■   X JAPAN -  N E W S   ■
最新CM
[08/01 ry]
[07/31 246]
[07/30 名無しさん]
[07/30 名無しさん]
[07/29 たかし]
[07/29 みな]
[07/29 花]
[07/28 なつ]
[07/27 KAZU]
[07/27 KAZU]
[07/27 花]
[07/27 定]
[07/26 名無しさん]
[07/26 花]
[07/26 Ⅲ45]
[07/26 むだ]
[07/25 名無しさん]
[07/25 名無しさん]
[07/25 名無しさん]
[07/25 名無しさん]
[07/25 乳井敬]
[07/24 KAZU]
[07/23 りこ]
[07/22 シャネル時計 芸能人 2014]
[07/22 スーパーコピー 時計 ガガ]
HEATH OFFICIAL SITE
TAIJI OFFICIAL SITE
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6




20141224

X JAPAN DIGITAL DOWNLOAD ALUBM

MEDIA SELECTION

 

iTunes ¥1,600

 

01.I.V.」 英語Ver

02.JOKER -X JAPAN RETURNS 完全版 1993.12.31 -

03. Tears (X JAPAN Version)

04. Rusty Nail

05. X -THE LAST LIVE-

06.CRUCIFY MY LOVE

07.WHITE POEM I

08.SCARS

09.Longing~跡切れたmelody~

10.THE LAST SONG

11.FOREVER LOVE

12.ENDLESS RAIN -DAHLIA TOUR FINAL-

13.Say Anything -青い夜 完全版-

 

\200

※「Tears (X JAPAN Version)」「THE LAST SONG」「ENDLESS RAIN -DAHLIA TOUR FINAL-」はアルバムのみ。


https://itunes.apple.com/jp/album/
x-japan-media-selection/id948532028
 

 

 

 

20141224

X JAPAN DIGITAL DOWNLOAD ALUBM

MEDIA SELECTION

レコチョク \1,600

\250

 

こちらは配信限定パッケージになります。 1989年〜2014年、X JAPANメジャー・デビュー25周年のプレゼントのように感じられる再編成配信プロジェクト。「MEDIA SELECTION」とテーマされた本作は、現在進行形なX JAPANらしさ溢れる選曲で、「.I.V.」からはじまり、前半が「JOKER」でスパークして、「ENDLESS RAIN」、「Say Anything」で終わるヴァーチャル・ライブ感の強い選曲。 *収録内容に、オリジナル音源に一部ライブ音源を加えております。予めご了承ください。

 

 

http://recochoku.jp/album/A1001477947/ 


 

 

x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x

 

 

まとめていなかった記事です。

去年のものになりますが、

MOVIES SELECTION」「CM SELECTION」「ROCK BEST -FOREVER RECORDS-」「LOVE BEST -FOREVER MEMORIES-

に続き第5弾になる謎の選曲アルバムですね。

これを書くにあたり、もう1度確認したのですが、

さすがにもう無さそうですが…。

本当に謎なものに仕上がっています(苦笑)

題名も謎ですしね…。

来年の話をすると鬼が笑うんですって。

 
http://xjapanx.blog.shinobi.jp/Entry/2492/ 

http://xjapanx.blog.shinobi.jp/Entry/3050/ 


過去、鬼が笑った証拠です(笑)

いや…やはりYOSHIKIが笑ったのか…!?

 

 

散々、散々、このブログでもニューアルバムの話をしてきましたが、

またまったく無駄(?)なニューアルバムの話でもしてみようかと(笑)

コメントの方にも書かれていますしね。

 

 

じゃあ…まず…収録曲?いってみましょうか!

 

 

I.V.

JADE

Born To Be Free

HERO

Beneath The Skin

 

 

これは当確!!と言っていいですよね?

異論ありますか??

 

 

では…。

 

 

Without You

Scarlet Love Song

 

 

これはどうなのでしょうか?

 

Without You」は入る可能性は高いと思っているのですが、

前回の海外ツアーでもやっていませんよね…。

ここ近年(といってもほとんどライブしていませんが)日本でも

ほとんど聞かなくなりました。

最後に聞いてのは…TOSHIのディナーショーあたり?

ただ「THE WORLD」にはライブ音源として入っていましたよね。

 

 

Scarlet Love Song」は

「英語版は作らない。時間がかかってしまってアルバムが遅れるから。」

ということを言っていました。

ただ…もう何年も前のことです…。

でもこの曲は公式のXのライブでは

ASIA GIRLS EXPLOSIONでしかやっていませんね。

入る可能性は…少ないのかなぁ…。

でもせっかくの新曲なのでCDとしてでも発売して欲しいです。

それもちゃんとしたXバージョンでね!

 

Scarlet Love Song」のことを考えると、

「日本語で作られているWithout Youは?」

という疑問も出てきますね。

これは英語でも作られるのでしょうか。

それとも日本語のままなのでしょうか。

 

それを考えると…やはりこの2曲は次点になりますよね…。

 

 

もう忘れている人も多いかと思いますが…。

 

 

SUGIZO作曲。BPM180X+hide+LUNA SEAのような曲。

日産で演奏される予定でしたがされなかった曲。

これはいったいどうなったのでしょうかね。

ある?ない?

Beneath The Skin」はS.K.I.N.の曲なのでまったく違いますし。

完全新曲として温存しているのでしょうか。

それとも神の一声でボツになった…?

これはもう次点どころか次々点…ですね。

 

 

さてさて。いつぞやは

「ミニアルバム」「半分既存曲(ベスト)」

と話していましたが、

今の感じですと「ミニアルバム」という構想は消えたような感じですね。

では「半分ベスト」はどうなったのでしょうか。

自分的にはまだ生きている…と思います。

根拠はありません!(笑)というわけにもいかないので…。

横浜アリーナ・MSGの最後のSEでも「Tears - E Ver.」が使われていました。

日本でもわざわざこれを使ったということは、

Tears」は入れる。入れたい。のかな?と。

そうなってくると…「紅」「ENDLESS RAIN」は?と。

 

ここで気になるのがやはり「THE WORLD」というお粗末ベスト。

何故、あれをあのタイミングであの選曲で出す必要があったのかな?と。

 

次に出るニューアルバムから派生したベストアルバム。

 

なのではないかな?と思うのですが。

その中で漏れた曲、いや、あえて入れなかった「Tears

これだけはどうしてもニューアルバムに英語で入れたかったのかな?と。

そうなってくると逆に「Tears」はニューアルバムに入る可能性はかなり高いのではないかと予想しているのですが。

 

 

あ…忘れていませんよ?

ART OF LIFE 2」の存在を…。

忘れようとしているだけです(笑)

 

これが一番…謎ですね。どこまで本気なのかどうか。

 

 

I.V.

JADE

Born To Be Free

HERO

Beneath The Skin

Without You

Scarlet Love Song

Tears

ART OF LIFE 2

SUGIZO新曲」

 

 

おおー。結構な数が出そろってきましたね~。

半分は入るか微妙なものですけど(笑)

個人的には

 

I.V.

JADE

Born To Be Free

HERO

Beneath The Skin

Tears

 

ここまでの6曲が確定ですね。

 

 

さーてさて。そんな予想をするために書き始めたわけではなく、

ここからが大問題である…発売日です(笑)

 

 

サンリオイベントの時には4月完成と話していましたね。

先日のMステでは8月発売予定と話していましたね。

 

 

ん?え?数字のマジック。

 

 

仮に4月下旬に完成したとして、

8月上旬に発売するとして、

中に2か月以上の間が空くわけで。

完成してすぐに発売に向かうわけではないのかな?

CDプレスにそんな時間はかからないです。

もしかして…微妙に後方修正を行ったかな?

 

 

どちらにせよ…「2015年発売」なのですね?

X友と話すと…むしろ誰も信じていないのですが(笑)

逆に疑心暗鬼すぎる自分のほうが信じているという不思議(笑)

 

 

鬼が笑うか。YOSHIKIが笑うか。楽しみです。

お休み(サボり)している間にコメントがだいぶ伸びていました。

放置してしまってすいません…。

ここにコメントされるとメールで飛ぶようにしてあるので、

毎コメントごとにリアルタイムで読ませてもらっています。

 

こちらはリアルタイムではないのですが…。

先ほど「やっと」Mステ見ました~!

なかなかでしたね~(濁しているわけではないです)

Xのライブを超短い時間に凝縮した感じですかね。

ピアノあり。ドラムあり。薔薇投げあり。ドラム登頂あり。

考えたな~という印象を受けました。

ドラムに乗れなかったり、コートが引っかかったり。

これはご愛嬌です。

かっこよく見せてもどこかコミカルに見えてしまうのもXです(笑)

 

セトリ…というか…演奏曲は…。

 

01 - Piano solo

02.Forever Love - Short ver.

03.Rusty Nail - Short Ver.

04.HERO - Short Ver.

 

デビュー曲。代表曲。新曲。

誰もが知っている3曲に加えての最新曲。

セットリストで残念なのが

Xの代名詞であったハイスパートドラムが無かったことですかね。

ただもう1つの代名詞であるハイトーンボイスは健在だったようで。

 

まあ…アテフリ…はテレビなので仕方ないことで…。

フェスなどに行ったことある方ならわかると思いますが、

次のバンドの用意をするだけでも30分以上はかかりますからね。

セットの組み換えのみならず、音のセッティングも含めて。

バンドによっては音チェックのために数曲演奏する場合もありますから。

それを考えると…生テレビでの生演奏は絶対に不可能ですよね…。

Xの場合は口パクの場合もあるので、

今回はちゃんと歌ったというだけでも…丸…かな?(笑)

ベストテイクでの口パク…これは自分も考えなかったわけではないですが、

今回ぐらいの曲数なら、あの美声は出ますね。

特に「HERO」は最高音部は歌わなかったですし。

 

 

まあテレビですから(笑)

あまり大きなことを考えず見る(聞く)のがよろしいかと(笑)

 

 

ただ自分が一番思ったことは…。

 

YOSHIKIが若い」「TOSHIが美声」なんて声は大きく聞こえるのですが。

HEROかっこいい!」「HERO良い曲!」と、

曲への評価があまり聞こえてきませんね…。

自分が音楽番組を見るときは、

「あの曲いいな~」「カラオケ用に覚えたいな~」

などと思いながら見ている(聞いている)ものですが…。

あ、ちなみに先日のFNS歌謡祭を見て

Life Goes Onlike nonstop music/ 槇原敬之」

購入いたしました(笑)カラオケ用に。

そんな風に思ってくれて見ていた人が…いるんですかね?

やはり「昔のバンド」「伝説のバンド」「紅やForever Loveは良い曲」

なのでしょうかね…。

 

自分にとって「HERO」はなかったことになっているのでいいんですけどね(苦笑)

(購入意欲があっても買えないですし…。)

 

でも新曲を披露して気に入ってくれた人がいて…。

それを購入出来ないって…本当にもったいないなぁ…。

 

 

ちなみに。ちなみに。ですが。

自分は両親からメールが来ました。

 

Xを久々に見ました~。烈さん(←こう呼ばれている)を思い出します。Superflyいいですね!来年はライブに行ってみたいです!」

 

そっちかいっ!(笑)




20141217

X JAPAN DIGITAL DOWNLOAD ALUBM

ROCK BEST -FOREVER RECORDS-

 

\700

Japan Music Agency Co.Ltd

 

01.-THE LAST LIVE-

02.オルガスム-THE LAST LIVE- (Short.ver.)

03.WEEK END -THE LAST LIVE-

04.DAHLIA-THE LAST LIVE-

05.X -DAHLIA TOUR FINAL-(Short.ver.)

 

各曲 ¥200

※「オルガスム-THE LAST LIVE- (Short.ver.)」はアルバムのみ。

 

 


 
 

20141217

X JAPAN DIGITAL DOWNLOAD ALUBM

LOVE BEST -FOREVER MEMORIES-

 

\700

Japan Music Agency Co.Ltd

 

01.Rusty Nail -THE LAST LIVE-

02.ENDLESS RAIN-THE LAST LIVE- (Short.ver.)

03.Longing~跡切れたmelody~-THE LAST LIVE-

04.Tears -X JAPAN RETURNS 完全版 1993.12.31 -

05.Say Anything -白い夜 完全版-

 

各曲 ¥200

※「ENDLESS RAIN-THE LAST LIVE- (Short.ver.)」「Tears -X JAPAN RETURNS 完全版 1993.12.31 -」はアルバムのみ。

 

 

 

 

コメントの方で教えてもらいました。

こんなにも乱発しているんですねぇ…。

そして先日記事にした「CM SELECTION」はやはり発売日が謎。

20141219発売…もしくは1216日発売の間違いですかね?

(ちなみに後記で書きますが、レコチョクでは1216日になっていますので、1216日と変更しておきます)

 

これって本当にどういう意味なんです?

全くわかりません…。

しっかり「 Japan Music Agency Co.Ltd

と、書かれているところを見ると、

YOSHIKI(もしくはYOSHIKIのマネージメント会社)と

無関係なところで販売されているというわけではないんですよね?

自分iTunesのシステムを良くわかっていないのですが、

アーティストの意向に反してこういうセット売りって勝手に出来るんですか?

 

LOVE BEST」なんて本当に酷いものですよね。

どこが「LOVE」なんでしょうか?

「永遠の記録」と「永遠の記憶」…副題もどうしたものか…。

 

自分にとって握手券の大量販売と、

ベストアルバムの乱発販売に大した違いはないです。

 

 

別に怒っているわけではないんですけど(笑)

どういうことなの?という疑問です。

 

 

特に興味がなかったのでスルーしていましたが、

これらのアルバム(?)はレコチョクでも配信されています。

レコチョクではアルバムのみの配信曲はなく、

すべて250円に統一されています。

 

 

X JAPANMOVIES SELECTION

\1,000

こちらは配信限定パッケージになります。 X JAPANが、映画主題歌として提供してきた楽曲をコンパイル。全世界上映のアメリカ映画「ソウ4」主題歌「I.V.」や、韓国映画『僕の彼女を紹介します』の挿入歌として、韓国映画において初の日本語楽曲使用となり話題となった「Tears」、CLAMP原作のアニメ映画『X』では「Forever Love」、「ENDLESS RAIN」などをドラマティックに収録。 *収録内容に、オリジナル音源に一部ライブ音源を加えております。予めご了承ください。

 

http://recochoku.jp/album/A1001399077/

 

 

X JAPANCM SELECTION

\800

こちらは配信限定パッケージになります。 X JAPANが、CMタイアップした楽曲をコンパイル。ライブで欠かせない名曲「Rusty Nail」は、1994年に放送されたフジテレビ系ドラマ『君が見えない』の主題歌であり、2008年にはスズキ『スイフト』のCMにも起用されている。「Longing 〜跡切れたmelody〜」のCMスポットは、デイヴィッド・リンチ監督による演出で大きな話題となった。 *収録内容に、オリジナル音源に一部ライブ音源を加えております。予めご了承ください。

 

http://recochoku.jp/album/A1001399070/

 

 

X JAPANROCK BEST -FOREVER RECORDS-

\700

こちらは配信限定パッケージになります。 X JAPANとは、ハイスピードなロックチューンですべての思いを吹き飛ばしてくれるバンド。代表曲「紅-THE LAST LIVE-」はもちろん、エクスタシーレコードの第1号である初期ナンバー「オルガスム-THE LAST LIVE- (Short.ver.)」、中期X JAPANを代表する「DAHLIA-THE LAST LIVE-」など、エクササイズやランニング時にもぴったりなセレクション! *収録内容に、オリジナル音源に一部ライブ音源を加えております。予めご了承ください。

 

http://recochoku.jp/album/A1001435377/

 

 

X JAPANLOVE BEST -FOREVER MEMORIES-

\700

こちらは配信限定パッケージになります。 ラブソングをテーマとしたX JAPAN珠玉の名曲「Rusty Nail -THE LAST LIVE-」、「Say Anything -白い夜 完全版-」、「ENDLESS RAIN-THE LAST LIVE- (Short.ver.)などを収録。YOSHIKIならではの、耽美テイストある愛に溢れた言葉の世界感にどっぷりひたれる名曲達をセレクト。部屋に蝋燭を灯しながらひたりたいメロディアスなナンバーたち。 *収録内容に、オリジナル音源に一部ライブ音源を加えております。予めご了承ください。

 

http://recochoku.jp/album/A1001435501/




20011219

X JAPAN DIGITAL DOWNLOAD ALUBM

CM SELECTION

 

\800

Japan Music Agency Co.Ltd

 

 

01.CRUCIFY MY LOVE

02.Rusty Nail

03.JOKER -X JAPAN RETURNS 完全版 1993.12.31 -

04.X -THE LAST LIVE-

05.WHITE POEM I

06.Longing~跡切れたmelody~

 

各曲 \200

 


https://itunes.apple.com/jp/album/x-japan-cm-selection/id945607391 

 


x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x

 

 

同じ記事を書いているわけではないですよ?

先週も似たようなものを書きましたが、

先週のは「MOVIES SELECTION」です。

http://xjapanx.blog.shinobi.jp/Entry/4364/

今回のは「CM SELECTION」です。

 

ちなみに…これ2001年に配信になっているんですけど、

これは間違い…ですよね?

2001年にXiTunesで何も配信していなかったですし…。

ってことは2014年の間違い?

そして1219日ということは、まだ配信されていないの?

もうまったく謎すぎてよくわかりません…。




20141210

X JAPAN DIGITAL DOWNLOAD ALUBM
MOVIES SELECTION


\1,000

Japan Music Agency Co.Ltd

 

01.I.V.」英語Ver.

02.Rusty Nail

03.CRUCIFY MY LOVE

04.Tears

05.FOREVER LOVE

06.ENDLESS RAIN - DAHLIA TOUR FINAL -

07.THE LAST SONG

08.Say Anything - 青い夜 完全版 -

 

 

各曲\200

 

Tears」「ENDLESS RAIN - DAHLIA TOUR FINAL -」「THE LAST SONG」はアルバム購入のみ。

 

 

https://itunes.apple.com/jp/album/
x-japan-movies-selection/id945612101
 

 


x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x

 

 

むむ??良くわからないものです…。

教えてください…(笑)

 

1210日に配信されているんですね。

それも「MOVIES SELECTION」という題名。

映画で使われていない曲もありますよね。

これから使う…ということなんですかね?

もしかして…近々!?何かで使われる…ということ?

映画というとMSGのドキュメント…を思い出しますが、

まだまだ先だと思うので違うだろうなぁ…。

 

わからない…。

教えてください(笑)

 

あ、今週発表のものって…これ??

いやいや…さすがに違いますよねぇ…。

 

あと気になるのが曲名の大文字、小文字などの表記もバラバラですね。

大切なあなたと一緒に。。。X JAPANForever Love」館山駅自由通路で定時放送開始!

 

平成26年11月20日(木)より

午前8時〜午後6時 毎時放送

 

世界的に活躍されているロックバンドX JAPAN のバラードの名曲「Forever Love」のピアノ演奏を、館山駅の自由通路で、定時放送します。

 

ぜひ、あなたの大切な方と一緒に、聴いてください。

 

放送時間

 

800 / 900 / 1000 / 1100 / 1200 / 1300 / 1400 /1500 / 1600 / 1700 / 1800

 

 YOSHIKI さんの母校である、安房高生によるピアノ演奏です。(3 24 秒)詳しくはWebへ…

 

■【館山市のプレスリリース】

 

11 20 日は,X JAPAN のリーダーYOSHIKI さんの誕生日

JR館山駅オレンジロードで“Forever Love” の定時放送を開始します。

 

館山市は,平成26 11 20 日(木)から,JR 館山駅オレンジロードで,X JAPAN のバラード曲“Forever Love” の定時放送を開始します。

 

Forever Love”は,館山市出身の世界的なミュージシャンYOSHIKI さんが作詞作曲し,館山市出身のボーカルToshl さんが歌った名曲で,“Forever Love”の放送は,防災行政無線に続く第2 弾となります。

 

 平成24 年,XJAPAN が結成30 年を迎えた節目の年に,リーダーYOSHIKI さんを館山市民の誇りにしようとする活動が始まり,同年5 月,市民有志が「YOSHIKI さんを館山に呼ぶ会」を立ち上げ,同年7 月には,YOSHIKI さんがプロデュースしたワインを楽しむ会が開催されるなど,市民活動が盛り上がりました。

 

その機運を高めようと,平成24 12 月のクリスマスイブから,防災行政無線で “ForeverLove”の放送を始めました(金・土・日曜日及び祝祭日の午後5 時から35 秒間放送)。楽曲の放送開始後,“Forever Love”を聴こうと,県内外から多くのお客様が来訪され,「YOSHIKIさんのふるさと館山」の知名度向上やイメージアップに繋がっています。

 

その流れを継続し,YOSHIKI さんとその楽曲を館山市民の誇りとするため,YOSHIKI さんの誕生日である11 20 日から,JR 館山駅オレンジロードで“Forever Loveの定時放送(午前8 時〜午後6 時:11 回/日)を行ないます。

 

 使用する音源は,国立音楽大学1 年の川上花音(かわかみ かのん)さんが,高校3 年の時にピアノ演奏した“Forever Love”(3 24 秒)です。YOSHIKI さんの母校,千葉県立安房高等学校の後輩である川上さんは,YOSHIKI さんが高校時代,安房高校で音楽活動を行い,世界的なアーティストになったことに大きな刺激を受けたといいます。

 

 「駅」は,家族,友人,恋人など,様々な人たちの出会い,別れ,旅立ちなどのステージでもあります。世界的なミュージシャンYOSHIKI さんのバラードの名曲を定時放送することで,市民と来訪者に癒しと安らぎを与え,さらに将来の夢の実現のために努力する地元の若者に希望を与え,館山の活性化につなげることを目指します。

 

 

x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x

 

 

最初、この記事を読んだ時に、

え!?毎日演奏するの!?

と思ったら…演奏した音源が流れる。ということですね。

当たり前ですね(笑)

famima.com
http://www.famima.com/shop/c/cxjapan/ 


 

MSGで販売されていたパンフレットが通販で入荷だそうです。

これはもちろん…逆輸入的な?売れ残り的な?

当然インタビューも英語でしょうね~。

日本版を増版すればいいのにな~。

買い逃した人も多そう…。

追記

※USA版は日本語もついているようです。
紙質が違うのみで同じ内容とのこと。

20141019日(現地時間)

X JAPAN WORLD TOUR 2014 at Madison Square Garden

LIVE VIEWING DELAY Broadcast to Mexico

 

at Cinepolis Forum Buenavista, Mexico City, Mexico

at Cinepolis Town Center Rosario, Mexico City, Mexico

at Cinepolis Universidad, Mexico City, Mexico

at Galerias Guadalajara, Guadalajara, Mexico

at Galerias Monterrey, Monterrey, Mexico

 

 
http://liveviewing.jp/screenings/xjapan-eng/ 

 


ん??

メキシコでは19日にディレイ放送があるそうですが…?

あれ?11日には生放送しなかったんですかね?

香港・台湾の情報は掲載されたままで、

メキシコはチケットを販売しているということは、

生放送はされず、これからディレイ放送されるということですね。

それも5会場で!

そ…そんなに需要あるの…?(汗)

みなさん!!メキシコ行けばまた見れますよ!?

こちらは動画です。

 

 

JIJIPRESS
https://www.youtube.com/watch?v=oh6Z862ByrE 

 

x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x

 

 

JAPAN WIDE
http://www.jwide.com/news/news.htm?id=4293 


X JapanNYコンサート、ビルボードなども報道、現地紙もレビュー

 

X Japanによるニューヨーク・マディソンスクエアガーデンでのコンサートが11日行われ、約1万5000人のファンが会場につめかけた。コンサートでは、新曲「HERO」を含め、全19曲を4時間にわたって熱唱された。

 

コンサートの様子は、米国メディアも報じている。

 

音楽チャートで知られる大手音楽業界誌「ビルボード」は、12日にコンサート記事を配信。X Japanのこれまでの歩みにも触れながら、コンサートでの様子を伝えている。日本国内では、ファン層が幅広い性別、年齢、文化に及ぶことを紹介しながら、その全てが11日にマディソン・スクエア・ガーデンに集まったようだったとしている。

 

イギリスに拠点を置くヘビーメタル音楽雑誌「Metal Hammer」もX Japanのマディソンスクエアガーデンコンサートを、日本の有名バンドDir en greyB\'zGlayのメンバーらもかけつけたことを伝えながら配信している。

 

 全米一の視聴者数を持つニュース専門テレビ局FOXニュースも地元のニューヨーク版でX Japanのコンサートの様子を伝えた。X Japanについて、日本では「キング・オブ・ジャパニーズ・グラムロック」と呼ばれる非常にビッグバンドであると紹介しながら、マディソンスクエアガーデンのコンサートが、グループの今年唯一の北米コンサートであると伝えている。

 

また、地元ニューヨークに本拠を置くエンターテイメント情報誌「ハリウッド・ソープボックス」も、マディソンスクエアガーデンでの歴史的なコンサートで伝説的なパフォーマンスを行ったとの見出しで、コンサートの様子を配信。ライブDVDが発売になることも伝えている。

 

 今回のコンサートは、3日から12日までに渡って開催された米東海岸最大のポップカルチャーイベント「ニューヨーク・スーパー・ウィーク」の中でも最大のイベントとして注目を集めていた。

 

コンサートでYoshikiは、We\'ll be backと語った。次回のコンサートにも期待したい。

 

 

x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x

x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x

 

 

スポーツ報知
http://www.hochi.co.jp/entertainment/
20141012-OHT1T50326.html
 


X JAPAN、初の米聖地で1万5000人熱狂「We’ll be back」

 

【ニューヨーク11日=有野博幸】人気バンド「X JAPAN」が米音楽の聖地、マディソン・スクエア・ガーデン(MSG)で初のコンサートを行い、1万5000人のニューヨーカーを熱狂させた。亡くなったHIDEさん(享年33歳)、TAIJIさん(享年45歳)の思いも胸に、夢を実現させたYOSHIKI(48)は涙ながらに「やっと世界進出のスタートライン に立てた。もっと成長したい」と語り、さらなる躍進を誓った。

 

 夢に描いたMSGのステージ。YOSHIKIは「Forever Love」の間奏でゆっくりと歩き出した。アリーナ中央に設置されたドラムセットからステージへと花道を進み、4歳から45年の付き合いとなる盟友・ToshI(49)と抱き合って、喜びを分かち合った。

 

 2人が「We are!」と絶叫すると、1万5000人のファンは両腕をXの形に交差させ、「エックス!」の大歓声。代表曲「紅」から新曲「HERO」(発売日未定)まで全19曲を4時間にわたって熱唱し、MCはすべて英語で行った。YOSHIKIはピアノで米国歌「星条旗よ永遠なれ」を披露。客席にはB’zの松本孝弘(53)、GLAYのTAKURO(43)の姿もあった。

 

 YOSHIKIが96年、尊敬する米ロックバンド「KISS」の復活公演をMSGで鑑賞してから、「いつか、このステージに立ちたい」と心に誓い、世界進出を目指す「X JAPAN」にとっても悲願となった。YOSHIKIは高速ドラム、繊細なピアノなど持ち味を存分に発揮して「Xは進行形のバンド。強くなれた気がする」と胸を張った。

 

 X JAPANは89年のメジャーデビューからHIDEさん、TAIJIさんが亡くなり、ToshIが洗脳騒動に巻き込まれるなど困難に見舞われ一度は解散したが、着実に乗り越えて不死鳥のように復活を遂げた。悲願のMSG公演を達成しても決して満足しない。

 

 YOSHIKIは「あと10回はやりたい。We’ll be back(また戻ってきます)」と早くも再訪を約束した。来年にはアルバムを発売してツアーも開催予定。MSGでの成功を世界進出の足がかりとする。

 

 ◆マディソン・スクエア・ガーデン 米ニューヨークに1874年の開場後、4度の移築を経て1968年に完成した円筒形でガラス張りの巨大アリーナ。これまでエルビス・プレスリー、エルトン・ジョン、マイケル・ジャクソン、マドンナ、レディー・ガガらが公演。NBAニックスとNHLレンジャーズの本拠地でもある。日本人では、85年、ラウドネスがモトリー・クルーの前座として初出演。2012年にはL’Arc~en~Ciel(ラルク アン シエル)が日本人初の単独公演を開催した。

 

 

x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x

 

 

スポニチアネックス
http://www.sponichi.co.jp/entertainment/
news/2014/10/13/kiji/K20141013009094470.html
 


●X JAPAN MSG公演 Xジャンプで会場揺れた!

 

X JAPANが11日(日本時間12日)、初めて米ニューヨークのマディソン・スクエア・ガーデン(MSG)で公演した。念願のステージに立ち、リーダーのYOSHIKI(年齢非公表)は「この瞬間を待っていた」と感激。「ウィー・ウィル・ビー・バック(私たちは戻ってくる)」と宣言するとボルテージは最高潮に達し、地元ファンら1万5000人がXジャンプで会場を揺らした。 

 

   YOSHIKIがマイクを握りしめ「ウィー・アー」と叫ぶと、観客が腕をクロスさせて「エックス」と応じた。恒例の“儀式”だ。これを何度も、何度も繰り返した。夢が現実になったことを確かめるように、声をからして叫び続けた。

 

 終盤には「ウィー・ハヴ・ビーン・ウエーティング・ディス・モーメント(私たちはこの瞬間を待っていた)」とあいさつ。98年と11年にそれぞれ他界した元メンバーのhideさん(享年33)とTAIJIさん(同45)の名を出し「心の中で2人と一緒に演奏している」と、現メンバーを合わせ7人で夢をかなえたことを強調した。

 

 ボーカルのToshI(49)が「ロックする準備はできたか?」と英語で呼びかけてスタート。ヒット曲「X」では、総立ちの1万5000人がサビでお決まりの「Xジャンプ」をし、会場が揺れた。揺れに驚いた警備員たちが、ステージ脇から客席をのぞき込んだほど。地震がほとんどないニューヨークに未体験の衝撃をもたらした。

 

 「紅」や「Rusty Nail」などヒット曲を中心に構成。約2時間半にわたって全18曲を披露した。

 

 長年の夢だった。憧れの米ロックバンド「KISS」の復活公演をMSGで見たYOSHIKIが「いつかここに立つ」と野望を抱いたのが96年。しかし、その翌97年にX JAPANは解散した。再結成した翌08年には開催が決まったが、YOSHIKIが持病の椎間板ヘルニアを悪化させ、中止となっていた。

 

 ザ・ローリング・ストーンズ、レッド・ツェッペリンら、世界の大物たちがステージに立った米音楽の聖地に、たどり着いた。しかも、観客は大半が外国人だった。名実ともに世界的アーティストの仲間入りを果たした格好だが、「これはゴールじゃない。バンドとしてもっと成長したい」とYOSHIKI。最後は「ウィー・ウィル・ビー・バック」と誓い、客席にダイブした。

 

 

x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x

 

 

スポニチアネックス
http://www.sponichi.co.jp/entertainment/
news/2014/10/13/kiji/K20141013009094450.html
 


●X 来夏世界ツアー、来年新アルバムも発売約束

 

 X JAPANは来夏にも世界ツアーを開催する。これに先立ち、アルバムを発売する予定で、YOSHIKIは「いつも出す、出すと言って出してこなかったけど、確かに来年、アルバムをリリースする」とファンに約束。また、ドキュメンタリー映画(タイトル、公開日未定)がこの日の公演の撮影をもってクランクインした。

 

 

x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x

 

 

スポニチアネックス
http://www.sponichi.co.jp/society/news/
2014/10/13/kiji/K20141013009093940.html
 


●台風の影響で…那覇のX JAPAN生中継PV中止

 

台風の影響で、那覇市の映画館「シネマQ」で午前9時から行われる予定だった、X JAPANの米ニューヨーク公演を生中継するライブビューイングが中止となった。また、熊本市では、ゆるキャラのくまモンが出演予定だった「鉄道の日祭り」も中止に。ツイッターで「楽しみにしてくれたみなさんごめんなさいだモン」と謝罪の投稿を寄せた。

 

 

x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x

 

 

中日スポーツ
http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/
entertainment/news/CK2014101302000172.html
 


●X JAPAN 夢舞台に立った!! MSGで19曲熱唱披露

 

 

【ニューヨーク江川悠】ロックバンド「X JAPAN」が11日(日本時間12日)、当地のマディソン・スクエア・ガーデン(MSG)でコンサートを開催した。1996年に米ロックバンド「KISS」の復活ライブを同所で観賞したリーダーのYOSHIKIにとって、MSG公演は長年の目標だった。97年に解散し、一度は遠のいたが、08年に再結成後、世界中から注目を集めるバンドに成長。1万5000人のファンを前に19曲を披露し、YOSHIKIはメンバーと抱き合い、涙で喜びを分かち合った。

 

MSGは、世界の超一流アーティストが名を刻んできた音楽の聖地。Xは08年にワールドツアーの一環として同所での公演開催を発表したが、YOSHIKIの持病悪化のため、無期限延期となっていた。6年前の約束を果たすときがやってきた。

 

 YOSHIKIは、ここにたどり着くまでの道を振り返りながら思わず涙ぐんだ。94年にニューヨークのカーネギー・ホールで記者会見し、世界進出を表明したものの、97年に解散。竹馬の友だったToshIとはその後、10年も口を利かなかったという。だが、08年に再結成し、夢の続きを見ることができた。

 

 「RUSTY NAIL」「SILENT JEALOUSY」などの激しいロックで会場のボルテージは序盤からぐんぐんと上昇。YOSHIKIは、セットごと花道を移動しながらドラムをソロで演奏する圧巻の演出で魅了したほか、アメリカ国歌をピアノで演奏した。

 

 「FOREVER LOVE」では、死去したHIDEさんと初代ベーシストのTAIJIさんもスクリーンの映像に登場し、ファンの涙を誘った。

 

 Today, we are playing with TAIJI &HIDE in our heart.

 

 YOSHIKIが万感の思いを込めてこう語ったように、心の中で生き続ける2人を含めた7人で夢をかなえた。

 

 YOSHIKIは最後に客席に豪快にダイブ。涙ながらにメンバー一人一人と熱く抱擁を交わし、「We will be back(またここで会おう)」とシャウトした。

 

 「X JAPANは夢みたいなバンド。こんなことが起こるんだな。一瞬、一瞬が奇跡みたい。やっと最初のドアを開けた。でも、これがゴールじゃない。東京ドームでは18回やっているので、MSGも10回くらいはやらなきゃ!!」

 

 終演後、YOSHIKIは充実感をにじませながら、さらなる夢の続きを口にした。

 

 「アルバムを出して、それを引っ提げた世界ツアーを回りたいと思っています。ここまで来たら、とことんやりたい。現実的には来年の夏かな」

 

 世界最高峰級のステージから、X JAPANが新たな一歩を踏み出した。

 

◆全米から集結のファンうっとり

 

 米オクラホマ州から来たエイプリル・ケネディさん(40)は、いとこの女性とともに来場。故HIDEさんを象徴するピンク色の髪と、腕に入った「X」のタトゥーを自慢げに披露し、「インターネットでX JAPANを知り、数年前からファンになった。ToshIの声は甘くて癒やされます。私の彼氏は日本人なの。いつか一緒に日本で彼らのライブを見たい」と話した。

 

 また、会場のVIP席では、B’zの松本孝弘(53)と、GLAYのTAKURO(43)がライブを観賞した。

 

 

x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x

x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x

 

 

excite MUSIC
http://www.excite.co.jp/music/news/detail/E1413119143628.html 


YOSHIKIToshlの絆に涙…世界の音楽史に名を刻んだX JAPANMSG公演を映画館で観た

 

ジョン・レノンやザ・ローリング・ストーンズら世界的スターが公演を行った音楽の聖地、アメリカはニューヨークのマジソン・スクエア・ガーデン。“世界で最も有名なアリーナ”としても知られるこの会場で本日12日午前9時(日本時間)、X JAPANがライヴを開催した。

 

X JAPAN930日と101日にMSG公演の前哨戦に位置づけられていた横浜アリーナ公演を23年ぶりに実施。本公演は一般発売から1秒でチケットが売り切れてしまい、大きな話題になったのは記憶に新しい。

 

筆者は101日の横アリ公演を取材のため拝見したのだが、リーダーのYOSHIKIと幼稚園の頃からの幼馴染のボーカリストToshlの脱退によるバンドの解散、HIDETAIJIの逝去など、様々な悲しみを背負ったX JAPANというバンドが、それを乗り越え、目の前のステージに立っていることの感動と喜びで涙が止まらず、「ニューヨークに行きたい! X JAPANのマジソン・スクエア・ガーデンでのライヴを世界中のファンと一緒に、この目で観たい!」と、居ても立っても居られなくなってしまった。

 

だが、そんな勢いにまかせて海外に行けるほど“海外なれ”していない私。方向音痴はひどいし、短大の英文科を出たはずなのに、その2年間などまるでなかったかのように英語が話せない。ていうか、前日から大阪にMINAMI WHEEL420組以上のアーティストが大阪ミナミに大集結する、日本最大級のライヴショーケースフェスティバル)を観に行くんだった…。

 

そんな私にうってつけなのがライブ・ビューイング! 映画館だったら大音量&大型スクリーンで楽しめるし、何より、“ぼっち参戦”でも、同じX JAPANを愛する“同士(=運命共同体)”がそこにいるじゃないか!(WE ARE X!!) というわけで、チケットの一般発売日104日(土)にポチっと無事チケットをゲット。(千葉県民だけど)昨年、『hide ALIVE THE MOVIE -hide Indian Summer Special Limite Edition-』を観に来たTOHOシネマズ 六本木ヒルズに向かった。

 

会場は642名を収容する、同劇場でもっとも大きな“スクリーン7”。さぞにぎやかなことだろうと思ったものの、場内は不思議な静けさに包まれている。嵐の前の静けさとはこのことか…そう思いながら着席。周りを見渡すと、X JAPANのバンドTシャツに身を包んだファンたちが2本のペンライトを“X”の形にして手に持ち、スタンバっている。なんか緊張しちゃうな~。だって、音楽の聖地、マジソン・スクエア・ガーデンだもの。

 

祈るような気持ちで過ごし、開演時刻の9時。スクリーンの映像が切り替わり、マジソン・スクエア・ガーデンの会場内の様子が映し出された。“おぉぉぉぉ”という声が静かに劇場内に響き渡る。ストリングスによる「Forever Love」が流れ、SEMiracle」へ。いよいよ【X JAPAN WORLD TOUR 2014 at Madison Square Garden】が始まるのだ! スクリーンに映った、ドラムセットを前に立つYOSHIKIの神々しい姿にさっそく涙腺を刺激される。カ、カッコいい…! ライブ・ビューイングありがとう!!

 

1曲目は「JADE」。Toshlの背後から客席を映すアングルになり、ステージ中央に設けられた花道の両サイドに炎が次々と勢いよくあがったのをとらえた。思わず映画館に歓声があがる。このアングルはライブ・ビューイングならでは! 千葉の市川から50分かけて来た甲斐があった~(そんなに遠くない)。

 

続いては「Rusty Nail」。<涙で明日が見えない>と歌われる同曲だが、メンバーの渾身のパフォーマンスに、こちらは早くも“涙でスクリーンが見えない”状態に。そして、六本木は早くも大合唱。TOHOシネマズ 六本木ヒルズと選択を迷った、TOHOシネマズ 市川コルトンプラザはどうかな!

 

Silent Jealousy」では、ToshlYOSHIKIの背後へ。ドラムを叩くYOSHIKIの後ろにToshlはただ立っていただけでなく、YOSHIKIの汗の光る背中にそっと手を添えていた。YOSHIKIもまた、Toshlの存在を背後に感じながらプレイしている。そんな何気ないやり取りや表情から二人の絆を感じさせるシーンをライブ・ビューイングのカメラは確実にとらえ、届けてくれた。

 

お待ちかねの「X」ではほとんどの人が席を立ち、“Xジャンプ”! 「X!」という声があがると共に、劇場の随所にペンライトの“X”が躍った。スクリーンの向こうの盛り上がりもハンパないが、ここTOHOシネマズ 六本木ヒルズの一体感も相当のもの。Xジャンプしながら、「いいぞ! TOHOシネマズ 六本木ヒルズ!!」と、心の中でコール。しかし、映画館は人が飛ぶことを想定して作られてはいないはずだが、大丈夫だろうか(笑)。

 

さらなる声があがったのが、バラの花を手にした満身創痍のYOSHIKIが花道に登場し、「WE ARE X!!」と叫びながら客席にダイヴしたときのこと。スクリーンにマジソン・スクエア・ガーデンのパニックの様子が映し出されたが、スクリーンのこちらも大興奮! それにしても、美しい飛び込み姿だったなぁ…。カメラマン、グッジョブ!

 

そんな“暴れん坊将軍”のYOSHIKIToshlをおんぶし、しばし走りまくったあと、二人して床に倒れこんだ姿にもぐっと来た。起き上がった二人が肩を組みながらステージに戻る際、YOSHIKIToshlの肩をポンポンと2回叩いたのには、言葉にせずとも二人だけに通じる思いを感じた。

 

X」の曲中のメンバー紹介で、ToshlYOSHIKIPATASUGIZOHEATH、そしてHIDETAIJIの名前もコールした。誰もがステージに二人の姿を感じていた。7人でたどり着いた夢の舞台。世界の音楽史に名を刻んだX JAPANのマジソン・スクエア・ガーデン公演は、世界に挑む7人の戦闘態勢をはっきりと示したものだった。

(取材・文/田上知枝)

 

≪セットリスト≫

X JAPAN WORLD TOUR 2014 at Magison Square Garden

2014/10/11(土)19:00 開演

ニューヨーク Madison Square Garden (ニューヨーク州)

1. Miracle (INTRO

2. JADE

3. Rusty Nail

4. Silent Jealousy

5. Beneath the Skin

6. PATAHEATH SOLO

7. DRAIN

8. SUGIZO VIOLIN SOLO

9.

10. HERO

11. Born To Be Free

<アンコール 1>

1. YOSHIKI PIANO SOLO

2. YOSHIKI DRUM SOLO

3. Forever Love

4. I.V.

5. X

<アンコール 2>

1. ENDLESS RAIN

2. ART OF LIFEPIANO

3. ART OF LIFEBAND

 

 

x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x

 

 

デイリー
http://www.daily.co.jp/gossip/2014/10/13/0007414253.shtml 


●X JAPAN MSGライブ

 

5人組ロックバンド・X JAPANが11日(日本時間12日)、米・ニューヨークのマディソン・スクエア・ガーデン(MSG)で初のコンサートを行った。MSGは2008年に公演を予定するも、中止となった念願の場所。リーダーのYOSHIKI(年齢非公表)は亡くなったメンバー2人の魂を胸に初めて立った“音楽の聖地”で、ファン1万5000人を熱狂させ、「We’ll be back(また戻ってくる)」と誓った。

 

 悲願を“7人”で達成した。「Today,We are playing with TAIJI and HIDE in my heart(今日はTAIJIとHIDEも心の中で一緒に演奏してるから)」。すべてのトークを英語でこなしたYOSHIKIは、今は亡き仲間を思い浮かべ、涙をこぼした。

 

 ザ・ローリング・ストーンズやマイケル・ジャクソンといった、世界のスターが歌声を響かせてきたMSG。YOSHIKIにとっては、ロックに目覚めるきっかけとなった米バンド・キッスの復活公演を1996年に鑑賞して以降、目指してきた場所だった。

 

解散と再結成を経て、08年に同所での初公演が決まったが、自身の頸椎(けいつい)椎間板ヘルニア悪化のために中止。しかし、あこがれ続けてきたステージを、幻のままで終わらせるわけにはいかなかった。

 

 客席を埋めた1万5000人のうち、9割が現地のファン。ボーカルのToshl(48)は「NEW YORK,What’s up!?(調子はどうだ)」とあおって、「FOREVER LOVE」などのヒット曲をたたみかけた。米国歌をYOSHIKIがピアノ演奏すると、ニューヨーカーによる大合唱が会場を包み込んだ。

 

 また戻ってくるから‐。誓いの言葉で3時間のパフォーマンスを締めくくったYOSHIKIは、終演後に次なる目標を掲げた。「これがゴールじゃないですから。素晴らしい一歩を世界の皆さんのおかげで踏み出せた。東京ドームでは(公演を)18回やったので、MSGでも10回くらいやりたいですね」。通過点と強調した夢舞台だが、日本のロック界に新たな歴史を刻み込んだことは確かだ。

 

 

x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x

 

 

デイリー
http://www.daily.co.jp/gossip/2014/10/13/0007414251.shtml 


●「X」タトゥーの熱烈米国人ファンも

 

会場にはX JAPANへの熱い思いを抱く米国人ファンが集結した。オクラホマ州のエイプリル・ケネディさん(40)は、左腕に『X』とタトゥーを入れた熱烈ファンで、「Toshlの声が甘くて癒やされる。音楽セラピーよ!!」と夢中。メリーランド州のマイケル・ハリスさん(26)は「ビジュアル系として始まった彼らは、日本のロックのパイオニアだと思う」と絶賛した。音楽仲間のB’z・松本孝弘(53)とGLAY・TAKURO(43)も歴史的ステージを見届けた

 

 

x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x

報道のまとめです。

もうね…嘘を書くつもりはないんでしょうけど、

間違いだらけというか…。

情報がめちゃくちゃで突っ込むのをやめました(苦笑)

 

とりあえず動画から。

これは良いアングルですね~。

自分はこの辺から全体を見るのが好きです。

普通の報道関係の動画だと、

メンバーアップぐらいしか見れないですからね~。

それもそれでいいんですけど。

 

 

週間NY生活
https://www.youtube.com/watch?v=9uXuofkR3rM 


 

x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x

 

 

BARKS
http://www.barks.jp/news/?id=1000108662 


X JAPAN、米MSGで新たな記録

 

X JAPANのマディソンスクエア―ガーデン公演が、20141011日開催された。

 

ニューヨーク時間2010分、場内が暗転しオープニングSEで「MIRACLE」が鳴り響き、会場のざわめきがピークとなった瞬間、YOSHIKIがステージに登壇、「JADE」からパフォーマンスはスタートした。

 

その後、映画『聖闘士星矢 LEGEND of SANCTUARY』の主題歌「HERO」のX JAPANヴァージョン、「BENEATH THE SKIN」「RUSTY NAIL」「SILENT JEALOUSY」「紅」「X」「FOREVER LOVE」…と、新旧のオールタイム・ベスト的メニューでステージは進行していく。

 

アンコールで登場したyoshikiは「4歳でToshlと出会い14歳でXを結成して、東京でPataHideTaijiと出会い、いつかアメリカで、そして世界で通用するバンドになると誓いました。今日も心の中で皆な一緒に演奏しました。まだ夢の途中でX JAPANの翼は傷だらけだけど、ファンの皆さんが応援してくれる限り、頑張ります」と英語で涙ながらに語った。

 

ラスト「ENDLESS RAIN」ではオーディエンスを巻き込んだ大合唱、「ART OF LIFE」をダブルアンコールで披露し大団円を迎えた。この公演の模様は、日本時間1012日(日)午前9時より、ライブビューイングとして日本全国の映画館とともに台湾、香港、メキシコなど世界各地でも公開された。

 

 今回の公演では、マディソンスクエアーガーデンのアジア単独アーティストとして最高記録の15千人の動員を達成、また新たな記録を打ち立てたという。

 

 

x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x

 

 

サンスポ
http://www.sanspo.com/geino/news/
20141013/oth14101305050013-n1.html
 


●  X JAPAN、MSG見参!“7人”が米音楽の聖地でそろい踏み

 

【ニューヨーク11日(日本時間12日)=納村悦子】ロックバンド、X JAPANが念願だったマディソン・スクエア・ガーデン(MSG)公演を成功させた。スクリーンで姿を見せたギターの故HIDEさん、ベースの故TAIJIさんを含め“7人のX”が米音楽の聖地に上陸。アジア人単独公演では史上最多となる約1万5000人のファンと日本語の大合唱やXジャンプで一体となり、リーダーのYOSHIKIは「この瞬間を待っていた」と感無量の表情をみせた。

 

X JAPANのメンバー“7人”が米国でそろい踏みした。22年前に世界進出を宣言したロックフェラー・センターからほど近いMSG。アンコールの「Forever Love」を熱唱後、1997年の解散ライブで伝説となった光景が再現された。

 

 HIDEさんとTAIJIさんの在りし日の映像が流れる中、花道先端のドラムセットから降りたYOSHIKIが、ステージ中央のボーカル、ToshIのもとに歩み寄って抱き合うと、大きな拍手と地鳴りのような大歓声がわき上がった。

 

 YOSHIKIは「ラストライブは別れのハグだったけど、今回は“再開”のハグ。あの時できなかった夢をこれから一緒に頑張ろうと…」と感慨深げ。長い道のりを経ての夢の実現を喜んだ。

 

 MSGはメンバーが敬愛する米ロックバンド、キッスの復活公演をはじめ、ローリング・ストーンズら数々のビッグネームが名を刻んだ世界中のアーティストが憧れる音楽の聖地。ニューヨークは92年にHIDEさんを含む5人で世界進出会見を開いた思い出の地でもあり、YOSHIKIは「一瞬一瞬が奇跡みたい」と大感激。「きょうは心の中にいるTAIJIとHIDEも一緒に演奏しています」と号泣した。

 

メモリアル公演も、これまでのライブ以上に攻撃的だった。約5メートルの火柱やロケット花火など火薬を使ったド派手演出を効果的に使用。ハードロック好きの米国人向けに激しいリズムに乗せた「Rusty Nail」「紅」「X」などを選曲した。

 

 感情をあらわにしたパフォーマンスでも存在感を見せつけた。YOSHIKIはドラムセットごと高さ6メートルまで上昇し、花道と平行するように約50メートル移動しながら決死のドラムプレーを敢行。NYっ子を圧倒した。

 

 最後はファンが惜しみない拍手。YOSHIKIは「We will be back!!(必ず戻ってくるよ)」と宣言。確実に進化を遂げた無敵のロックバンドが新たな歴史を刻んだ。

 

 

x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x

 

 

ナタリー
http://natalie.mu/music/news/128490 


X JAPAN、念願のNY単独公演で快挙達成

 

X JAPAN1011日にアメリカ・ニューヨークのMadison Square Gardenにてワンマンライブを開催した。

 

この日会場に集まった観客は15000人で、アジアの単独アーティストとしては最多の動員数を記録。この公演で彼らは数々の名曲を盛り込んだセットリストを展開した。

 

オープニングSEの「Miracle」が会場に鳴り響き、フロアからざわめきが湧き上がる中、ステージにYOSHIKIDr, Piano)が登場。次々とX JAPANのメンバーも現れ、彼らは「JADE」でライブをスタートさせた。

 

その後バンドは映画「聖闘士星矢 LEGEND of SANCTUARY」の主題歌「HERO」のX JAPANバージョンやSUGIZOG, Violin)作曲の「Beneath the Skin」など新曲もプレイ。さらに「Rusty Nail」や「FOREVER LOVE」、「紅」などの代表曲を披露し、オーディエンスを熱狂の渦へと誘った。

 

アンコールで登場したYOSHIKIは「4歳でToshlと出会い、14歳でXを結成して、東京でPATAHIDETAIJIと出会い、いつかアメリカで、そして世界で通用するバンドになると誓いました。今日も心の中でみんなで一緒に演奏しました。まだ夢の途中でX JAPANの翼は傷だらけだけど、ファンの皆さんが応援してくれる限りがんばります」と涙ながらに語る。その後届けられた「ENDLESS RAIN」では会場中から大合唱が起こり、アンコールは感動的に締めくくられた。ダブルアンコールでは「ART OF LIFE」を披露。X JAPANは同曲を演奏し終えると、Madison Square Gardenでの単独ライブに幕を下ろした。

 

 

x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x

ああ…ずいぶん遅くなりましたね(汗)

色々と忙しかったもので…すいません…。

 

そんなわけで。新聞まとめです。

全て1013日のものです。

 

 

サンスポ

 




スポーツ報知

 



スポニチ

 



日刊スポーツ

 



デイリースポーツ

 



中日スポーツ

12.ENDLESS RAIN - Short Ver.

 

ちゃんと歌えてますね。

って、これこそ歌わなくても大丈夫な曲なのに(笑)

安定の「ENDLESS RAIN」…と思いきや!

まさかのTOSHI歌詞を間違えましたね(笑)

全然いいんですけど。

 

そして最後の合唱ではTOSHIは全く歌わない。

それでいいと思いますよ。そこだけは歌わなくていいです。

 

お任せあれ。

 

そして短い合唱時間をピアノで終わらせる。

もちろん最後はTOSHIも一緒です。

 

 

13.ART OF LIFE - 2nd movement

 

SUGIZOちょいバイオリンからのピアノソロへ。

まさかの…まさかの…YOSHIKI様が上昇中!!

ピアノ台ごと昇っていきます。

V2のライブを思い出しました。

 

ってか、本当にごめんなさい。

いる?ピアノソロ?

せっかくライブをシャープにしたのですから、

ここは「ENDLESS RAIN」から「ARTOF LIFE」の

ストリングス…からのバンド。でいいような。

まあ横浜アリーナ・MSGはそれがわかっているのか、

ART OF LIFE」のピアノソロは非常に短いですけどね。

 

ああ…ついでにもうひとつ…。

YOSHIKIがピアノ台を下げて。

みたいな合図をしていましたけど、

スタッフに指示出しをしているところを見ると、

瞬間冷めてしまうのは自分だけでしょうか?

他にも曲に入るところとか、指で指示を出したりしていますが、

暗黙の了解で出来ないものなんですかね?

普通のライブでは見たことないし、見せたらいけないところにも思うのですが…。

 

と…。

 

脱線しそうなので戻します…。

 

横浜アリーナでは結構ノリノリLIFEだった自分なので、

あまり意識もしていなかったし、確認も出来ませんでしたが、

この後半部分のギターソロはHIDE音源なんですね。

何故ここだけ残したのでしょう?

いや、いいんです。残してくれて全然いいんです。

そもそもこの部分はギター3本でも足りないぐらいなので。

むしろ1993年「RETURNS」の時より重厚で良いです。

 

やはりTOSHIは最高音部は歌えないですね…。

まあこれは仕方ないのかぁ…。

でもYOSHIKIの曲って最高音こそ良いメロディーなんですよね。

 

でもでも…最後の「~ in my life」。

絞り出すような声。いや、もう叫びのような声。

良かったです…。

この1音を出すためだけに、

今まで耐えて、頑張ってきたのか?というほどに。

全てを込めた…1音…でしたね。

 

 

 

CURTAIN CALL

 

 

満身創痍。

 

 

これですね。もう。これです。

 

 

メンバー全員。

 

 

薔薇の花を抱えて花道を走り。

 

 

ジャーーーンプ!!!!!

 

 

YOSHIKIが…まったく躊躇せずに…飛んだ!!!!!(笑)

 

 

それも頭から(笑)

 

 

一瞬…ヒヤッとしましたが、笑ってしまった(大笑)

いや、皮肉とかの笑いではなく。

うんうん。お疲れ様。という想いでね。

 

あ、これかな?日本で唯一出来ないことって。

 

 

ずいぶんと埋もれる時間が長かったですが、

無事にステージに戻るYOSHIKI

花道で散らばった薔薇をかき集め投げる。投げる。

メンバーのいるステージに戻り、全員で記念写真。

シャッターを切る瞬間…YOSHIKI…泣いてましたね…。

「いこう!いこう!」とYOSHIKIの手招きでメンバー花道へと。

薔薇を踏みつけるYOSHIKI

貴方の落とした薔薇を拾うPATATOSHI

全員とハグするYOSHIKI

そんなハグをするTOSHIも泣いてましたね…。

本当に色々な思いが駆け回っているのでしょう…。

 

5人で万歳。

 

いいえ。7人ですね。

 

ステージのHIDEの位置に薔薇を置くYOSHIKI

映画館では映らなかったけどたぶんTAIJIの場所にも。

(これは横浜でもあったそうです。)

 

SEもいつか「Tears」に変わり…。

長い長いMSGへの道も今…終幕へと…。

 

マイクを力強く握りしめ、最後の叫び。

 

 

YOSHIKIWell come back!!!!!!!!

 

 

11:54

 

 

 

20141011

X JAPAN WORLD TOUR 2014 at Madison Square Garden

in New York, USA

 

Set List

 

SE.MIRACLE

01.JADE

02.Rusty Nail

03.Silent Jealousy

04.Beneath The Skin

Guitar & Bass Battle

05.DRAIN

Violin Solo - Love Theme from The Godfather

06.

07.HERO

08.Born To Be Free

    Piano - Improvisation - Swan Lake - UNFINISHED

   Drum Solo

09.Forever Love

10.I.V.

11.X

 

ENCORE 01

 

12.ENDLESS RAIN - Short Ver.

13.ART OF LIFE - 2nd movement

 

 

SE.Forever Love - Last mix

SE.Tears - English Ver.

09.Forever Love

 

ねぇ?だからこれが見せたかったやつなんだよね?

 

ステージ上にはいつの間にか四弦楽隊が。

いままでドラムが設置されていた下手側です。

自分は良くわからないですが、

Yoshiki Classicalでも同行していた4人だそうです。

 

その四重奏と共に歌い始めるTOSHI

いいですね~。この演出。

ありそうで無かったやつ。

 

2009年「無敵な夜」「18回目の夜」では、

Drum Soloからの四重奏「Without You」を。

台湾「本当にやる夜」でも生音ではなかったけれども同じ演出。

 

TOSHIYOSHIKIも笑みを浮かべてのハグ。

これも定番になりつつありますね。

そしてバンドバージョン「Forever Love」へと。

 

TOSHIはほとんど歌えてました?けど…。

バラードで「クワッー!」はやめようよ…さすがに。

感動させて(笑)

 

 

10.I.V.

 

YOSHIKIはピアノから動かずそのまま合唱時間へ。

しばらくTOSHIが歌い煽る。

SUGIZOに駆け寄りコーラスを求めるけど…。

マイク入らず…。

またSUGIZOがスタッフへ何やら…。

もうさ…SUGIZOに関わってるスタッフは廊下で立ってて!

 

TOSHI「スクリーーーミング!!」

 

YOSHIKIにバトンタッチ。

 

ウィーアータイム!

 

もう…合唱練習すらさせてくれない謎の時間(笑)

 

ひとしきり叫び終わり、満足したYOSHIKIさん。

TOSHIを探す…TOSHIを探す…TOSHIを探す…。

 

残念ながら映画館のスクリーンではTOSHIが何をしているのか謎。

 

そしてTOSHIにバトンタッチ。

YOSHIKIは花道先端に放置されているドラムへと。

 

そして「I.V.」がそのまま始まる!

 

なるほど。台湾「本当にやる夜」と同じ演出ですね。

演奏したままステージに戻るドラム。

 

コンバイーーン!!!!

 

(わかる人だけわかればいいです。)

 

 

11.X

 

TOSHI「ラストナンバーいくぜー!!」

 

(へ?日本語?笑)

 

TOSHI「アーユーレディー!ニューヨーク!!ウィーアー!ウィーアー!」

 

ねぇ?日本だと思ってるでしょ?(笑)

一瞬、日本語で煽ったあと、英語になるんですよね~。

 

これも間髪入れずにスタート。

もちろんステージからはCO2噴射!

 

なんか…この曲グズグズに聞こえたのですが…。

楽器も歌もバラバラ?TOSHIも途中で止まったり。

イヤモニを気にして抑えていたり。

もしかして何かトラブルだったのかな?

それとも花道で歌うとイヤモニが届かない?

花道真ん中でソロを演奏するPATASUGIZOもおかしかった。

何かSUGIZOの手元を見ながらPATAは演奏してましたね。

 

メンバー紹介もちゃんと7人。

 

が!!なんと!!

 

いつもはTAIJIHIDEの順番なのに、

今回はHIDETAIJIでしたね~。

まあ…そんな細かいことはいいんですが…。

特に決まりはないのかな(笑)

 

中盤のYOSHIKIウィーアーも短くて非常に良い。

TOSHIドラムで遊ぶ。

花道には突如紙ふぶきが噴射!舞う!それも凄い量!

え?え?このタイミング?それで合ってる!?

ウィーアーウィーアー言ってるタイミングで噴射なの!?

これ…間違えたんじゃないの?(笑)

と思えるほどおかしなタイミングでしたが…。

(後から知りましたが、この紙ふぶき「X」マークだったとか。)

 

そしてバンド演奏に戻り、曲も終盤。

 

ここで初めてTOSHIが「バイバイ」。

 

 

 

 

ENCORE 01

 

YOSHIKI5分で登場。

 

5分!?

 

5分!!??

 

やれば出来る子。何故今までやらない。

 

ピアノで合衆国歌「星条旗」を演奏。

 

YOSHIKITOSHI元気?ニューヨーク楽しんでる?」(英語ね)

 

YOSHIKIWhere is PATA? Where is HEATH? Where is SUGIZO? Where is HIDE? Where is …… TAIJI?

 

それは反則…ダメでしょ…。

何故そんな自爆する…。

さすがの自分もウルウル…。

声が震えるYOSHIKI…。

 

TOSHIは先日誕生日でした。とYOSHIKI

 

YOSHIKSUGIZO弾いて~」

 

ギターで誕生日の曲を演奏。

照れくさそうにそれを見ているTOSHI

 

会場ではファンも歌ったんですかね?

 

 

そして珍しくYOSHIKIの隣にはSUGIZOが。

YOSHIKIがピアノ前で話だす。

 

TOSHIと出会ったのは4歳の時。

一緒にバンドを組んで東京に出て、

PATATAIJIHIDEと出会って…。

小さなところでライブをやって。

車を押したり。公園に泊まったり。

そして今…MSGでライブをやっています…。

 

今までの経緯を足早に。

 

そしてスタッフなどに感謝の言葉…。

Violin Solo - Love Theme from The Godfather

 

「これ…LUNA SEAの曲なんだよ。」

と特派員に教えてもらい…。

うちのスタッフが全国を必死にまわり探しました。(ウソ)

そして…やっと見つけました。

Providence」って曲なんですね。

そこからゴッドファーザーのテーマ曲へと。

これは以前NY公演でもやった演出ですね。

何か相変わらずSUGIZOはトラブルが多いのかな?

スタッフに何か指示を出していましたけど。

 

 

06.

 

銀テープが…銀テープが…。

銀テープじゃない!(笑)

何かそれらしきものがボテッと降ってきたぞ?(笑)

歌うTOSHI。当たり前だよね~。

ボーカルですもの。(としみつを)

相変わらずシンバルで遊ぶTOSHI

YOSHIKIはドラムソロちょっとヘマしましたね(笑)

サビ前では、

TOSHI「いくぞー!!」

あれ…?日本語でいいの?(汗)

TOSHI「ニューヨーク!!」

でもやはりサビは歌わないですね…。

まあ解散前もこの曲はそんなもんだったかな~。

(最近DVD見てないので忘れましたが…)

 

 

07.HERO

 

TOSHI「もう1曲。新曲。YOSHIKIが歌って教えてくれます。」

 

YOSHIKI「歌わないよ~(笑)ファッキンニューヨーク!!ウィーアー!!(本日初のウィーアー!)」

 

YOSHIKI「ザイロバンドもらった?ちゃんとつけといてね~。」

 

むむむ…。まさかNYでもやるとは(笑)

(あれは失敗だって…。)

で、MCも同じとは…。MCも横浜アリーナでリハーサルだったの?(汗)

 

(もちろんここまで全部英語です。)

 

練習時間。

 

皆さんに残念なお知らせがございます。

この曲を生でちゃんと聞くことは一生ないでしょう。

Xの曲は全曲ライブで聴いてきました。

過去1度しかやっていないバンドバージョンでの「Say Anything」もです。

自分がNYに行かなかった唯一の後悔はこの曲。

完全に歌うこの曲を生で聴く機会はここでしかないと思ったから。

と…思ったのですが…。

歌わなかったですね(笑)

ここでこの曲を完全に歌わなかったということは、

今後もないです。歌わないです。

本当に残念です…。

最高音も歌わなかったですね…。

もうライブで出ないキーで作るのはやめましょう(笑)

これだと「Scarlet Love Song」も無理ですね。

 

 

08.Born To Be Free

 

オイオイ始まりの「Born To Be Free」。

自分は横浜アリーナ1日目で気が付かなかったんですが、

このMSGでもPATAHIDEのギター「クジラ」を使っているんですね。

どういう経緯で使っているのかわからないですが、

この曲でレコーディングに使ったわけでもないだろうし、

やはりPATAの想いなんですかね…?

そもそもPATAってほとんどギターを交換しないのですが。

この曲ってチューニングが違うんです?

(ちゃんと調べてなくてすいません)

 

 

Piano Solo - Improvisation - Swan Lake - UNFINISHED

Drum Solo

 

Born To Be Free」後にTOSHIの「バイバイ」無し。

いや…それが合図というわけでもないんですけど(笑)

横浜アリーナでは「バイバイ」があったので、

ここで本編終了としましたが。

MSGでは「バイバイ」無し。

ここが横浜アリーナとMSGでの大きな違いでしょうか?

それを証明するかのように、

会場にはすぐに「LARGO / Haendel」が流れる。

はい。薔薇投げ儀式のお時間です。

 

横浜アリーナでは10分間のインターバルがありました。

両日とも完璧に10分でした(笑)

これは計ってやっているんだろうな~と思うほどに。

今回はそれが無し。

これは間違いなく繋げようと思ったのでしょうね。

そりゃそうです…。

本編だけだと1時間15分ほどで終わりですもの…。

 

ピアノソロはほとんど横浜と同じ。

即興も特に変わりなく…。

って…それは即興ではなくなってしまうのかなぁ…。

HERO」に似たコード進行のアレですね。

 

そして雷からのドラムソロ。

これも同じ。そしてザイロバンドの点灯!!

って…!?え!?こんな少ないの!?

ってほど…ザイロバンドを持っている人が少ない…。

これって…現地では配られてないの?

もしかして日本からファンが持ち込んだの?

ってことはないよね…。まさかね…。

今回はどうすれば手に入ったのですかね?

あまりにも少なすぎて効果もなく…。

というか…。そもそもドラムソロと同時に光ったところで…。

嬉しいか!?(汗)

どちらかと言うとドラムのほうを見たいのでは…?

 

ドラムに立ち上がるYOSHIKI

その陰とスクリーンの羽根が重なり天使のシルエット。

と…思ったら…YOSHIKIではなく、天使のシルエットでした(笑)

 

そんなわけで…YOSHIKI様はドラム台と共に花道を移動。

そう。これがやりたかったんですよね。たぶんね。

これを海外で見せたかったんでしょ?

進むYOSHIKI。進めYOSHIKI。飛べYOSHIKI

花道の先端に辿りつくと花道ごとせりあがる。

日本とは違いますね。リフトの上に乗っている感じです。

なので回転はしません。

回らないYOSHIKI

ちなみに…台湾「本当にやる夜」では、

上がったまま回転して進みました。

(すいません…思い出して笑ってしまった…笑)
そして横浜2日目と同じくシンセで「Say Anything」足ドコドコ。

ひとしきり叩いてステージでパイロと共に終了。

仕切り直しです。

 

 

09:00

 

 

ジャストでスクリーンにはMSGの様子が映し出される。

MSG会場には横浜アリーナと同じく「Eternal Melody」が。

会場内(MSG)を観察していると。

 

 

09:02

 

 

SE.MIRACLE

 

早い!!

うそでしょ??というタイミングでスタート。

ステージなどではまだスタッフも右往左往していたのですが…。

映画館でも大きな歓声。立ち上がった人も数人。

スクリーンには大きく髑髏と煙のCGが浮かび上がる。

瞬時、今どこにいるのかわからなくなるほどに…。

そしてYOSHIKI登場。メンバー登場は映らず…。

 

 

01.JADE

 

もうすでに定番となった「JADE」。

TOSHIの「ジェーイド!」という叫びと共に、

花道先端からステージに向かって花火が追い迫る!

これが自分的にMAXの場面!(笑)

そしてこれが唯一日本では出来ない演出でしょうね。

TOSHI。歌う。歌う。9割以上歌う。

ただ最高音はやはり無理なんだね…。

 

 

02.Rusty Nail

 

TOSHI「ニューヨーク!!!!!!」

からの…「Rusty Nail」。

火柱ドカン。

 

映画館からか、本当に音がクリアに聞こえる。

やはり同じ演出ならば1度は映画館で見るのもありだな…。

 

TOSHI…サビは歌おうよ(笑)

明らかに横浜アリーナより調子は良さそうだし、

力強いんだけど…。サビを歌わないと…。

 

 

03.Silent Jealousy

 

YOSHIKIピアノ。からの。TOSHIアカペラ。

素晴らしい声。

でも…他で歌えなくなるなら…いらなくない?(汗)

でも全般的に頑張っている。完唱とはいかないまでも。

最高音はやはり歌わないですね…。

SUGIZOはギタートラブル…ですかね?

ソロが聞こえなかったのですが…。

タッピングだけかな?他の部分も??

この曲でYOSHIKIの後ろに行くTOSHIはもう鉄板なのかな?(笑)

 

 

04.Beneath The Skin

 

TOSHIが英語で紹介。

「ニューアルバムに入る曲です。」

知ってる。それは知ってる。だからそれはいつ?

という突っ込みはしないでおきます(笑)

ピアノパート…というか、中盤ピアノが入ってましたけど、

これって横浜アリーナでも入ってました?

ストリングスも入ってましたよね。

あの時より進化させたのかな?

それとも自分が聞こえなかっただけ?

音のバランスが良くなったのでしょうか?

とにかくこの曲の音源を早く!早く!

この曲が今の楽しみであります。

 

ひとつ残念なのがこの曲でHEATHがほとんど映らなかったこと。

これこそHEATHを映さないでどうするー!

カメラマンわかってないなぁ…。

指弾きHEATHが見たかったのにな~。

 

 

Guiter & Bass Battle

 

セットリストは横浜アリーナの使いまわして、

Guitar & Bass Solo」と書きましたが、

Guiter & Bass Battle」に変更です(笑)

これが一番正しく、情景を表しているような気がします。

PATAからHEATHへと、投げるようにソロを交互に。

珍しく?いや、これもリハ通り?

2人とも花道へと進んで演奏していましたね。

後半は2人でジャム。

ねぇ…ねぇ…2人で曲書いてよ(笑)

即興ジャムでもかっこいいよ!

それにメロディーと歌詞つけちゃおうよ!

ってか、この部分って「WRIGGLE」でいいんじゃね?

 

 

05.DRAIN

 

DRAIN 2015」と書くべきか…?

真相がわからないので…「DRAIN」のままで。

WRIGGLE」から「DRAIN」の流れだと、

更に盛り上がると思うんだけどなぁ~。

で、これは横浜アリーナでも議論されていましたけど、

TOSHIが歌えないのか。

HIDEの声を引き立てるため歌わないのか。

どちらなのでしょうか。

ただ、横浜アリーナでは部分的にHIDEの声とかぶらせて歌っていたので、

HIDEに助けてもらっている」というのが正しいような。

やはりHIDEの曲が存在しているってのはいいですね。

映像や音より楽曲でHIDEを感じたい。

 

横浜アリーナと同じく、

TOSHIClap your hands!!」からスタート。

は!?手拍子じゃないだろ!!歌謡曲じゃないんだから!!

ここは「Head banging」だろーに!!

 

と…座っているわたくしめが心の中で呟きました。

20141011

X JAPAN WORLD TOUR 2014 at Madison Square Garden

in New York, USA

 

 

さて。感想を書く前に…。

結局のとこの、今回のライブの正式名称って、

X JAPAN WORLD TOUR 2014 at Madison Square Garden

これでいいんですかね?

最終的にこれで統一されているような感じではありますけど…。

ちなみに、最初に発表された時には自分は、

X JAPAN WORLD TOUR 2014(仮) at Madison Square Garden

と書いていますね。

決まった時から「ここからスタート」とYOSHIKIが言っていたので、

この後も続いてアリーナツアーでもやるのかと思っていましたが。

結局のところは…なさそうですね。

 

まあ…それはいいとして。

 

 

本日は「南大沢のTOHOシネマズ」にお邪魔してまいりました。

うちからは3番目?4番目?に近い場所ではありますが、

空いてるかな~。帰りにはアウトレットで買い物しよう~。

的な感じでここを選んでみました。

あと、電車でも車でも行きやすいので(笑)

 

 

そんなわけで、昔から行きなれていた映画館。

もう本当に横浜アリーナで大変満足してしまっていたので、

ここに書くためだけ。という感じで見てきました(笑)

同じセトリなことも当然わかっていましたし、

そこに期待をしてもいなかったので(悪い意味ではなく)

とにかく落ち着いて見たい。と。

盛り上がりたい人たちには申し訳ないですけど、

しっかり座って、しっかり音を聞きたいと。

もし、自分がNYに行っていても、

たぶんスタンド席を確保して座って聞いていたと思います。

 

ああ…反感買いますかね?(汗)

でもライブってそういうものだと自分は思いますので。

同じライブを見るなら、違う角度、違うスタンスで見たいです。

なので今回は音を楽しみに行ってきました。

 

映画館ではグッズも売られていましたが、

横目で少し見た程度でスルー。

本当にすいません…興味ないもので(笑)

Xとしては本当にいらないお客ですよね…汗)

バスタオル・Tシャツ・マジソンバッグ。

このあたりは遠くからでも確認出来ました。

だいぶ売り切れていたようですが、

帰りには更に追加されていましたね。

皆さん選ぶことも忘れ、わしづかみで買われていましたが(笑)

マフラータオル・フラッグ・YOSHIKI Tシャツなどが追加されていました。

 

(いつもの悪い癖…長くなってしまうので…はしょりはしょり…)

 

 

08:55

 

 

ほとんどギリギリで館内に入る。

かなり埋まっていましたね~。

満員とまではいかいまでも、

ほとんど空席は見当たらない状態。

 

 

09:00

 

 

ジャストでスクリーンにはMSGの様子が映し出される。

 

映画館から見たMSGの様子をここで少し記載しておきます。

 

アリーナには真ん中に花道。

もちろんスタンディング。

花道真ん中あたりから前方部分、左右に2つのブロック。

(これをVIPエリアと呼ぶのかな?詳細はわからないですが、ここでは便宜上VIPエリアと呼びます。)

VIPエリアには左右10名ほどのファン。

あれ?何故こんなにもスッカスカ?開場が遅れているのか?

そのVIPエリアの内側にカメラ用クレーンなどなど。

ステージとVIPエリアまでの間にも機材もろもろ。

こんなにも機材が前面にあることって…あるのか!?

花道真ん中あたりから後方は全て同じエリア。

(ここでは便宜上Cブロックと呼びます。日本式。)

Cブロックは当然、花道にべたつき。

「五平餅」です。わかります?

わからない人はググってください(笑)

故に花道から離れたスタンド方面と後方はスカスカ状態。

更にCブロックから左右スタンドまでの間には大きな通路。

「アリーナ席は売り切れ」だったはずですが…。

これはどうひいき目に見ても…スカスカ。

同程度の「さいたまスーパーアリーナ」の

スタンディングライブ(METALLICA)を

スタンド席から見たことありますが、

普通なら通路以外はキツキツ。

ブロックを柵で囲まれていて後ろに柵まで人はいっぱいになります。

もちろん左右も一緒。

ASIA GIRLS EXPLOSIONでもこんな感じでしたね。

危険だから?とも一瞬思いましたが、

Xファンは他のライブより全然大人しいので大丈夫なはず。

 

時間軸は前後しますが…。

 

数曲過ぎたあたりからVIP席が完全に埋まる。

これは現地の声が聞こえてこないのでなんとも言えないのですが、

VIPだけ開場が遅れたのでしょうか?

それともCブロックから人を少し流したのでしょうか?

どちらかというと後者のような感じはしましたが。

 

アリーナだけですと…数千人いましたかね?

自分は3000人いたかな?という印象ですが。

2000人規模のライブハウスって結構大きいですよ。

それを考えると…。

 

1階スタンド席はほぼ満員。9割以上埋まっていた?

ただ場所によってはゴッソリ抜けているところもありましたね。

最初機材の関係で見切り席?とも思いましたが、

そういう感じでもないように思えました。

 

2階席はほぼ空席。

完全に空席…というわけではなかったですが、

ほとんどいませんでしたね。

1階に回しても良かった程度の人数。

 

そんなわけで全ての人をアリーナ席に回したらちょうどよい感じ?

もちろんスタンドは全て封鎖になってしまいますけど。

 

ちなみに。満員御礼状態のマドンナのMSGライブ写真。

 


 

こうやって書くと…また鋭い竹やりで突かれるので先に断っておきます。

ライブなんて満員でもスカスカでもどうでもいいのです。

問題は自分がどれだけ盛り上がれるか。ですので。

ただ、今後の参考にもなりますので記載しておきます。

次はどの規模でライブするのか。

どの規模ならチケットが取りやすいのか。

そういった参考資料として。です。

 

 

ああ…もう…本当に脱線…脱線…ですね…。

 

 

はい。仕切り直し。

SE.MIRACLE

01.JADE

02.Rusty Nail

03.Silent Jealousy

04.Beneath The Skin

--.Guitar & Bass Solo

05.DRAIN

--.Violin SoloGod Father Theme

06.

07.HERO

08.Born To Be Free

--.Piano & Drums

(白鳥の湖 UNFINISHED

09.Forever Love

10.I.V.

11.X

 

ENCORE 01

 

12.ENDLESS RAIN - Short Ver.

13.ART OF LIFE - 2nd movement

 

 

SE.Forever Love - Last mix

SE.Tears - English Ver.

TWITTER


EXPERIENCE TWITTER

MOBILE ADDRESS
http://
twtr.jp/user/Retsu24/status
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
アーカイブ
カウンター
ブログ内検索
Template by Crow's nest