やらない決断も必要な時があると思うんですけどね…。
それもちゃんとした早めの公式アナウンスで。
 
と言っても、出来るなら全然問題ないんですが(笑)
 
てか…本当に出来るの??
 
 
x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x
 
 
BARKS
 
X JAPAN、東南アジアツアー初日の北京公演が中止
 
X JAPANの東南アジアツアー開始まで1週間を切ったタイミングで、なんと初公演となる北京公演の中止が発表となった。
 
下記がX JAPANからの正式発表の日本語訳となるものだ。
 
   ◆   ◆   ◆
 
 
 
 
 
X JAPAN北京公演中止のお知らせ
 
誠に残念ながら、11月2日に予定されていた<X JAPAN東南アジアツアー 北京公演>は中止になりました。
 
中国政府からの協力体制もあり、正式な開催許可も降りている状況でした。取り止めになった要因は、技術・製作問題を含む、土壇場で下された現地プロモーターの判断によるものです。
 
X JAPANのメンバーたちは、北京で公演ができないことにとても落胆しております。
近い将来、北京公演が実現することを願ってやみません。
東南アジアツアー、その他の公演はすべて予定通り決行されます。
 
10月28日 ソウル Olympic Park Gymnastics Stadium
10月30日 上海 Shanghai Grand Stage
11月4日 香港 Asia World Expo
11月6日 台北 Nangang Exhibition Hall
11月8日 バンコク Impact Arena
 
   ◆   ◆   ◆
 
文面から読み取れる情報はごくわずかだが、少なくともメンバーは準備万端で臨みライブを行ないたくて仕方がないということ、そして開催不可能と決断せざるを得ない現地開催側に何らかの解決できない問題が発生したこと、メンバーは近いうちにリベンジを行ないたいと思っていること…といった事実が読み取れる。
 
2010年の北米ツアーを皮切りに、2011年はヨーロッパ、南米でのツアーを大成功に収め、国内においても<サマーソニック2011>で、大合唱を呼び起こしたX JAPANだけに、ここで開催叶わぬのは、悔しさに打ち震える思いであろう。
 
そして何より落胆しているのは、北京に結集するつもりだった中国のX JAPANファンに他ならない。中国で待つX JAPANフリークのために、一日でも早いリベンジの開催が望まれるところだ。
 
なお、ツアー最終予定地であるタイ・バンコクでは洪水災害の影響が懸念されているが、北京公演以外、全公演は予定通り決行される。
 
 
x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x
YouTube

 
毎度、各エリアでツアーをやる時には
PV(プロモーションビデオ)を公開していましたが、
今回も来ましたね!!
 
前半部分はYOSHIKIのヘリ映像ですけど、
これって…?ゴルフに行った時の撮影ですかね?
後半は北米~欧州~南米のライブ映像。
編集はa-nationの時に流れたものに凄い近い感じですね。
 
この段階では北京とタイが入っていますが、
現実的に…難しそうですねぇ…。
韓国公演のチケット販売CMだそうです。
アジアツアー…ほとんど把握していないんですけど、
チケットの売れ行きってどうなんでしょうね?
 
YouTube
2011年10月30日19:30
X JAPAN ASIA TOUR Live at Shanghai Grand Stage
in Shanghai, China
 
会場:Shanghai Grand Stage
http://www.ssc.sh.cn/
 
チケット
http://www.228.com.cn/sh/product/detail-44027.html
http://www.damai.cn/ticket_28467.html
http://www.fcpiao.com/yanchanghui_2153/
 
380(看台)  680(看台)  980(看台)  1380(内场)  1880(内场) 
 
 
これって元…ですかね?
高くない!?(汗)
 
そして、もう発売されているんですかね??
TWITTER


EXPERIENCE TWITTER

MOBILE ADDRESS
http://
twtr.jp/user/Retsu24/status
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
アーカイブ
カウンター
ブログ内検索
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]