■   X JAPAN -  N E W S   ■
最新CM
[08/01 ry]
[07/31 246]
[07/30 名無しさん]
[07/30 名無しさん]
[07/29 たかし]
[07/29 みな]
[07/29 花]
[07/28 なつ]
[07/27 KAZU]
[07/27 KAZU]
[07/27 花]
[07/27 定]
[07/26 名無しさん]
[07/26 花]
[07/26 Ⅲ45]
[07/26 むだ]
[07/25 名無しさん]
[07/25 名無しさん]
[07/25 名無しさん]
[07/25 名無しさん]
[07/25 乳井敬]
[07/24 KAZU]
[07/23 りこ]
[07/22 シャネル時計 芸能人 2014]
[07/22 スーパーコピー 時計 ガガ]
HEATH OFFICIAL SITE
TAIJI OFFICIAL SITE
[1]  [2

20110831

JADE / Scarlet Love Song - BUDDHA MIX - 楽譜」

 

価格:1,280

出版社:ドリームミュージックファクトリー (2011/8/31)

ISBN-104904456599

ISBN-13978-4904456590

 

Amazon

 

お!?興味ある人はどうですか?

自分はもちろん購入します(笑)

でも…バンド譜なんですかね…?

ドラムとかどういった譜面になっているんだろうか…。

Xの楽曲としては " I.V. " 以来3年半ぶり。

バラードのリリースはラストソング以来。

まだ音源が出ていない " Without You "

を抜かせばですが(笑)

 

そうですね…。

いちファンとしての感想を一言で言えば…。

 

良い曲!!なんだけど…。

 

という感じですかね…。

あくまでも個人的感想なんで

突っ込まないでくださいね(笑)

 

まあ…自分は元々バラードを好むほうではないので

気持ちが上がらないのも理由なのかもしれないですが。

 

とか言いながらも嫌いというわけではないんです。

良い曲!!と感じるのも正直な感想で。

 

ASIA GIRLS EXPLOSIONで聞いた時には

いまいちイメージが沸かなかったんですが、

前奏のピアノ好きですね…。

大サビ後のピアノの間奏も凄い好きです。

シンプルなんだけど優しい弾き方やメロディーが。

 

昔はロックを意識してか、他の楽器のバランスを考えてか、

あまりピアノで感情を表現するようなことがなかったですが、

YOSHIKIしては珍しくピアノに強弱をつけたな~と。

昔のYOSHIKIのピアノは強弱があまりなく

好きではなかったんですけど。

歌が入る部分は変わらず同じですが(笑)

(やはりバランスの問題なんでしょうね。)

 

が…。

 

好きなピアノに被せるように入ってくる打ち込みドラム。

どうしても自分はここが気になってしまって…。

 

" White Poem I " " Forever Love " " The Last Long "

 

今までも打ち込みはあったし、何が気に入らないんだ!?

と、ずっと考えながら聞いていたのですが…。

音なのかな?と思っていましたが、

どうも「リズム」が苦手だと結論付けました(笑)

Scarletの打ち込みリズムはどことなくR&Bっぽくもあり。

R&Bが嫌いなわけではないんですが、

Xの楽曲。として聞くと…うーん。

なので逆に言えば大サビと最後のサビは凄い好きです!

基本的なロックのリズムですしね(笑)

 

この辺はブッダMIXだからなんですかね?

それともJADEのように音が良くなるだけで

基本の編曲は変わらないんですかね…。

 

TOSHIの声も最高!と感じるところもあれば、

ちょっと荒いんじゃない?と感じる部分も。

サビ部分の「永遠に奏でる」の「か」の部分とか。

まだまだラフMIXであるのか?

いや…そうであってほしいと願うかも(笑)

 

TOSHIとピアノ以外は打ち込みなので、

やはりバンドバージョンを期待しますね!

この " Scarlet Love Song "

Xの楽曲というより、

YOSHIKI feat.TOSHIというほうがしっくり来ました。

 

ギターソロは入るんでしょうかね?

曲構成が完成形ならば入る予知はなさそうな…。

個人的には楽曲が素晴らしければ

無理にギターソロは入れなくてもいい派なんですが。

 

曲構成はXの楽曲では珍しいパターンで。

ROSAに近いかな?と感じたんですが。

サビから始まる長調バラードは初かな?

これがポップっぽく感じちゃいますが、

自分はあまり気にならず。

 

サビ→A→サビ→大サビ→A→サビ。

 

6分以上ある楽曲なのに意外にこじんまりした構成。

良く言えば凄くまとまりがあるんだけど、

X独特なドラマティック感やクラシック感は

薄れてしまったな…と感じました。

Bがない分メロディーが少ないですからね。

でも自分は、これはこれで嫌いではないです。

 

最初のサビからサビまでか変ホ長調。

大サビからピアノまでが変ニ長調。

またAメロで変ホ長調に戻り、

最後のサビがヘ長調。

(合ってると思いますが…間違っていたら教えてください)

ずいぶんと転調してますよね。

てか…複雑だな~(笑)

 

TOSHIの絶妙な声を生かすためなんですかね?

それ以上の効果もありそうですが。

最初に出てくるサビより最後のサビのほうが高いので、

聞いていても盛り上がるのがわかりますし。

 

歌詞はどうですかね?

昔のYOSHIKI作詞より難解さが抜けたように感じますが。

DAHLIA後期からその兆しはありましたけどね)

代わりに「苦しみを愛せる」

「夢の中だけに生きて」「生まれた意味問い掛ける」

などなど…数々の名言歌詞(?)は影をひそめたかな?と。

どちらかと言えばわかりやすく、

YOSHIKIワードの組み合わせで成り立っているようにも。

何か字余りも多いですよね。

 

内容はやはりHIDEのことなのでしょうか?

奇跡だと思っていましたが歌詞を見ると輝石だったので、

輝石=翡翠=・・・と連想したのですが。

 

「力強く生きるよ!命尽きるまで。また会えると信じているから。」

 

自分にはそんな内容に感じました。

 

ただ " 青い薔薇 散りばめて " と聞いた時、

どことなく複数系にも感じたんですよね。

HIDEを含め…皆にも会えるから。と。

単なる語感で " 散りばめて " と書いたのか、

複数の " 青い薔薇 " なのか…。

 

歌詞はこれで完成ですかね?

と、思いたいですけど、

" JADE " も結構変わってますからね~(苦笑)

 

 

で…この " Scarlet Love Song " って、

結局、どんな扱いの楽曲になるんでしょうかね?

現段階でのYOSHIKIの発言には、

「日本語のみ。日本ベスト収録」

と、アナウンスされていますが、

やはり日本のみの販売なのでしょうか?

 

うーん。もったいないですね…。

それとも完全版になったら販売するんですかね??

というわけで、配信が開始されています!

想像よりも早かったですね(笑)

さて…「明日」「配信」でありますが…。
いったい「何時」から配信なんだ?
と、疑問に思っている人も多いかと思いますが、
基本的には0時から配信開始です。
もう数時間後ですね!

が…。

" I.V. " の場合は23時58分ぐらいから配信開始して
何故か0時過ぎに1回中断。
またお昼頃から再開…なんて感じでしたね~。
この辺もXならではのことなのでしょうか(笑)

20110604 / 05

「手塚治虫のブッダ - 赤い砂漠よ!美しく -

Scarlet Love Song Live Film

& YOSHIKI Special Message

 

丸の内TOEI(東京都中央区)

新宿バルト9(東京都新宿区)

渋谷TOEI(東京都渋谷区)

横浜ブルク13(横浜市中区)

梅田ブルク7(大阪市北区)

T・ジョイ京都(京都市南区)

広島バルト11(広島県府中町)

T・ジョイ博多(福岡市博多区)

 

上記の日程で一部上映館にて

ASIA GIRLS EXPLOSIONで披露した

" Scarlet Love Song " と、

YOSHIKIのメッセージ動画が流れるそうです。

 

この映像は…。

試写会で流れたものでしょうかね??

 

x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x

 

MANTEN web

 

X JAPAN :映画「ブッダ」主題歌のライブ映像とYOSHIKIのスペシャルメッセージを上映

 

手塚治虫さん原作の劇場版アニメ「手塚治虫のブッダ 赤い砂漠よ!美しく」の公開を記念して、主題歌「Scarlet Love Song」を担当するロックバンド「X JAPAN 」のライブ映像とメンバーのYOSHIKIさんのスペシャルメッセージが645日に一部劇場で上映されることが明らかになった。

 

 映画は全3部作で、第1部は、王国間の争いが絶えない2500年前のインドに、世界の王になると予言されたシャカ国の王子、ゴータマ・シッダールタが生まれる。思春期を迎えたシッダールタは、盗賊の少女ら身分の低い人々と心を通わせ、厳しい階級社会に疑問を抱くようになる。やがて強大なコーサラ国がシャカ国に攻め入り、激しい戦争が始まった。コーサラ国軍の指揮をとるのは、将軍の息子にして国一番の勇者チャプラだった。奴隷の生まれを隠し、将軍の命を助けてのし上がり、立身出世しようともがくチャプラと、人を救えるのなら高貴な身分を捨ててもいいと願うシッダールタ。二つの正反対の魂が戦場で交錯する……というストーリー。吉永小百合さんがナレーションとチャプラの母親の声を務めるほか、シッダールタを吉岡秀隆さん、チャプラの声を堺雅人さんが担当する

 

 今回、上映されるライブ映像は、「Scarlet Love Song」が初披露された音楽ファッションイベント「ASIA GIRLS EXPLOSION」での演奏。丸の内TOEI(東京都中央区)、新宿バルト9(東京都新宿区)、渋谷TOEI(東京都渋谷区)、横浜ブルク13(横浜市中区)、梅田ブルク7(大阪市北区)、T・ジョイ京都(京都市南区)、広島バルト11(広島県府中町)、T・ジョイ博多(福岡市博多区)の計8館で645日に上映される。(毎日新聞デジタル)

 

x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x

 

映画.com

 

X JAPANScarlet Love Song」初披露映像、2日限定で上映

 

[映画.com ニュース] 「手塚治虫のブッダ 赤い砂漠よ!美しく」が、528日から全国の劇場で公開された。同作の公開を記念し、主題歌「Scarlet Love Song」を担当したロックバンド「X JAPAN」のスペシャル映像が645日の2日間限定で上映されることが分かった。

 

累計発行部数2000万部を記録した手塚治虫原作の漫画「ブッダ」を、「聖闘士聖矢」シリーズで知られる森下孝三監督がメガホンをとり映画化。吉永小百合、堺雅人ら豪華俳優陣が声優を務めたことでも大きな話題を呼んでいる。第1部にあたる同作では、身分制度に心を痛めるシャカ国の王子シッダールタの葛藤(かっとう)を、青年チャプラとの出会いや盗賊の少女ミゲーラとの恋愛を通して描く。

 

スペシャル映像は、楽曲を手がけたYOSHIKIの特別メッセージのほか、36日に東京・代々木で開催された音楽ファッションイベント「ASIA GIRLS EXPLOSION」で初披露された「Scarlet Love Song」のライブの様子が盛り込まれている。

 

東京・丸の内TOEI、新宿バルト9、渋谷TOEI、神奈川・横浜ブルク13、大阪・梅田ブルク7T・ジョイ京都、広島バルト11T・ジョイ博多の合計8劇場で、本編と同時上映される。

 

x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x

あまり知られていないようですけど、

" Scarlet Love Song " mu-mo以外からも

ダウンロード出来るようです。

(自分は未確認ですが)

 

そんなmu-moでは、

デイリーチャートで1位!

そして現在も3日連続1位を継続しているそうです!

 

自分はあんまりランキングとかは

気にしないほうなんですが、

嬉しいニュースであることは違わないですよね~!

 

x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x

 

サンスポ

 

X JAPAN新楽曲、初登場で1位獲得!

 

5月27日に配信をスタートさせたX JAPANの「Scarlet Love Song」が、大手配信サイト「mu-mo」のデイリーチャート総合1位を獲得した。「着うたフル」については、3日連続で1位の座を守り続けている。

 

 この楽曲は、X JAPANにとって3年4カ月ぶりとなるニューシングルで、5月28日から全国公開された話題の東映アニメ『手塚治虫のブッダ-赤い砂漠よ!美しく-』の主題歌としてYOSHIKIが書き下ろした作品。

 

 映画の公開に合わせ急遽決まったリリースだったが、2位の東方神起、3位のAKB48に大差をつけ、堂々のチャート総合1位を獲得した。

 

 世界照準のX JAPANは、昨年の北米ツアーから続いているワールドツアー(ヨーロッパ、南米)を控えている。さらに、国内では夏のロックフェス「SUMMER SONIC」にも出演が決定しており、その勢いはとどまるところを知らない。

 

x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x

 

BARKS

 

X JAPANScarlet Love Song」、初登場1

 

527日(金)にリリースされた34カ月ぶりとなるX JAPANの新曲「Scarlet Love Song」が、mu-moのディリーチャート総合1位を獲得し、着うたフル(R)においては3日連続で1位の座を守り続けている。

 

◆映画『手塚治虫のブッダ -赤い砂漠よ!美しく-』予告編映像(主題歌公開編)

 

Scarlet Love Song」は、528日(土)に全国公開されたアニメ映画『手塚治虫のブッダ ‐赤い砂漠よ!美しく‐』の主題歌としてYOSHIKIが書き下ろした作品で、映画の公開に合わせ急遽配信となったものだが、2位の東方神起、3位のAKB48に大きく差をつけての総合1位となっている。

 

今回配信されているバージョンは、映画のエンディングに流れるものと同じ「BUDDHA Mix」バージョンで、2011年にリリースが期待されるアルバムには、別バージョンが収録されると思われる。当バージョンのCDリリースの予定は明らかとなっていないため、まずは配信で入手いただきたいところだ。

 

Scarlet Love Song

527日(金)より東映うた♪パラダイス、特撮アニメ♪フル、mu-mo にて先行配信

68日(水)よりiTunes 含む主要音楽配信サイトにて一斉配信

 

x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x

 

女性自身

 

X JAPANScarlet Love Song」初登場1位に! 6月からは欧州・南米ツアーも!

 

X JAPANが、527日に配信をスタートさせた34か月ぶりの新曲「Scarlet Love Song」が大手配信サイト「mu-mo」デイリーチャート総合1位に。さらに「着うたフル」では3日連続で1位の座を守っている。2位の東方神起、3位のAKB48に大差をつけての堂々の1位獲得となった。

この新曲は、528日に全国公開された東映映画『手塚治虫のブッダー赤い砂漠よ! 美しく』の主題歌。

YOSHIKIは、この主題歌制作の依頼を、監督より熱烈オファーを受けて、手塚治虫の原作を読み、さらに制作過程のアニメーションも観た上で、「この作品における音楽の重要性を確信しました。またアニメーションがとても美しく、実に興味深い作品だったこともあり、自然と力が入りました」と語る。

同曲は、X JAPAN再結成後初のシングル『I.V.』を20081月に全世界23ヶ国同時配信以来、3年4か月ぶりのリリース。

またバラード曲としては、1998年3月にリリースした『THE LAST SONG』以来、なんと13年2か月ぶり。

27日の先行配信に続いて、6月8日(水)からは、iTunes他の主要な音楽配信サイトでも一斉配信される。

YOSHIKIはアメリカのラジオ番組もスタート。

さらに、6月には、昨年の北米ツアーに続くワールドツアー(欧州・南米)を控えている。

国内でも夏のロックフェスティバル「SUMMER SONIC」も出演決定しており、国内外のファンに向けて、今年も「We are X!!」と、アツイ夏になりそうだ。

 

夏のX JAPANライブ予定

欧州ツアー

6月28日 ロンドン UK

7月1日  パリ   フランス

7月2日  ユトレヒト オランダ

7月4日  ベルリン ドイツ

国内

8月13日 「SUMMER SONIC」大阪

8月14日 「SUMMER SONIC」東京

南米ツアー

9月9日  サンチャゴ チリ

9月11日 サンパウロ ブラジル

9月14日 ブエノスアイレス アルゼンチン

9月16日 リマ ペルー

9月18日 メキシコシティ メキシコ

 

x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x

20110528

「手塚治虫のブッダ - 赤い砂漠よ!美しく -

at 新宿バルト9

 

というわけで…!

初日に観てきました!!

 

実はこの日…38度という高熱が出ていたのですが…。

どうしても初日に観たいという気持ちを抑えきれず…(苦笑)

超強行突破です!!

 

twitterを見ていたら、

同じ会場で同じ時間に見ている人もいたようで!(笑)

 

で…。

 

まずは映画の感想なのですが…。

 

評価の高かった皆さん…本当に申し訳ないです!!(汗)

個人的には…。うーん。いまいちな出来という感想でした…。

 

元々「ブッダ」というか、手塚治虫の漫画が好きだったため、

今回の映画ではやはり多少の不満が残ってしまいましたね…。

予告編でもわかっていましたが、

そもそも、何故「シッダールタ」が青髪なのだ!?(笑)

原作を読んだことがある人は感じたかもしれないですが、

とにかく2時間でまとめるのは無理がありすぎで…。

人間関係やシッダールタの心情の変化などが、

あまりにも簡素に描きすぎで…。

登場人物がすべて自己紹介的に終わってしまった感じでした。

もっともっと深く細かく描いて欲しかったな…。

そうなってしまうと4時間ぐらいかかりそうで、

興行的に無理なことも承知ですけどね(苦笑)

 

原作を読んだことがなく見た人は、

登場人物を理解するには難しかったのではないでしょうかね?

 

と…そんな少数派(?)な意見とは裏腹に、

映画館はほぼ満席状態でした。

 

そして…。

 

肝心のエンドロール!!

 

残念ながらエンドロール前に立ち上がる観客は

想定内で予想内ではあるんですけど。

 

何が不満って…。

 

mu-moなどで配信されたものよりも更に短くカット!

2番をゴッソリそぎ落として無理やり終わらせたという。

それもあまりにもお粗末な編集で驚き…。

尺的に仕方なかったとはいえ、

これをYOSHIKIに頼めばもう少しちゃんと編集できたと

思うんですけどね…。

 

よくエンディングテーマは、

曲が合うか、合わないか…という話になりますが、

これもあくまで個人的な考えですが、

Xの…YOSHIKIの曲は基本的に映画にあわない!

と…自分は毎回思っています(苦笑)

っていうか、映画の色に楽曲が染まって欲しくない、

という考えのほうが正しいのかもしれないですが。

Xファンの自分にとっては、

やはり楽曲のほうが色濃いわけで、

どの映画にも勝ってしまいますから…。

違和感が出てしまいます(汗)

 

加えて今回は特に違和感を覚えてしまいました…。

2500年前の伝記的な話の中に、

" Scarlet Love Song " の近代的なドラムの音。

あのシャカシャカチーンのドラムがどうしても…。

クラシックバージョンでしたら、

まだなんとか溶け込んでいたのかも?

どちらにせよ、楽曲が主張しすぎてしまって…。

そんな理由もあり、映画って歌詞無しの曲が多いんですよね。

 

その上、上記に書いたように、

ゴッソリとカットされてしまっていてはもうね…。

 

そもそも、Xを知らない人が映画を見て、

「青い薔薇」というワードを聞いて、

何か心に残るのでしょうか?

 

と…ここまで書いてアレですけど、

やはり素晴らしいメロディーにTOSHIの声というものは、

どこか幻想的な空気にさせたように思えますが。

 

 

まあ…今回のこの「ブッダ」は第一作目で、

今後は第三作まで作られる予定だそうですが、

「ブッダ」好き(ファンとまでは言わないですが…)

な、自分としては第二作目以降、見ることはないかな…と。

原作のほうが遥かに心に染みる!!

あ…またXがエンディングテーマなら別ですが(笑)

 

そんな少数意見を持ちつつも…。

やはり「ブッダ」という作品のおかげで

" Scarlet Love Song " が生まれたことは確かで。

その点は本当に感謝ですね(笑)

 

ちなみに。

「ブッダ」のパンフレットには

" Scarlet Love Song " の歌詞が掲載されていました。

Scarlet Love Songが携帯バージョンより更に短い!!(笑)
2番がゴッソリカットされてるし…。

そんなわけで、YouTubeにアップされていました!

 

YouTube

もう聴きましたでしょうか?

使用キャリアがスマートフォンの人など、

まだどうしても聴けてない人もいるかと思いますが…。

 

一応、昨夜は「mu-mo」と書きましたが、

様々な配信会社から販売しているようなので、

もしかしたらスマホ対応のサイトでも…?

と、思ってはいるんですが。

まあ…iTunes待ちもありですね。

 

でもこれ…。

携帯やPCを使用しない人には完全に無視なもので(汗)

 

そんなわけで、今回の報道まとめです。

 

x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x

 

サンスポ

 

●X JAPAN、3年4カ月ぶり楽曲発売!

 

ロックバンド、X JAPANの新曲で、アニメ映画「手塚治虫のブッダ-赤い砂漠よ!美しく-」(28日公開)の主題歌「Scarlet Love Song」が、27日から音楽サイト「mu-mo」などで日本先行配信される。

 

 Xにとっては「I.V.」以来3年4カ月ぶりの楽曲発売で、バラード曲のリリースは「THE LAST SONG」以来13年ぶり。6月8日からはiTunesなどで世界同時配信になる。

 

 映画の世界観を思い描きながら作詞作曲したリーダー、YOSHIKIは「この作品における音楽の重要性を確信し、またアニメがとても美しく実に興味深い作品だったこともあり、自然と力が入った」と話している。

 

x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x

 

BARKS

 

X JAPAN、「Scarlet Love Song」配信開始

 

X JAPANのバラード曲「Scarlet Love Song」が、527日(金)より東映うた♪パラダイス、特撮アニメ♪フル、mu-moにて先行配信がスタートした。68日からはiTunesをはじめとした主要音楽配信サイトにて一斉配信となる。

 

既に報じられていた通り、この曲は、528日(土)から全国公開されるアニメーション映画『手塚治虫のブッダ-赤い砂漠よ!美しく-』の主題歌として書き下ろされたバラード作品である。依頼を受けると同時にYOSHIKIは原作を読み、制作途中のアニメーションも見た上で、制作に入ったというもの。「この作品における音楽の重要性を確信し、また、アニメーションがとても美しく実に興味深い作品だったこともあり、自然と力が入った」とコメントしている期待の新作だ。YOSHIKIにとっては久しぶりに日本語で書いた歌詞であることもポイントのひとつ。

 

 映画『手塚治虫のブッダ-赤い砂漠よ!美しく-』の森下監督は、この世界観を音楽で表現できるのはX JAPANYOSHIKIしかいないと熱烈オファーをかけたのがきっかけだ。

 

「日本が世界に誇る手塚治虫が描くブッダの生涯『手塚治虫のブッダ -赤い砂漠よ!美しく-』は、不安と混沌の現在、世界に向けて発信される映画にしたいと思っていました。そして、その映画の世界観を語り、奏でるのは、ビジュアル系ジャパニーズRockとして世界で活躍しているX JAPANYOSHIKIさんに是非、参加をお願いしたいと思いました。YOSHIKIさんとは、世界中に広がるアニメとジャパニーズRockとのコラボに関して、よく話をしていました。そのため『ブッダ』の企画当初から、YOSHIKIさんにラブコールを送っていました。出来あがった「Scarlet Love Song」は、まさに、日本が世界に誇るX JAPANが奏でる愛の歌として結実し、映画が語る世界を、より深淵に膨らませ、輝かせてくれるものになりました。特にYOSHIKIさんのピアノとToshIさんの歌唱がパワフルに絡み合い、とても素晴らしい音楽をあげていただきました。期待以上の楽曲があがり、YOSHIKIさんとのコラボがやっと出来て、とても嬉しく思っています。」──森下監督

 

X JAPANとしては、シングル「I.V.」を2008123日に全世界23カ国同時配信以来、34ヶ月ぶりのリリースとなるものだが、バラードとしては、1998318日発売の「THE LAST SONG」から、132ヶ月もの時を隔ててのリリースだ。

 

今回配信されるバージョンは、映画のエンディングに流れるものと同じ「BUDDHA Mix」バージョンとなる。2011年にリリースが期待されているアルバムには、別バージョンが収録されることと思われる。

 

x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x

 

ORICON

 

映画com

 

MSNエンターテイメント

 

MSNエンターテイメント

 

CinemaCafe.net

 

まんたんウェブ

早速!

mu-moからダウンロードしてみました!!

 

と、その前に…AVEXからの先行配信なんですね。

これが何を意味するのかは…謎ですが。

 

で…もちろん今も聞いています(笑)

 

6分14秒

 

尺は想像よりも長く。

時間だけを考えると、やはりこれが完成版なのでしょうかね?

 

まだ聞き込んでもいないし、

携帯のスピーカーなので1音1音がクリアじゃないのですが。

 

打ち込みを多様したバラード曲。

" The Last Song " っぽい作りでもあり、、

どちらかというとVIOLET UKっぽくもあり?

個人的には " I'll Be You Love " に近く感じるのですが。

 

ギターソロはないですね。

そもそもYOSHIKITOSHI以外のメンバーは

参加したのかどうかも微妙?

ストリングスも打ち込みに聞こえるんですが、

それは携帯だからかも?しれないです。

 

歌詞などは哀しみが沸き立つ感じなのですが、

アレンジはどちらかというと明るいイメージだなと思いました。

 

TOSHIの超高音パートは中間部に1回。

やはりCメロ扱いですね。

このアレンジは " ROSA " に近いかな…。

ボーカルパートやピアノパートで、

サビが繰り返し使われているのが " The Last Song " ぽく。

転調も結構使っていますね。

 

" BUDDHA MIX " というのが何を意味するのか。

まあ…何かアレンジが大幅に変化するのか?

なんて思うところもありますが、

単純に音量バランスなどを整えるだけでもMIXと言いますし。

小さな変化のみの場合もありますし。

 

さて…こうなってくると…CD化は!?

という期待も膨らみますが(笑)

どうなんでしょうかね?

日本版ベストに収録。のみ。

なんてこともある可能性高いと思っていますが。

20110527

X JAPAN SingleScarlet Love Song

mu-mo配信

 

20110608

X JAPAN SingleScarlet Love Song

iTunes配信

 

 

うおおおおー!!

まさかの配信決定ですね!!

" JADE " かと思っていましたが、

" Scarlet Love Song " だったとは!!

 

これは世界配信なんですかね?

mu-moは日本のみですけど、

iTunes配信は世界になるのかな?

一応、そういうことは書かれていませんが。

 

 

 

本日のサンスポ

20110315

X JAPAN NEW SINGLE JADE 発売!



 

本日のサンスポです。

 

・昨年11月にEMIミュージックとディストリビューションの3年契約。

・北米3月15日に発売。

・アジア・ヨーロッパとも交渉中で同時発売出来れば。

・故マイケルらを手がけた名アレンジャー・デヴィッドキャンベル起用。

・ジャケットは28日撮影。メンバーは登場せず。

・今後は " I.V. " " Born To Be Free " とシングル発売。

・アルバムは夏ごろ。

・2月から北米衛星ラジオでレギュラー番組。月1回「YOSHIKI RADIO

・南米・ヨーロッパツアーの順番を相談中。

・海外や日本のフェスにも出たい。地方にも行きたい。

YOSHIKI本の英語・北京語も発売準備。

Will you fly me away
また会えると信じて
永遠(とわ)に奏でる Scarlet Love Song

Ah いつかは風になって fly away
貴方のもとに行くから
時は流れ 永遠が色あせても
貴方への想い 奇跡のように輝いて
今は瞳を閉じて 永遠(とわ)に奏でる Scarlet Love Song

Will you fly me away
また会えると信じて
永遠(とわ)に奏でる Scarlet Love Song

Will you fly me away
今は瞳をとじて 心に映る

翼に青い薔薇 散りばめて
人は誰でも羽ばたく時が来る
その時まで 灰になるまで


~~~~~~~~~~~~~~


半分はP席で特派員がメモしたもの。
半分はメイン会場で歌ったもの。
それと予告編などのものを書き直したもの。

メイン会場では予告編より少しだけ長く歌ってくれたのですが、
どうしても最後の英語がわからなかった!!(笑)

灰になるまで…

なんなんだ!?(笑)

さてさてさて…。

突然舞い降りてきたビッグニュース!!

5月28日より公開されるアニメ映画

「ブッダ 赤い砂漠よ!美しく ~」

の主題歌にX JAPANの新曲 " Scarlet Love Song " が決定!

 

と…。

年末に来てサプライズが!!

 

そういえば…「サプライズがあるかも?」なんて、

YOSHIKIが言ってましたっけね?

 

 

予告編などでは本当に一部分しか聞くことが出来ないのですが、

うんうん。良い曲!!

自分はバラード系はあまり好まないのですが、

それを差し引いても…良い曲だなぁ…。

 

予告編で聞ける部分は…サビですかね?

Bメロ~サビにも聞こえるのですが、

どうなんでしょうか…。

聞き方によってはサビ~大サビにも聞こえなくもないですが。

" Jade " の最後の部分のようにね。

まあ…この辺はもう少し聞くまではなんとも言えないでしょうけど。

 

急激に転調している箇所。ハ長調からロ長調ですかね?

(間違っていたらすいません。)

TOSHIのキーは間違いなくD♯まで上がっています…。

あの苦しかった " ART OF LIFE " Dより更に上ですね…。

TOSHIの最高音が " ALIVE " E

" I.V. " C" Jade " D" Born To Be Free " C

(コーラス部分は抜いて)

アレ…?もう高いキーにこだわってなかったのでは?(笑)

復活後最高キーですね…。

 

…ライブで出るのか…?(汗)

 

まあ…そんなTOSHIの声は本当に素晴らしいですが!

 

曲調はどんな印象を受けました?

あ…もちろんバラードなのは確かですが(笑)

YOSHIKIXでは2タイプのバラード書いていますが。

" ENDLESS RAIN " 系譜の長調バラードと、

" UNFINISHED " 系譜の短調バラード。

 

個人的には " ENDLESS RAIN " " Tears "

流れではあるのは間違いないとは思うのですが、

それとはまた少し印象が違うなぁ…と感じました。

新しいXの新しいバラード…というか、

" 真紅の花 " " ROSA " のほうに近いような…。

 

まあ…YOSHIKIの作曲法も少しずつ

進化しているということでしょうか。

" The Last Song " を匂わせるメロディーも入っていますね。

 

あ…そういえば真紅=Scarletですね(笑)

(これは関係ありませんけど…)

 

" Jade " でも " Scarlet Jealousy " と出てきますが、

その辺の関連性ってあるんでしょうかね?

RedDeep RedScarlet…。

どれも赤系色ですが、何が違うのだろうか…。

 

" Love Song " という曲名も一瞬…ベタだな…。

と、思ったのですが…よくよく考えると、

" Forever Love " だってね(笑)

あまりそういうところは意識していなそうですね。

 

 

さて…歌詞ですが。

これも当然、曲同様にすべてがわかるわけではなく、

というよりも、本当に触り部分しかわからないのですが…。

 

 

x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x

 

Will you find me away?

また会えると信じて

 

~~~~~~~~~~~~

 

Will you find me away?

今は瞳を閉じて 心に映る

翼に青い薔薇 散りばめて

 

人は誰でも 羽ばたく時がくる

その時まで 灰になるまで

~~~~~~~~~~~~

 

x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x

 

 

聞き取れるのがこれぐらい…。

YOSHIKI自身も言っているように、

YOSHIKIワードだらけですね(笑)

 

DAHLIA後期からは、直接的な歌詞が多かったのですが、

今回のこの歌詞は、またもや難解な背景描写的に戻っているような。

 

自分は最初、この歌詞を聞いた時に、

過去曲の肯定的な答え…かな?と感じました。

 

" 飛び立てない鳥たちが "

 

ポジティブに向かう気持ちを持ちながらも、

今一歩踏み出せずにいた過去。

それから月日が経ち、やっと大きく一歩踏み出せたのかな?と。

 

最初はそう感じたのですが…。

 

と…まあ勝手な解釈ではあるのですが…。

 

「青い薔薇」って、

YOSHIKIは「死」をイメージしていることが多いと思うのですが。

それを翼に散りばめて飛び立つのかな…?

 

自分には…。

死別した悲しみを胸に抱いていて、

いつかは自分も羽ばたく時が来る。

 

" Will you find me away? "

(離れていてもわたしを見つけてくれますか?)

" また会えると信じて "

 

いつかまた会えるから。

その時まで…。灰になるまで…。

 

 

あああああーーーー!!

その後がどうしても聞き取れない!!!!(笑)

 

その時まで…。灰になるまで…。

 

なんなのだろうか…。

 

 

やはりどうしてもHIDEを連想してしまうなぁ…。

 

 

頼みます…早く聴かせてください…(泣)

http://www.xjapanmusic.com/

 

" Born To Be Free " のほうもアップされてます!

 

他にも " I.V. " " Tears " " ART OF LIFE "

 

" I.V. " はライブとiTunes音源のミックス。

最後のピアノがないのがちょっと寂しいなぁ…。

 

" Tears " CD音源でいいのかな?

2コーラス目からですが。

 

" ART OF LIFE " は前半のライブ音源。

これは以前発売されていたものですね。

 

たぶん、どの音源も「Teaser」なのだろうと(笑)

アルバム収録曲と考えてよさそうですね。

 

 

" Born To Be Free " の音源は、

クラブノキアで披露したものと同じだと思います。

" Jade " とは逆に、イントロのピアノ。

個人的にはすごく好きです!!

こちらはストリングスも入っていて、

ちゃんと作りこまれている感じがしますね。

もう何度か似たような記事を書いた記憶がありますが(笑)

それから、また二転三転しているご様子なので、

現状でのまとめ的に書き留めておこうかな~と。

 

まあ…発売(予定)日が、

また伸びに伸びていることは、

もうこの際おいておきましょう(笑)

この辺はもう…慣れましょう!そうしましょう!

 

っていうか…。

 

自分はVIOLET UKに対してもそうですが、

待ってはいけません!

店頭にCDが並んだ時が発売日なのです!(笑)

 

で…。

 

とはいいつつも、やはりきになる発売日…。

某インタビューでは「秋」遅くても「今年中」には。と…。

 

ほんとかぁ~!?(笑)

 

アメリカのニュースでは、

「来年にアルバム発売」

と書かれていますが…。

 

どちらを信じるか!?

こういう時は「遅いほう」を信じれば間違いないのです!(笑)

 

で…ごく最近の「CURE」には興味深いことが書かれていますね。

まずは1stアルバム…「来年には2nd」…?

 

なにっ!?

 

わたくし。喜んでしまいますよ?

でも来年の話をすると鬼が笑いますから。

Xの場合、来月の話でさえ大爆笑ですから(汗)

 

とりあえず…次に出るアルバムだけを楽しみにしておきます(笑)

 

その話によると…。

新曲は3~4曲。と…。

以前話していたものより1曲ほど少なくなっていますね…。

「今回間に合わないものは2ndにする」ということなので、

期日のほうを優先するのかな?

 

ということは…。

相変わらず…レコーディングは順調じゃねーんじゃ?(苦笑)

 

" I.V. " " Jade " " Born To Be Free "

 

この3曲は100%確定でいいでしょうね。

" Without You " は…?

ここ最近、演奏もしませんでしたし、

この曲の話も出てきていませんので…。

うーん。今回は見送りですかね…。

でも本当、この曲を出すタイミングって日に日になくなってるような…。

それとも…またもや共存を拒んだ!?

 

……ありえるっ!

 

あの歌詞を英語にするのも何か違和感があるし、

もしかしたら、日本のみとか、

そんな発売の可能性もあったりするのかもしれない?

 

あと新曲の話をしているとしたら…。

 

・まだ題名を発表していない曲

SUGIZOが作った曲

・新オープニングで使われた曲

 

うーん。自分はあのオープニングをCD化するのか?

という疑問もあるんですけどね…。

当然して欲しいですけど!

 

題名を発表していない曲とは…。

やはりYOSHIKI曲でしょうね。

これが一番入る可能性が高い?

 

SUGIZO曲は考えているなんて話していましたけど、

どうなんでしょうね?

すべてYOSHIKI曲の中に、

1曲だけSUGIZO曲が入るのでしょうか?

もちろん聞きたいですけど、まとまるのか!?

 

 

そして旧曲。英語版が披露された、

 

" Rusty Nail " " Tears " " "

 

これは100%確定でしょう!

あとはインタビューで語っていたりした、

 

" ART OF LIFE " (一部)

 

これも元々英語なので、自分は100%確定でいいと思いますけど。

 

他にハリウッドでPV撮影をした

 

" ENDLESS RAIN "

 

は、どうなんでしょうね?

フランスではフランス語で披露してましたけど、

あれは少し完成度が低かったな…。

レコーディング用とは少し思いがたい…。

かといって、英語版の存在もまだ明らかにされていないですよね~。

 

ロラパルーザで披露された

 

" X "

 

は??

まあ定番だからやった。という理由だけかもしれないですし。

あの場で英語でやらなかったことを考えると…。

ないな(笑)

 

ということで。

現段階で確定を出せる曲は。

 

" I.V. "

" Jade "

" Born To Be Free "

" Rusty Nail "

" Tears "

" "

" ART OF LIFE " (一部)

 

この7曲ですかね?

 

そして…。

 

来月からはラジオプロモーションを行うんでしたっけ?

となると、シングル " Jade " の発売も近い!?

ちょっと素晴らしいものがあったので。

本当にありがたいですね…!

 

YouTube

 

YouTube

 

これ…後半の曲はなんでしょうか?

冒頭は " I.V. " 後半は " VUK-R " に聞こえますが…。

 

2010xxxx

X JAPAN NEW ALBUM

 

 

うーん。うーん。うーーーん(笑)

もうこれを書くのは何度目ですかね?(汗)

いやいや…皮肉ではないんですけどね~。

 

でも、今度こそは、ちょっと本気の姿勢が見えませんか?

今度こそは…本当に出ちゃったりするんじゃないでしょうかね?

 

とか言っちゃうと…出なかったりしちゃったり…(苦笑)

 

 

元々は2008年春発売でしたっけね?

その当時は日本語版・英語版ベストアルバムなんて

発言もあったような。なかったような。

 

そして今年明けのPV撮影後の発言では、

配信なのか…ミニアルバムなのか…。

そんなところで迷っている話もしていましたが。

 

近日に出てきている情報をまとめると。

 

・英語による新曲4~5曲。

・過去の曲を英語にして4~5曲。

 

ということは。

 

最低でも8曲。最高でも10曲。

これはもうアルバムクラスに育っているようですね。

 

海外。特にアメリカではCDの不況が続いていますが、

例えば…METALLICAなどは、2年前に出したアルバム。

まずは先行として1曲シングルで配信。

その後にアルバムCDと配信で発売。

そしてシングルは3曲リカット。

こんな形で音源を発売しています。

 

Xの場合はどうするのでしょうか?

確かに… " I.V. " は既に配信されていますが…。

もう2年も前の話ですもんね…。

アルバムCD発売前にシングル配信などあるのでしょうか。

 

海外に限らず日本でもCDは不況の時代だそうですが、

それでも現状では必ずCDという媒体で発売されていますので、

間違いなく最終的にはCDで発売すると思いますが。

 

 

そして…。

当初は新曲3~4曲なんて話をしていましたが、

その後4~5曲と増えているところを見ると、

5曲で頑張っている…というところでしょうか?

 

過去曲も英語ということは、

全編英語によるニューアルバム。

になるのかな。

TOSHIがレコーディング頑張っている様子なので、

過去曲はTOSHIのみの歌い直しだけかもしれないですね。

 

 

新曲は…。

" I.V. " " JADE " " Born to be free " は間違いないでしょう。

日本語で仕上がっている

" Without You " はどうなるのでしょうか。

これは英語で書き直しているのかな…。

個人的には日本語で欲しいですけど(笑)

日本版として発売する可能性はあるのかも?

これで新曲は4曲。

やはり隠れた新曲がどこかで育っているのかな?

うん。そう信じたい!そう願いたい!

そう決めてしまいましょう。YOSHIKIさん。

 

過去曲は…。

" Rusty Nail " の英語版を

レコーディングしている話があったので、

これはもう間違いなしと言ってもいいでしょう。

それとハリウッドでPV撮影した

" " " ENDLESS RAIN "

もちろん代表曲ですし、入る可能性大ですよね。

" " は一応英語版もありますし。

 

さて…残す1~2曲は…?

 

" Tears " はどうでしょうか?

今のXの状況に合っている曲ですし、

復活後もキー曲として何度も披露していますし。

それに半分英語なので、残りを書き直せばいいし。

 

" Forever Love " は?

一時期はXの代表するバラードになっていましたし、

VIOLET UKバージョンで英語版がありますし。

 

ただ " ENDLESS RAIN " " Without You " が入ると、

上記2曲とかぶりまくりますよね…。

アルバムの流れとしてどうなんだろう?というところも。

 

" Crucify My Love " は?

全英語ですし、そのまま使えそうですし。

SUGIZOのバイオリン入りなんて…良さそうだな~。

でもこれだと「DAHLIA」購入すれば聴けるわけだし。

iTunesでも配信されてますよね。

 

" Orgasm " は?

英語で披露していた時期もありましたね。

過去、海外デビュー向けにレコーディングをしていた?

なんて…噂もありましたけど、

現在のXのイメージに合うだろうか?という疑問も。

個人的には好きな曲ですけど、

今回のアルバムコンセプトに合うだろうか…。

 

" ART OF LIFE " は?

ねぇーーよ!!(笑)

とか思ってしまいますけど…。

まあ…確かに30分ですからね…。

でもエディットされたらどうでしょうか?

ベストには最終部のバンドパートのみが入っていますが、

冒頭部のスローパートとくっつけてしまえば、

1曲として仕上がってしまうような。

もちろん個人的には世界観が損なうので好みませんけど、

" ART OF LIFE " 入門編としては価値があるかも?

もちろん全編英語詩ですしね。

ちょっと「ありか?」と思えてしまうな~。

 

個人的好みとしては " DAHLIA " を是非!

と思ってしまうんですが…。

ライブなどでの重要度(演奏回数)を考えると、

" Tears " " ART OF LIFE " も無くはないかと。

 

 

と…。

 

ここまで勝手に妄想大爆走しましたが、

YOSHIKI以外の曲がない!?(笑)

 

うーん。なさそうだよなぁ…。

HIDEの曲を勝手に英語にするのもね?

あ、 " DRAIN " があるか…。

でも " Crucify My Love " と同じ理由で、

あくまでニューアルバム。

過去曲をそのまま入れるのはおもしろくない。

と…考えてはいると思うんですよね。

 

それと…。

やはりX JAPANの世界観=YOSHIKIの世界観が

今は色濃く出ていると思いますし。

まあ不満はないですよ(笑)ちょっと寂しいですけど。

その分、YOSHIKIは過去になかったタイプの曲を書いているような。

 

でもこの感じですと、

ベストアルバムということではなく、

ニューアルバムとして楽しめるかもしれないな。

 

一番注目すべきところは、

まだ見知らぬ新曲があるのか!?ないのか!?

というところでしょうかね?

これがあるか、ないかで大きく違います!

 

ってか…なんかすごくない?

まだ妄想内の話ではありますけど、

全曲がシングルカット出来そうなアルバムですもんね。

X JAPANの最新曲 " Born to be free "

 

って認識でいいんですよね…?(笑)

いまだどんな楽曲かもわからないのですが。

 

海外サイトでは「全編英語のバラード」なんて書かれていますが、

どこから出てきた情報なのでしょうかね?

もしかして聞いた人間(ファン)がいるのでしょうか?

うーん。ちょっとにわかに信じがたい情報ではありますけど…。

もしかしたらミディアムテンポの曲を、

そのままバラードと解釈した可能性もありますね。

 

と…。

 

妄想を続けたところで、

題名だけではどんな楽曲かはわからないわけで。

ただなんとなくイメージとしては「ロック」なんじゃね?

という感じだけはするのですがね(苦笑)

 

そんな " Born to be free " はいつ頃から存在する曲なのでしょうか?

 

・映画Repo用に作っていた時に出来た曲

 

そういえば、こんな話をしていた時もありましたが…。

どうなんでしょうね?

もう結構前の話だな…。

 

ここ近日に、Ymでは2回ほど「新曲が良い」発言されていますけど、

これは… " Born to be free " のこと?ですよね?

2回の発言とも、同曲のことなのでしょうか?

 

それと…年末の映画主題歌なんてものもありましたね。

これは…X JAPANVIOLET UK

年末の映画主題歌にしては、少し " Born to be free "

出来上がり(正確には出来上がっていない?)が早いような。

 

どちらにしても、最速で聞けるのは8月8日LOLLAPALOOZA

その次が8月14日・15日の日産スタジアム。

ということになりますかね。

 

いやいや…。

6月にPV撮影でしたっけ?

そんな6月ももうすでに中旬になりましたが。

何かどこかでリークされたりする可能性もあったり?

 

 

と…。

 

話は変わりますけど、

予定通り今月にPV撮影をするとしたら、

" Born to be free " のレコーディングは

そろそろ終わっていなければならないわけで。

TOSHISUGIZOL.A.にいますけど、

PATAHEATHはちゃんとレコーディングに関わっているのでしょうか。

そしてPV撮影をするのならば、

2人もそろそろ渡米するということでしょうか?
それともすでに渡米している??

TWITTER


EXPERIENCE TWITTER

MOBILE ADDRESS
http://
twtr.jp/user/Retsu24/status
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
アーカイブ
カウンター
ブログ内検索
Template by Crow's nest