忍者ブログ

■   X JAPAN -  N E W S   ■
最新CM
[08/01 ry]
[07/31 246]
[07/30 名無しさん]
[07/30 名無しさん]
[07/29 たかし]
[07/29 みな]
[07/29 花]
[07/28 なつ]
[07/27 KAZU]
[07/27 KAZU]
[07/27 花]
[07/27 定]
[07/26 名無しさん]
[07/26 花]
[07/26 Ⅲ45]
[07/26 むだ]
[07/25 名無しさん]
[07/25 名無しさん]
[07/25 名無しさん]
[07/25 名無しさん]
[07/25 乳井敬]
[07/24 KAZU]
[07/23 りこ]
[07/22 シャネル時計 芸能人 2014]
[07/22 スーパーコピー 時計 ガガ]
HEATH OFFICIAL SITE
TAIJI OFFICIAL SITE
[1]  [2
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

おっと…この掲載を忘れていました!

これを忘れてしまったら…方々からお叱りが来てしまいます…。

 

その名も!!

 

HEATHチョコ!!(笑)

まあ…LOLLAPALOOZAのお土産ではないのですがね(笑)

近場のお店で売っていたそうで、

ついつい購入してしまったそうです。

 

HEATH本人は知っているかな?(笑)

 

ちなみに…。

今、これをかじりながら書いていますが、

うーん。アメリカンな大味(笑)

スニッカーズにちょっと近いですかね?

うんうん。美味しいですよ。

脂肪肝がはちきれそうになることは間違いないですけど!

 

わたくし。HEATHを食べました。

PR

さてさて…自分は現地に飛ぶことは出来ませんでしたが、

特派員の方から素敵なお土産を頂いてしまいました!

本当にありがとうございます!!

 

ということで…。

 

そのおすそ分けをここでも(笑)

 

ジャジャーン!

 

Tシャツ・冊子2冊・現地新聞です!

 

Tシャツにはもちろん!「LOLLAPALOOZA」!

 

冊子には何やらX JAPANの解説?バイオグラフィ的な?

これにはちゃんとHIDEも一緒ですね!!

見にくいかなぁ…。

 

新聞は翌日のもの。

なんて書いてあるかはわかりませんが…(笑)

X JAPAN」だけは読めるっ!!

 

 

そして少しですが、現地の写真も掲載しておきます。











 

フフフッ…。

アメリカ~ンですね~!

チュ☆チュ☆って…(照)

ふふふっ…やはりBARKSが最後にしめてくれないとね!(笑)

 

x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x

 

BARKS

 

X JAPAN、ザ・ビートルズに続く「ジャパニーズ・インベージョン」

 

88日米国シカゴにて開催された<ロラパルーザ>で全米デビューを果たしたX JAPANを、全米メディアが注目している。

 

X JAPAN@<ロラパルーザ>画像

 

ロサンゼルスタイムス、シカゴサンタイムスで大きく報じられたことは先にお伝えしたとおりだが、現在では、地元シカゴの雑誌「TIME OUT CHICAGO」を始め、全米で約40のメディアで紹介されるという状況にある。全米ネットワークテレビであるABC WorldNews with Diane Sawyerでは、810日全米のプライムタイム(LA現地時間1830分と19時の2回)で大きく特集が組まれた。

 

番組では、「アメリカにおいては“YOSHIKI”という名前を聞いたことはおそらくないだろう」としながらも、すでに<ロラパルーザ>での熱狂振りを報道、一般社会での認識と、コアなロックファン/クール・ジャパンに敏感なオーディエンスからの熱い支持との大きなギャップにスポットを当て、X JAPANというどでかい津波が全米に襲いかかるその状況を、慌てて伝えているかの状況だ。

 

彼らは、YOSHIKIの全米進出をジャパニーズ・インベージョンと表現している。これは約50年前に起きたザ・ビートルズによる「ブリティッシュ・インベージョン」をなぞったもの。数々のイギリスのアーティストがアメリカをはじめ世界中でヒットを放ってブームを巻き起こし、その後の音楽業界に大きな影響を与えた現象が「ブリティッシュ・インベージョン」。今、X JAPANによる「ジャパニーズ・インベージョン」が起こる様子を、固唾を呑んで見守っている状況にある。全米が注目しているというのはそういうことだ。

 

ABCでは、2010年秋には全米ツアーも始まり、アメリカでは初となる英詞のアルバムの発売も控えていることを報道しており、その結果を興味深く冷静に見届けようとしている。X JAPANの全米ファーストシングルは、「JADE」。ミックスエンジニアはAndy Wallace、マスタリングエンジニアはHowie Weinbergが担当した作品だ。

 

全米ツアーは925日からロサンゼルスを皮切りに、オークランド、シアトル、バンクーバー、シカゴ、トロント、そしてニューヨークの全米7カ所8公演となる。詳細は米国現地時間の816日に発表となる。おそらくYOSHIKITwitterでつぶやかれるのが最初の発表となるはずだ。

 

日産スタジアムでは、スペシャルゲストとしてTAIJIの出演も正式発表となった。全ての歯車が絡み合い、新生X JAPANの咆哮は、日本のみならず全米にも響き渡る前代未聞の状況をついに生み出すこととなった。次なるステージへ羽ばたくべく、痛みを伴いながらも新たな形へ進化・変態を続けてきたX JAPANの現在こそ、地球規模で叫ぶ最終形の姿なのだろう。

 

x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x

ふふふっ…やはり密着しているのですね!(笑)

さすが女性自身!

 

x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x

 

女性自身

 

X JAPAN ロラパルーザ「アメリカ・シカゴの大地を揺さぶるX ジャンプ実現! 夢は叶うんだ!! アメリカ取材陣も殺到!」

 

YOSHIKI率いる、ロックバンド「X JAPAN」が8月8日(日本時間9日)、米シカゴ市内にある公園「グラントパーク」で開かれた世界最大の野外ロックフェスティバル「ロラパルーザ」に出演!

X JAPANが米国内でライブを行うのは今回が初めて。またこのロックフェスに日本人バンドが参加するのも初!!

X JAPANを紹介するアナウンスが英語で流れる

そしてX JAPAN JAPAN JAPAN JAPAN JAPAN……。

ボーカルTOSHIの「Hello,Chicago.Are you ready?」の呼びかけに、メインステージに集まった2万人が熱狂。

YOSHIKI~」と、地響きのような歓声が巻き起こる中、なんと全編英語訳で、代表曲『Rusty Nail』を皮切りに、YOSHIKIをはじめ、メンバー18年越しの夢であった全米デビューがかなった。

 

ロラパルーザは、レディーガガ、グリーンデイなど世界的な人気アーティストばかり100組以上が集まる恒例の野外ライブ。

国内では、5万人を収容する東京ドームで3日間、15万人を動員するモンスターバンドが「新人の気持ち」で臨んだステージだった。

 

「失うものはない。攻撃あるのみ」というYOSHIKIは、昨年夏に頚椎椎間板の手術以来のライブに、首にコルセットをして登場するも、少年のように全身全霊を込めてドラムを打ち続ける! 時折、歌いながら、そんなYOSHIKIを見守るTOSHI

Rusty Nail』、新曲『Jade』とハードな楽曲が続く。

ぶっつけ本番という舞台では、TOSHIのマイク不調や、SUGIZOのギターの音が鳴らないなど、予想外のトラブルが続出した。

しかし09年5月の台湾公演以来となるライブ、YOSHIKITOSHISUGIZOPATA,HEATHとメンバーそれぞれが喜びをを身体いっぱいで表現した。

晴れ渡るシカゴの空に、TOSHIの伸びやかな声が響きわたっていく。客席からは両手でX を作り応援するファンの姿が!!

 

3曲目は『紅』。冒頭ではSUGIZOがギターをバイオリンに持ち替え、そして白いが運を羽織ったYOSHIKIはピアノへ。

YOSHIKIのピアノに合わせ、繊細な音色で聴衆を魅了するSUGIZOの衣装の裾が風に舞う。YOSHIKI渾身のピアノプレイで、ガウンを脱ぎ捨て再びドラムへ。

TOSHIが、ステージを駆けながら、ドラムのYOSHIKIのもとへ駆け寄り、YOSHIKIの背中に触れる。

そしてサビへ。

アメリカの客らからも、激しい楽曲から一転した演出に、「ヒュー」と、感嘆の声が上がり、静と動を併せ持つX JAPANの魅力を存分に伝わっていく。

それはシカゴのロックファンがじょじょに「X」と一体化していく様子が証明していた。

終盤には演奏がやみ、TOSHIがアカペラでサビ部分を熱唱。

伸びやかな歌声をシカゴの真っ青な空にさらに響かせた。

 

続いてハリウッド映画『ソウ4』のタイアップ曲として発表した『I.V.』。

TOSHIがマイクを向けると声をそろえ歌うファン。

ピアノを演奏するYOSHIKIは、口づさむ客の表情を身を乗り出して覗き、この反応に満面の笑みで大きく何度もうなずいた。

 

ラストは「X」。TOSHIの「We are!」というコールに、観衆は「X!」と応える。声がかれるほどのTOSHIの絶叫を受け、会場の興奮は最高潮に。

サビ部分で歌に合わせ顔の前で両手を交差させ飛び跳ねる「Xジャンプ」では最初、飛び跳ねるファンの姿に圧倒されていた人も、曲に合わせてジャンプ! 

徐々に飛び跳ねる人が増える様は、Xの音楽がじわじわと届いているよう。

YOSHIKIはこの光景を「ジャンプする人が徐々に増えていくのが見えました。心が開かれていく感じがした。うれしかった」と、ライブ後、充実感に満ちた表情で語った。

 

50分で5曲を披露した公演終了後YOSHIKIは、取材陣に開口一番、「夢はかなうんですね」と一言。「いろんな問題が起こるけど、絶対に突き進みます」とさらなる飛躍を誓った。

アメリカ現地では、ジャーナリスト陣そしてファンからも「こんなバンド初めて見た!」と、初のX 体験に驚きをかくせない様子だった。

また、X JAPANライブ出演後、現地の取材が10社以上も殺到し、YOSHIKIは夕方から夜までの3時間以上も取材対応に追われていた。

そして急ぎ日本に向け機上の人となった。

 

X JAPANは、今週末8月14、15日に日産スタジアムで初の単独野外コンサートを開き、続いてYOSHIKIが拠点とする米ロサンゼルスからアメリカ、カナダなどを回るツアーを9月25日から展開する。 

これほどの辛苦を体験しながらも、これほど達成感と幸せに包まれたバンドが他にあるだろうか?!

超強行突破 七転八起 ~世界向かって~

YOSHIKI自らが、横浜日産ライブに名づけた、そのままを彼らはこの夏、生きている。

 

x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x

20108816:00 - 17:00(現地時間)

20108906:00 - 07:00(日本時間)

X JAPAN LIVE in LOLLAPALOOZA 2010

in CHICAGO,ILLINOIS,U.S.A.

 

さて…残念ながら自分は現地に飛ぶことは出来ませんでしたが

気持ちは歴史的瞬間に立ち会えた気分で大満足しています(笑)

それもゆえに、現地から情報を流してくれた方々や、

日本で同じ時間に集まり燃え上がれた仲間がいたからですが。

 

海外でのライブのみならず、

ライブが終わると必ず賛否両論があるわけで。

 

と…あくまで個人的な感想をだらだらと述べさせてもらおうかと。

 

上がってきている動画などを見る限り、

自分が想像していた以上に「足を止めた」人が多いことに驚きました。

正直…数百人規模のファンがステージ前に集まっていれば、

それはそれで上出来だろうと思っていましたので。

 

東京ドームで言えば、

アリーナAのステージ正面ほどに、

コアなファンが集まっていて、

それを取り囲むように2千人ほどの人が、

足を止めてXを聞いている。または盛り上がっている。

という印象を受けました。

 

いいんじゃない?いいんじゃない?

1人でも多くの耳と目にXが飛び込んできて、

それで様々な感想を持ってもらえる。

それがフェスゆえの成果だと思います。

 

これをきっかけにXに興味を持ってくれた人。

とくに何も心には残らなかった人。

様々な感想はあると思うけれど、

X JAPANというバンドがこの世の中に存在している。

そう知らしめたことが今回の成功でしょうね。

可もあり。不可もある。

それが毎度のXであったりしますし。

 

今回のセットリストはほぼ予想通りのものでした。

1時間と決められた枠では5~6曲が限度だろうと…。

SEはかなり新鮮でした。

これは日産でもこれなんですかね?

もしかしたら " AMETHYST " では長すぎるから。

という理由もあったかもしれませんが。

 

いつもどおりのオープニングナンバー " Rusty Nail "

新生Xからの1曲 " Jade "

Xならではの会場との大合唱 " I.V. "

高速ナンバー。そしてクラシック要素も入れた " "

なくてはならないXジャンプの " X "

Xのもう反面でもあるバラード " Tears "

ドラム破壊&ドラ蹴りあり。

腹から声出せコラ!あり。

 

1時間の間にXXである

魅力を一気に凝縮した感じですね(笑)

このライブでXとは…?というものが、伝わったでしょう。

個人的には " Tears " が意外でしたね~。

バラードならば " ENDLESS RAIN " か?

と思ってました。

「新曲を披露します」と言っていましたが、

残念ながら " Born To Be Free " はおあずけ。

まあ…これはいいでしょう。

 

自分も今回は「アメリカデビューだ!」なんて、

大騒ぎしましたけど、結局のところどうなんでしょうね?

公式的にもこれがアメリカデビューになるのでしょうか?

冷静になって、自分は今は「アメリカライブデビュー」

だと思っていますが。

やはりXのデビューは「BLIE BLOOD」が発売された4月21日。

アメリカデビューは次のアルバム発売日。

個人的にはそう認識しています。

 

あと…自分は忘れていませんよ…。

YOSHIKI mobile企画で参加出来た3人のファン。

これのレポートも楽しみにしていますが…。

アップされるのでしょうか?(汗)

 

今回のロラパルーザはまだまだ序章。

爆発寸前GIG in U.S.A.という感じですかね?(笑)

これからアルバムを出して、北米ツアーが始まると思いますが。

本当のアメリカデビューが待ち遠しいですね!!

 

 

と…。

 

以下が今回のセットリスト最終版になると思いますが。

" Tears " SEとして流れただけだったんですね。

 

 

SE.New Opening Song

01.Rusty Nail - New ver.

02.Jade

03. - New ver.

04.I.V.

05.X

- Drams Break

SE.Tears - New ver.

 

 

新オープニングSE

モーツアルトのレクイエム「涙の日」だと思ったのですが、

うーん。少し違う?

どなたかわかる方いましたら教えてください~。

 

 

それと…忘れてはならない…。

日本組のX JAPAN CHAT LIVE企画。

まあ…本当にお粗末なチャットで申し訳なかったですが、

多くの方が集まってくれて、本当に楽しかったです。

あの1時間だけは、

本当に一緒にロラパルーザまで飛べましたね!

50人規制のレンタルチャットで…。

瞬間47人ぐらいまで訪れていたので、

自分としてはヒヤヒヤしっぱなしでしたが…(汗)

歴史的瞬間を青い血の仲間と過ごせたことが、

一生の思い出になると思います。

 

また何か機会がありましたら、やりましょう!

 

ということで…。

 

その一部を記念に…(笑)

 

http://lars.umu.cc/xjapane/2010.08.08



本日のサンスポと日刊です。

 

9月25日北米ツアースタートでLAからなんですね!?

サンフランシスコ・オークランド・シアトル

バンクーバー・シカド・トロント。

7箇所9公演。ってことは、どこかが2DAYSですね。

ニューヨークは?追加公演も考えてるのかな?

マディソンスクエアガーデンなんて…前にはありましたけど、

今回は2500人規模のライブ。

うんうん。いい。いい。

1個ずつね。一気に登らなくていいです。

 

 

とりあえず新しく上がっていた動画です。

 

http://www.youtube.com/watch?v=f-uAUW_jJO4

 

http://www.youtube.com/watch?v=mJA9PqtEycU

 

http://www.youtube.com/watch?v=oaCZF7Rpc68

 

http://www.youtube.com/watch?v=SwcaJX1kdVI

 

http://www.youtube.com/watch?v=CPj2RguBXiQ

 

http://www.youtube.com/watch?v=pU_YNBsKrVk

 

http://www.youtube.com/watch?v=PN8XRIccv9w

 

http://www.youtube.com/watch?v=nsp3vDp3ZSw

 

 

改めて色々聞いてみると。

TOSHIはハモリなく歌ってるんですね~。

フェスってことで、音源流せなかったんでしょうかね?

 

 

写真など

 

http://www3.timeoutny.com/chicago/blog/
out-and-about/2010/08/x-japan-at-lollapalooza-2010-
live-review-and-photo-gallery/

 

海外の記事。

 

http://www.windycityrock.net/2010/08/
lollapalooza-2010-day-three-x-japan.html

 

http://eatthis.inmusic.ca/2010/08/lollapalooza-wrap-up.html

 

http://chicago.metromix.com/music/article/
lolla-10-sunday-reviews/2107835/content

 

http://blogs.suntimes.com/music/2010/08/
lollapalooza_x_japan_makes_us.html

 

 

x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x

 

サンスポ

 

●X JAPAN、初の米国ライブ実現!

 

 【シカゴ8日=納村悦子】ロックバンド、X JAPANが同市のグラントパークで開催されたロックフェス「ロラパルーザ」に出演し、念願だった初の米国ライブを実現させた。日本人アーティストとして同フェスのメーンステージに初めて立ち、初披露となる「Rusty Nail」英語版など5曲を熱唱。ハードロックに特化した攻撃的なパフォーマンスと存在感は、集まった約2万人のファンの心を完全にとらえた。

 

 “X JAPAN旋風”がシカゴを席巻した。

 

 オバマ米大統領(49)が就任演説を行ったグラントパーク。3メートルを超える火柱に包まれる中、ボーカルのToshIは「Thank you! We Love America!!(ありがとう、アメリカを愛してるぜ)」とシャウト。代表曲「X」を熱唱すると、約2万人の聴衆は両手を交差してXジャンプで応える。メンバーの姿が消えても「WE ARE X!!」と叫び続けた。

 

 米国公演は悲願。1992年、ギターのHIDEさん(享年33)を含む5人は米ニューヨークで会見し、世界進出を発表したが、実現せぬまま解散しただけに、リーダーのYOSHIKIは「夢はかなうんだ」と感激。「すごいスタートが切れた」と興奮した。

 

 「ロラパルーザ」は91年にスタートした世界最大級のロックフェス。6~8日の3日間の観客動員数は20万人以上で、今年は米バンド、グリーン・デイや歌手のレディー・ガガ(24)ら世界のトップアーティストが多数出演。X JAPANはジャパニーズロックの先駆者的存在として主催者に招待された。

 

 米デビュー戦は攻撃的だった。ハードロック好きの米国人向けにハイスピードの楽曲「紅」「Jade」など5曲を選曲。圧巻は07年の米映画「SAW4」の主題歌「I・V・」だ。大合唱するファンと一体となり、持病の頸椎椎間板ヘルニアのためコルセット姿のYOSHIKIも「新人だけに失うものはない!」と全身全霊のドラムプレーで魅せた。

 

 終わってみれば現地メディアや各国のプロモーター数十社の取材攻め。「米国で成功して、世界の頂点に立つ」とYOSHIKI。X JAPANの新たな幕が開けた。

 

x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x

 

日刊スポーツ

 

●X JAPAN全米デビューに2万人集結

 

【米シカゴ8日(日本時間9日)岩田千代巳】ロックバンドX JAPANが当地グラント・パークで行われた世界屈指のロックフェスティバル、ロラパルーザに出演しアメリカデビューを果たした。炎天下の中、「紅」「X」とハード楽曲を連発し、最後はリーダーYOSHIKIがドラムセットを蹴り上げ、演奏と暴れん坊ぶりで約2万人の観客を楽しませた。9月25日からの全米ツアーも決定。YOSHIKIは「ロケットスタートが切れた」とアメリカでの飛躍を誓った。

 

x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x

 

日刊スポーツ

 

●X JAPAN今秋全米ツアー9公演決定

 

【米シカゴ8日(日本時間9日)岩田千代巳】ロックバンドX JAPANが当地グラント・パークで行われた世界屈指のロックフェスティバル、ロラパルーザに出演しアメリカデビューを果たした。炎天下で、「紅」「X」とハード楽曲を連発し、最後はリーダーYOSHIKIがドラムセットを蹴り上げ、演奏と暴れん坊ぶりで約2万人の観客を楽しませた。9月25日からの全米ツアーも決定。YOSHIKIは「ロケットスタートが切れた」とアメリカでの飛躍を誓った。

 

 レディ・ガガ、グリーン・デイら人気アーティストが集ったロラパルーザで、X JAPANがベールを脱いだ。事前の天気予報では雨だったが、炎天下でのライブ。TOSHIの「ハロー、シカゴ!」の掛け声でスタートし「Rusty Nail」「Jade」「紅」「I.V.」「X」とハード楽曲のオンパレードとなった。

 

 事前に米メディアから「Xに注目」「レディ・ガガを超えるかもしれない」と報じられ、演奏が始まると同時に観客数も2万人に膨れあがった。YOSHIKIのピアノとSUGIZOのバイオリン演奏では「ヒュー!」と感嘆の歓声が起こり、最終曲の「X」では、初めてXを見た観客たちも見よう見まねで両手をクロスさせる「Xポーズ」を作った。

 

 手ごたえを間近で感じたYOSHIKIは、勢いが加速し最後はドラムセットを破壊した。指に切り傷を負ってしまったが「僕なりの喜びの表現です。マネジャーから『米国人はデカイ態度が好きだから』とアドバイスされて『このままでいいじゃん』と。緊張はしなかったし99点の演奏だった。Xはライブバンド。やっと本当のXを見てもらえた感じです」。演奏直後に十数社のメディアから取材を受け、さらに11年のツアーのオファーも来た。「ロケットスタートが切れました。(92年の)ロックフェラーセンター(での全米デビュー表明)から18年を考えるとジーンときますが夢がかなうんですね」としみじみ。

 

 9月25日のロサンゼルスを皮切りに、全米ツアーのスケジュールも発表された。会場が決定したのは7カ所9公演。2500人規模の会場で10月は中1、2日でバンクーバー、シカゴ、トロントなどを回る。「ロラパルーザの直後にツアーも決まったことが大きいと思う。アメリカでやっていくのは簡単ではない。新人の気持ちなので、守るものもないし、ただ攻撃あるのみ」。実際、今回のリハーサルも初心に戻り、YOSHIKIがメンバー1人1人に声を掛け、フレーズも細かくチェックした。「このフェスをきっかけに、Xが広がっていく気がするし、やれる気がする」。全米制覇の夢へ、大きな1歩を踏み出した。

 

x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x

 

毎日jp

PATAは元気だそうです。
ストラップの問題だったそうで…。

SE.NEW ver.

01.Rusty Nail E ver.

02.Jade

03.

04.I.V.

05.X

06.Tears E Ver.

 

冒頭 " Rusty Nail " のカウントが合わず…YOSHIKI不機嫌(?)

 

" Jade " ではSUGIZOの音が出ず、ギター交換。

2本目も出ず…ローディーにギターを投げて交換。

 

" I.V. " 合唱時にはPATAがよろめく(?)

貧血?熱射病?

抱えられるように座り込んでいたと。

演奏中はちゃんと演奏していたとか。

 

 

ステージでは・・・裸のYOSHIKIが自らドラム調整しているそうです。インディーズのようだ!と。@現地特派員

 

日本時間6時10分

 

SE.SE。なにかのクラシックか!?

 

01.Rusty Nail E.ver.

02.Jade

03.

04.I.V.

 

TOSHIが英語でMC!(当然か…)

 

TOSHI「ハラから声だせー!コラー!!」

 

日本語で叫んでます!!

 

05.X

06.Tears E.ver.

 

紅では冒頭でHIDEの映像。

前半は英語・後半は日本語で歌ったそうです。

201089

EXPERIENCE特別企画

X JAPAN CHAT Live in WORLD by LOLLAPALOOZA

ロラパルーザの夜

 

会場:特設チャットスペース

http://xjexp.chatx.whocares.jp/

 

パスワード:20100808

 

PC / mobileともに共通のアドレスとパスです。

 

「お名前」欄にハンドルネームを。

「入室パスワード」に20100808入力してください。

URL」「コメント」は空欄でかまいません。

Cookie」にチェックを入れておくと、

何かの不具合時に退出してしまった場合、

同じハンドルネームとパスワードが記録されています。

 

チャットの仕様上50名が限度となっています。

ご了承ください。

現地は雨が降っているそうです…。

201089

EXPERIENCE特別企画

X JAPAN CHAT Live in WORLD by LOLLAPALOOZA

ロラパルーザの夜

 

会場:特設チャットスペース

開場:05:30 開演:06:00(予定) 閉場:貴方次第

チケット代:FREE

 

注意事項

・チャットです。サプイライズゲストなどはございません。

・カメラ、携帯、飲食物など持込自由。飲みすぎ禁止。

・男女、年齢、国籍など関係なく自由参加です。

 (日本のレンタルチャットなのでハングル文字など

  表示出来ない可能性はあります。)

・ブログにコメントを書かれたことがない人でも参加可能です。

・チャットの観覧のみの方や、

 ハンドルネームがおかしな人は強制退場してもらう場合があります。

 (なるべくでしたらコメントしているハンドルネームでお願いします。)

・一定時間以上、発言がない方は強制退場する設定にしてあります。

 (寝落ちなどの防止のためにも。)

・ロラパルーザの映像を配信するものではありません。

・その他、最低限のモラルを持って楽しみましょう。

 

 

まあ…あまり深く考えず参加してくれると嬉しいです。

早朝ですので、どれだけの人が集まれるかわかりませんが、

X JAPANアメリカデビュー!ということで、

お祭り気分で楽しみましょう!!

なんとか現地の様子を探しながら…(笑)

 

特設チャットスペースのアドレス・パスワードは、

早朝5時30分に、ここにて公表します。

事前に予約しておいたファンパッケージを受取に。

これは察するに日本で予約しておいたグッズ詰め合わせみたいなもの?

 

Tシャツ

・カード

・リストバンド

・ビニール棒2本(空気を入れて膨らます)

JRRステッカー

 

以上のものがもらえたそうです。

60人ほどが予約していたとか。

 

日本時間(?)4時半よりリッツカールトンで記者会見。

その後YOSHIKIがホテルから出て歩きながら(?)のインタビュー。

ファンに囲まれながら行われたそうで、

握手やサインなどもしてくれたそうです!

特派員より第二報が届きました。

本日はLOLLAPALOOZA2日目。

1DAYチケットしか持っていないため、

2日目に入ることは出来ないようですが、

入り口付近では熱気あるファンが入っていっているようです。

(もちろんXファンというわけではない。)

さすがアメリカン!というべきか、

奇声などを上げながら入っていっているようです(笑)

熱いですね~!!

 

入り口では出演者全員…かはわからないですが、

LOLLAPAZOOZA入り口で配られていた冊子には、

ちゃんとX JAPANも紹介されていたようです!



201087日(現地時間)

Pizza Party at Gino's East 16:30 - 19:30

After Party at Sakura Karaoke Lounge 20:00 -

 

うーん。なんと表現して書けばいいのか悩みましたが(笑)

要するにロラパルーザ前にファンでパーティーを開くのですね?

JRRが主催となるのかな?

(スポンサーは!?会費とかは!?笑)

ピザ食べたあとはカラオケだそうです!(笑)

何か景品などももらえると書かれていますね~。

 

 

x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x

 

Come join JRockRevolution.com and your fellow X JAPAN fans for a pizza party with special giveaways and a karaoke party afterward on the evening before X JAPAN's US Debut performance! We would love to see all of you there for a fun evening with pizza, karaoke, and Jrock discussions! Please see details below.

 

Pizza Party at Gino's East

Date: Saturday, August 7th

Location: Gino's East

Address: 633 N Wells St. Chicago, IL 60654

Time: 4:30 PM - 7:30PM

Website: www.ginoseast.com

*Please note that there are multiple locations for Gino's East in Chicago, we will be meeting at the one on 633 N Wells St.

 

After Party at Sakura Karaoke Lounge

Date: Saturday, August 7th

Location: Sakura Karaoke Lounge

Address: 234 W. Cermak Rd. Lower level Chicago, IL 60616

Time: 8:00PM

Website: http://www.sakurakaraokelounge.com/

早速、特派員の方よりメールが届きました!

 

現在ロラパルーザを視察しているようです。

会場はまだまだ設営段階のものもある模様。

グッズ売り場(?)には我らがXTシャツも!

白地に日産ロゴをあしらったシンプルなもの。

お値段は25ドルだそうです。

 

Xが立つステージにはまだ近づけないそうですが、

規模としては味スタほどの大きさだそうです。

日本人ファンらしき人たちも20人ほどいたそうです。

 

以上。現地よりの第一報でした。

TWITTER


EXPERIENCE TWITTER

MOBILE ADDRESS
http://
twtr.jp/user/Retsu24/status
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
アーカイブ
カウンター
ブログ内検索
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]