忍者ブログ

■   X JAPAN -  N E W S   ■
最新CM
[08/01 ry]
[07/31 246]
[07/30 名無しさん]
[07/30 名無しさん]
[07/29 たかし]
[07/29 みな]
[07/29 花]
[07/28 なつ]
[07/27 KAZU]
[07/27 KAZU]
[07/27 花]
[07/27 定]
[07/26 名無しさん]
[07/26 花]
[07/26 Ⅲ45]
[07/26 むだ]
[07/25 名無しさん]
[07/25 名無しさん]
[07/25 名無しさん]
[07/25 名無しさん]
[07/25 乳井敬]
[07/24 KAZU]
[07/23 りこ]
[07/22 シャネル時計 芸能人 2014]
[07/22 スーパーコピー 時計 ガガ]
HEATH OFFICIAL SITE
TAIJI OFFICIAL SITE
[125]  [124]  [123]  [122]  [121]  [120]  [119]  [118]  [117]  [116]  [115
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

18:20

 

暗転。

 

01.Tears

 

聴こえてきた音は、YOSHIKIのピアノ。

創造の夜はピアノからのスタート。

そのピアノの調べに合わせるように響かせるのはTOSHIの歌声。

まるでYOSHIKIの自宅で歌うTOSHIのように、

ピアノに、歌声に、お互い目で合図を送りながら合わせて音を出している。

 

" Dry your tears with love  Dry your tears with love "

 

1コーラスが終わり、ギタースクラッチの音でバンドサウンドの導入!

ステージ明るいライティング。PATAHEATHが腰掛けて演奏をしている。

TOSHIYOSHIKIに寄り添うように腰掛けて歌っている。

会場は当然オールスタンディング。

LEDモニターにはちゃんとHIDEも存在している。

 

" Dry your tears with love  Dry your tears with love "

 

永遠と伸ばされるTOSHIの声に絡みつくストリングス。

そして女性ナレーションの声・・・。

 

" X JAPAN ・・・ JAPAN ・・・ JAPAN ・・・ "

 

2008年X JAPAN復活、

東京ドーム3Daysの最後の舞台の幕が静かに上がる。

 

02.Rusty Nail

 

今日はドーム3日目。

当然疲労が溜まっているだろうメンバーなのに、

しょっぱなからTOSHIは走る。

YOSHIKIは頭を振り激しいドラミング。首が心配・・・。

PATAもステージを左右に歩き回っている。

HEATHは花道を先端まで向かっている。

 

元気な4人だ!

自分はもう首も体も喉もボロボロだったために、

今日はおとなしくして「観よう」と思っていたけど、

そうはいかない状況に煽られてしまう(笑)

 

- MC -

 

TOSHI「元気だったかー!!」

 

元気じゃないっす・・・でも元気でましたー!!(笑)

 

TOSHI「スタンド!アリーナに負けんなよ!アリーナ!隣の奴に負けんなよ!」

TOSHI「暴れん坊将軍でいけよぉー!」

 

TOSHIの名台詞連発!

 

03.WEEK END

 

10年前の「The Last Live」の時には、

1曲1曲、すべてが「この曲が聞けるのはこれで最後なんだ・・・」

と、すごいネガティブに聞いていたのを思い出します。

この破滅に向かっての「創造の夜」。

Days最終日 " WEEK END " を聞けるのも最後。

でもやっぱりあの時とは違う、すごいポジティブに聞けました。

まだX JAPANはこれからもあるんだと。

今後の活動のプランがないとしても、あの頃とは違うと。

 

04.PATA Guitar solo & HEATH Bass solo

 

TOSHI「ギター・・・パ~タちゃ~ん!」

 

TOSHIMCに導かれるようにステージすべてがPATAのもの!

PATAの早弾きが会場を疾走する。

 

そんなPATAから今度はHEATHにバトンタッチ!

中央花道を歩きながらHEATHのベースが唸る!

花道先頭で座り込み、ベースを奏でるHEATH

目の前です。目の前です!オイラの目の前で演奏してくれています!

オイラだけのために!演奏してくれています!

(あぁ・・・ごめんなさい・・・妄想劇場です。)

 

PATAのギターに導かれるようにステージに戻りだすHEATH

ギターとベースの掛け合い。X JAPAN弦楽隊のアンサンブルです。

 

自分の周りの席からは「HEATHと目が合った!」「私も!」

などなど・・・「いいえ!俺を見たんです!」と負けずにオイラも(笑)

みんな笑いながら「わたしです!」と主張していたのがおもしろかったです(大笑)

 

みんなゴメンね。俺だけのために弾いてくれたのです!!

 

05. HIDEの部屋 - MISCAST DOUBT -

 

そんなX JAPAN弦楽隊に導かれての登場はHIDE

なんとも贅沢な出囃子で現れたのは赤いエナメルの服に身を包んだHIDEです。

RETURNS」の映像ですね。まだPATAの登場もなく、

まったくのソロコーナーであったHIDEの部屋。

でも今回はPATAHEATHもその場で演奏。

そうか・・・この音源は2人とINAの手によってCDに納められたんですもんね。

 

ステージ上を歩き回るのは裸のねぇちゃん(違!)

PATAHEATHが花道を右往左往。

ステージ中央には裸のねえちゃん(違!)

中央スクリーンに映し出されているのはHIDE

本当にこの場で演奏しているかのような演出でした。

 

よくよく考えると " MISCAST " " DOUBT " を演奏するHEATHってかなり貴重ですよね?

PR
COMMENT
name 
title 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
  
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
TWITTER


EXPERIENCE TWITTER

MOBILE ADDRESS
http://
twtr.jp/user/Retsu24/status
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
アーカイブ
カウンター
ブログ内検索
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]