忍者ブログ

■   X JAPAN -  N E W S   ■
最新CM
[08/01 ry]
[07/31 246]
[07/30 名無しさん]
[07/30 名無しさん]
[07/29 たかし]
[07/29 みな]
[07/29 花]
[07/28 なつ]
[07/27 KAZU]
[07/27 KAZU]
[07/27 花]
[07/27 定]
[07/26 名無しさん]
[07/26 花]
[07/26 Ⅲ45]
[07/26 むだ]
[07/25 名無しさん]
[07/25 名無しさん]
[07/25 名無しさん]
[07/25 名無しさん]
[07/25 乳井敬]
[07/24 KAZU]
[07/23 りこ]
[07/22 シャネル時計 芸能人 2014]
[07/22 スーパーコピー 時計 ガガ]
HEATH OFFICIAL SITE
TAIJI OFFICIAL SITE
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

■ 2012年12月28日
SUGIZO SOUL’S MATE DAY EPISODE X DINNER LIVE
at恵比寿アクトスクエア
 
FC限定イベント" SOUL'S MATE DAY " 第10弾開催決定!!
詳細は、後日発表致しますので、もうしばらくお待ちください。
 
 
x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x
 
 
さすがお仕事が早い!
LUNA SEAのあと、すぐって感じですね。
PR
まさかの…ライブ直前リハーサルでの骨折…。
大丈夫か?やるのか?今後のLUNA SEAは?
と…思いましたが…やはり決行したようです。
どうも携帯を見ながら歩いていて段差から落ちたようですね…(汗)
 
 
x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x
 
 
ORICON STYLE
http://www.oricon.co.jp/news/confidence/2016814/
 
● SUGIZO、足首剥離骨折で全治4週間 絶対安静の診断にも「ライヴはやるよ」
 
ロックバンド・LUNA SEAおよびX JAPANのギタリスト、SUGIZOが14日、自身のツイッターで足首を剥離骨折し、「絶対安静全治4週間」と診断されたことを明かした。
 
SUGIZOは13日夕方、「ガーン! ライヴ前日だというのに足首を超捻挫した~!!」とツイートし、ツアーのリハーサル終了後、病院に直行。14日未明に「みんなゴメンよ、明日からツアーなのに、俺の足首、剥離骨折だったよ...(T_T)どおりで超痛いはずだよ...。絶対安静全治4週間だって」と無念の報告をした。
 
 きょう14日に都内のライブハウスでファンクラブ限定ライブが予定され、16日からは大阪を皮切りにツアーがスタート。17日には東京・赤坂BLITZで「SUGIZO GIG 2012 ASCENSION to The CONSCIENTIA」の開催も控える。
 
 ファンの心配の声にSUGIZOは「ライヴはやるよ、間違いなく。明日からのツアー、全力で挑むよ。・・・でも、いつもよりちょっと動きは鈍いかも(/ _ ; )。ゴメンね...」と陳謝。
 
 きょう正午過ぎのツイートでは「痛み止め飲んでるから今の調子は大丈夫よ。今日はFC限定GIG。こんなコンディションだけど、愛しいSMのみんなとの時間は何よりも変えがたいもの。楽しみ・・・」と、絶対安静の診断にもかかわらず、予定どおりライブを行うことを宣言している。
 
 
x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x
■ 2012年09月14日
SOUL'S MATE DAY EPISODE IX
~ PREMIERE of The CONSCIENTIA ~
at LIVE GATE TOKYO
 
・ハンドタオル…¥1,000
 ブラックタオルに蝶の刺繍入り!
・タオルホルダー…¥1,500
 PVC素材のピック型タオルホルダー(カラビナ付)。
 
 
 
■ 2012年09月17日
SUGIZO GIG 2012 ASCENSION to The CONSCIENTIA
at 赤坂BLITZ
 
・Tシャツ SUGIZO … ¥3,500
 SUGIZOのポートレートをモード系にプリント!
 左袖口にSマークロゴ・タグ付。(S/M/L)
・Tシャツ ギター… ¥3,500
 愛機ECLIPSE S-Vのディテールをクローズアップ!
 左袖口にSマークロゴ・タグ付。(S/M/L)
・レディースロングTシャツ… ¥4,000
 愛機ECLIPSE S-VIII を丸ごとプリント!
 左袖口にSマークロゴ・タグ付。(One size)
・マフラータオル… ¥1,800
 愛機ECLIPSE S-VIII を大胆に配置!
・トートバッグ… ¥1,500
 キャンバス地に愛機ECLIPSE S-VIII を丸ごとプリント!
・リストバンド… ¥1,500
 バタフライ・ロゴのラバーパッチをリベットで打ちつけたシャープなデザイン。
・イヤホンジャックチャーム… ¥1,000
 バタフライ・ロゴのチャームがスマートフォン仕様に!
・扇子… ¥2,000
 Sマークによる幾何学パターンが大人なデザイン。
 
 
x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x
 
 
もう本日のライブは終わってしまいましたが、
ここ数日間のライブで販売されるグッズだそうです。
商品画像は公式ページで見れます。
SUGIZOのインタビューなど、
BARKSで特集が組まれています。
 
ああ…こうやって映像を見るとライブ行ってみたいなぁ…。
 
 
x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x
 
 
BARKS
http://www.barks.jp/feature/?id=1000083049
 
SUGIZO特集
 
 
x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x
 
 
BARKS
http://www.barks.jp/news/?id=1000083068
 
● SUGIZO、COLDFEETとの「SUPER LOVE 2012」ライヴ初披露も必見、9ヵ月ぶり単独公演開催迫る
 
UKのアンビエント/トランスのカリスマSYSTEM 7とのコラボレーション・シングル「FINAL OF THE MESSIAH Remix by SYSTEM 7」をリリースし、ジョイント・ツアー<4U_PARISAMSTERDAM & WAKYO Presents “SYSTEM 7 × SUGIZO” TOUR 2012>の開催を発表したSUGIZO。
 
来たる9月17日(月・祝)には、待望の単独公演<SUGIZO GIG 2012 ASCENSION to The CONSCIENTIA>が東京・赤坂ブリッツにて開催される。
 
単独公演としては<SUGIZO TOUR 2011 STAIRWAY to The FLOWER OF LIFE>以来、9ヵ月ぶりのステージとなる本公演。ソロ・アーティストとして、そして、LUNA SEA、X JAPAN、JUNO REACTORとして、さらには舞台「7DOORS ~青ひげ公の城~」の出演・音楽監督など、常にジャンルの壁を超えた多彩な活動を続け、進化を重ねてきたSUGIZO。その集大成とも言える本公演は、全ての経験とポテンシャルが昇華された、新たな進化の扉を開くステージになる事は間違いない。
 
さらに、この公演に先駆け、2002年にリリースされた楽曲「SUPER LOVE」が、盟友COLDFEETとのコラボレーションにより、装いも新たに「SUPER LOVE 2012」として生まれ変わった。
 
ハウス・ミュージックが持つあらゆる要素が融合したハイブリッド・ハウス・チューンであるこの曲は、SUGIZOの向かう新たな方向性を示唆する、光に満ち溢れた至福のエレクトロチューン。先の「FINAL OF THE MESSIAH Remix by SYSTEM 7」とはまさに、光と闇として対極を成していると言える。
 
<SUGIZO GIG 2012 ASCENSION to The CONSCIENTIA>では、この夜限りのスペシャルゲストとして、COLDFEETの2人を迎えての「SUPER LOVE 2012」の貴重な初演が披露されるという。
 
新たな扉が開かれる時は近い。
 その瞬間を、目に焼き付けて欲しい。
 
 
x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x
 
 
BARKS
http://www.barks.jp/news/?id=1000083064
 
● SUGIZO【インタビュー vol.1】FINAL OF THE MESSIAH & SYSTEM 7 × SUGIZO TOUR 2012 編
 
8月29日、待望のデジタル・ニューシングル「FINAL OF THE MESSIAH Remix by SYSTEM 7」がリリースされた。2009年にドロップされ、テクノシーンを震撼させた、今ではSUGIZOのライヴでの定番となっているハードエレクトロ・チューン「MESSIAH」を、UKテクノ界の重鎮であるSYSTEM 7がリミックス、最強のダンス・トラックとして変貌した。また9月にはSYSTEM 7とSUGIZOの奇跡のカップリング・ツアーが決行される。SUGIZOファンのみならず、すべてのクラブミュージックファンに見逃せない豪華なパーティになることは必至! 現在別プロジェクトのレコーディングで東京某所のスタジオに籠るSUGIZOに話を聞いた。
 
◆奇跡のツインギター・チューンであり
 ◆同時に彼らの真骨頂であるリズム&ベーストラックが最高に素晴らしい究極のダンス・トラックが生まれた
 
――SYSTEM 7とは2011年7月27日にリリースされた「NEO COSMOSCAPE Remix by SYSTEM 7」以来のコラボレーションとなりますが、今回のリミックスに至るまでの経緯はどのようなものだったのでしょうか?
 
SUGIZO:去年リリースしたアルバム『FLOWER OF LIFE』も僕の作品群の過去の例に及ばず今までのものと同様積極的にリミックス・プロジェクトを展開していきたいと思っていました。最終的には『FLOWER OF LIFE』すべての楽曲達をリミックスし、まとめたアルバムを計画しています。年末にリリースする予定です。その第一段階として、今となっては関係性が深く、同時に僕自身が大ファンであるSYSTEM 7にリミックスをお願いしたかったのです。
 
――リミックスのトラックに「MESSIAH」を選択された理由を教えてください。
 
SUGIZO:彼らに選んでもらいました。「MESSIAH」は『FLOWER OF LIFE』の最初の一歩でしたし、アルバムから続く流れとしても、もちろん楽曲のインパクトとしても相応しかったと思います。
 
――よりGroovy、より攻撃的、より宇宙的に進化した本作ですが、曲に込められているコンセプトや表現されているメッセージはどのようなものですか? 原曲からの変化はありますか?
 
SUGIZO:とにかく彼らがギタートラックを全面的にフィーチャーして最強のグルーヴを仕立ててくれました。ご存知のようにスティーヴ・ヒレッジは最高のトラックメイカーであると同時に最高のギタリストでもあります。でも彼らの楽曲群でここまでハードなギターが全面的にフューチャリングされているトラックは珍しいです。同時に今回はスティーヴ自身もギターを弾いてくれていて、僕にとっては奇跡のツインギター・チューンになりました。何せ約20年もの間、僕は彼らのファンなのですから。ロッキンなエナジーが爆発しているギタートラックと同時にSYSTEM 7でしか生み出すことのできない彼らの真骨頂であるリズム&ベーストラックが最高に素晴らしい、究極のダンス・トラックが生まれました。コンセプトは相変わらず宇宙へ天昇するかのような世界観、幸福感ですね。同時にオリジナルの「MESSIAH」が持っていた世界の変革をイメージするかのような終末感はそのまま生きています。とは言ってもメッセージとして何か強い意志が込められているけではありませんが…。いずれにせよ彼らと僕の、その宇宙的ケミストリーを感じ、楽しんでくれたら嬉しいです。
 
――タイトルの「FINAL OF THE MESSIAH」ですが、「最後」を意味する「FINAL」が付けられた意図もその辺りから生まれたのでしょうか?
 
SUGIZO:そうなのですが、もっと単純に上がってきた音に対して僕がキャッチしたイメージです。この楽曲のクライマックスという意味でもあるし、大きな目線で言うと、メシアはすでに登場し尽くしていて今後は自分達で世を、世界を切り開け、とでも言いたかったのかもしれない…。
 
――SUGIZOとSYSTEM 7との出会いについて教えてください。
 
SUGIZO:前述のように約20年前から僕は彼らの大ファンでした。幾度となく自分の音楽的な重要なタイミングで彼らから刺激や教えを受けてきました。そして幸運なことに僕が近年様々な局面でおつきあいがあって協力し合っているレーベル「WAKYO(和饗)」さんが日本での彼らのマネージメントでもあったのです。去年デジタルシングルを連発している時期にWAKYOにリミックス楽曲をシングルとして出したい旨をそしてお薦めのリミキサーを訪ねたところ、SYSTEM 7の名を上げてくれたのです。最初は大御所過ぎて無理だろう~、と弱気にも思ったのですが、彼らは僕の音楽を聴いて、そして快諾してくれました。嬉しかったですね~。立場も、ジャンルも、ジェネレーションも、もちろん国籍も関係なく音楽そのもので繋がり合える…当たり前のようでいてなかなか難しいことです。彼らからアーティストであるための大切なマインドを再認識させられますよ。
 
◆ロックバンドでも、テクノでも、確かにその手法は異なるが
 ◆音楽を通して到達したい恍惚感、達成感、感動は実は同じなのかもしれない
 
――前作「NEO COSMOSCAPE Remix by SYSTEM 7」から今作「FINAL OF THE MESSIAH Remix by SYSTEM 7」に至るまで、SUGIZOとSYSTEM 7という2アーティストが、互いに影響を与え合った事、変化した事などはありましたか?
 
SUGIZO:変化…うーん、どうだろう??? とにかく「NEO COSMOSCAPE」以降お互いの交流が始まりました。お互いに元々はロックバンドが始まりの場所で、そこからテクノ、アンビエント、トランスの方向に羽ばたき続けてきた、そのスタンス、在り方自体にとても共感を覚えます。ロックバンドをやっていても、テクノをやっていても、確かにその手法は異なりますが音楽を通して到達したい恍惚感、達成感、そして感動はじつは同じなのかもしれません。あと個人的にはいつも彼らのトラックメイクの絶妙さに感動を覚えます。リズム、グルーヴ、音質、どれをとっても彼らは世界の頂点レベルであることは間違いありませんね。そこからその秘技を学べることことは本当に幸運なことです。音楽の世界の密教のようですね。
 
――SYSTEM 7を始め、Martin"YOUTH" Glover、MaZDA氏、Dub Master X氏、近藤等則氏…など、非常に多彩なアーティストとコラボレーションされてきました。今後もさらに多くのアーティストとのコラボレーションを予定していますか?
 
SUGIZO:今進行中のリミックスアルバムで、またさらに様々なアーティストのみなさんとコラボレーションしています。JUNO REACTOR、MaZDA氏はもちろん、僕がリスペクトする、また僕の周りで共に全霊で活動している音楽戦士達が多数集結しますよ。音楽は相手方とのコラボによって様々な化学反応が生まれ、自分が予想もつかなかったレベルへ跳躍することで可能勢は無限に広がっていきます。リスペクトし合うアーティスト同士で刺激し合い、影響し合い、学び合って、より進化していくのです。それは素晴らしい感覚です。そして僕はこれからもまだまだ切磋琢磨していきたいです。
 
◆本当に豪華なパーティになるはず
 ◆この最高のショウを是非ひとりでも多くのみなさんに体験してもらいたい
 
――間もなく、東京と大阪の2会場で「4U_PARISAMSTERDAM & WAKYO Presents “SYSTEM 7 × SUGIZO” TOUR 2012」が開催されます。SYSTEM 7とSUGIZOの待望の共演となる、このイベントの見所について教えてください。
 
SUGIZO:とにかくSYSTEM 7とSGZがカップリングでツアーする、そのこと自体がエキサイティングですよ! 先日ハンガリーで毎年開催されている世界屈指の素晴らしいレイヴ・パーティ「O.Z.O.R.A.」にJUNO REACTORとして出演してきたのですが、僕らの前日の、同じステージの同じ時間にSYSTEM 7が出演していて、そのパフォーマンスを数年ぶりにじっくり堪能してきました。2人とも還暦を越えているというに、彼らのサウンド、グルーヴ、プレイ、フィール、どれを取っても最強で、まさに現在世界最高レベルのテクノ・パフォーマンスであったと断言できます。そのクオリティ、そして恍惚感は至福そのものです。そんな彼らと対バンする、というのはハッキリ言って大人と子供の差があるほど恐縮してしまいます。が、いち表現者としては、このありがたい機会に心から感謝し、学ばさせてもらい、そして楽しみたいです。
 
――世界をまたにかけ活躍中のDJ YUMMY、アムステルダムからの初来日となるMiss MELERAなど、クラブミュージックファンには見逃せない豪華アーティストのラインナップとなっています。
 
SUGIZO::そのとおりです! 本当に素晴らしいアーティストのみんながこのツアーに華を添えてくれます。最高に艶やかなDJ YUMMYさん、アムスから初上陸のMiss MELERA、僕の音楽的パートナーでもあり僕のプロジェクト「COSMIC DANCE QUARTET」でも共演してるUNI、盟友の素晴らしいクリエーターKOTARO氏、他、さらにヴィジュアル面での僕の最重要パートナーであるチームZAKROCKなど、蒼々たるアーティスト達が参加してくれます。本当に豪華なパーティになりますよ! この最高のショウを是非ひとりでも多くのみなさんに体験してもらいたい、そして音楽、映像、光、を統合して恍惚の世界へ導かれるような感動を知ってもらいたい。必ずみなさんの新たな扉が開かれるはず。
 
 
以降【SUPER LOVE 2012 & ASCENSION to The CONSCIENTIA編】に続く…
 
 
x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x
 
 
BARKS
http://www.barks.jp/news/?id=1000083061
 
● SUGIZO【インタビュー vol.2】SUPER LOVE 2012 & ASCENSION to The CONSCIENTIA編
 
2002年にリリースされた名曲「SUPER LOVE」が、盟友「COLDFEET」とのコラボレーションにより、ハウス・ミュージックが持つあらゆる要素が融合したハイブリッド・ハウス・チューンとして生まれ変わった! 9月11日にそのニューシングル発売を控え、さらに9月17日に赤坂BLITZにて約9ヶ月振りとなる待望の単独公演を行うSUGIZOが語ってくれた。
 
◆グルーヴィーでアゲアゲなテクノ、ダンス・チューンであると同時に
 ◆最高に肉感的な、生々しいエレクトリック・ファンク・チューンが生まれた
 
――2012年の今、この曲が生まれ変わる事になった経緯、数ある名曲からこの曲を選択した理由はどのようなものだったのでしょうか? また15年来の盟友となるCOLDFEETですが、今回コラボレーションするに至るまでの道のりはどのようなものだったのでしょうか?
 
SUGIZO:近年、僕の音楽はよりサイケデリックなテクノ方向へ、エレクトロな方向へ傾倒していき、その中でインストルメンタル曲を中心としてSGZミュージックを追求してきました。同時にこの数年間、ダンスミュージック、テクノミュージックのフォーマットで自分流女性ヴォーカル曲を追求したいという欲求がずっと存在していました。去年末、2つの重要なアルバムをリリースした後すぐに、その欲求がアタマをもたげ始めたのです。そのイメージは、テクノ・フォーマットがベースであり、官能的なヴォーカルものであり、フィーリング、コード感、世界観は昔から大好きだったソウルやファンク、ジャズが根幹であり。すなわち、よりハウスの方向へ進んでいった。そこにどう僕のギターが、宇宙的感覚がクロスオーバーしていけるか、創造は膨らみました。そんな時、たまたま今年、昔リリースしたファンキーロック・チューン「SUPER LOVE」が10周年だったこともあり、この曲を僕流のハウス・チューンとしてリビルドしてみることにトライしようと動き始めたのです。
 
SGZミュージック女性ヴォーカル・シリーズ第一弾としてチョイスしたこの曲を歌ってもらうに相応しいシンガーは誰か、それはもう長い付き合いのLoriしか考えられなかった。僕の音楽の中での女性ヴォーカリストとして、常に彼女の存在は大きかった。そして同時にWatusiさんのプロデュース能力を昔から大リスペクトしていた。なのであれば二人に共同制作を依頼してみたらどうか、とアイデアは非常にスムースに進行していきました。彼らのダンスミュージック・クリエイターとしての、プロデューサーとしてのスキルは日本屈指のものであり、彼らと僕の本気のコラボレーションは、また新しい何かを、世界を創造できるのではないか、と期待しました。そしてありがたいことに、彼らはこのアイデアを快諾してくれました。お互いに知り合って実に15年目の今年、初めてこのようなカタチでガッツリとコラボするに至りました。
 
――10年の時を経て生まれ変わったこのトラックは、どのような作品になりましたか?
 
SUGIZO:手前味噌ですが、僕の審美眼は完璧でしたね。彼らは僕の音楽を創造を越えた素晴らしい方向へ導いてくれました。SUGIZO feat, COLDFEETとしての音楽は、最高に美しい化学反応を起こして、今ここに生を受けました。言ってみれば、あらゆるハウス・ミュージックが持っている、グルーヴィーで、ソウルフルで、ファンキーで、ジャジーで、ロッキンなフィールに、僕流のサイケ感が絶妙に絡み、そして官能的である、唯一無二のハイブリッド・ハウス・チューンが生まれたと確信しています。
 
――まさにそのとおりですね! Loriさんのヴォーカル、SUGIZOさんのギター、Watusiさんのベースが鳴り響く、原曲の持つポップさやクールさはそのままに、最高のダンス・チューンとなっていると思います。楽曲の制作にあたり、この3人のアーティストのコラボレーションはどのように行われましたか?
 
SUGIZO:基本的にお互いにセッション・データをやり取りしながら何度もアレンジのキャッチボールを行いました。まず僕がベーシックなトラックを作り、それを二人が好きなようにイジり倒し、そのデータをまた僕が引っ掻き回し(苦笑)。デモ段階からレコーディング本チャン、ミックスに至るまで何度もその作業の繰り返しでした。ただお互いに自分達のやり方が確立されていますし、音楽を理解しているので、そのスピードは本当に早かったですね。そして何よりもこの15年間の付き合いでお互いの特色、強みをよく理解し合っているので、すべてが明白で澱みの無いコラボレーションでした。詞は10年前の僕の詞をLoriが彼女流にカスタマイズ&英訳してくれて、よりクールに進化しました。そして彼女の歌とWatusiさんのベースはやはり最高に素晴らしく、百戦錬磨の深みと説得力、生命力、そして瞬発力にみなぎっています。
 
今回の僕のプレイは、とにかく16ビートのグルーヴィー・リズムギターが命でした。このアプローチを中心としたギターワークをずっと長い間やりたかったのです。まそれはさにCHICのナイル・ロジャース的イメージです。他に今回重要なのが、近年いつもライヴで一緒にプレイしているファンキーな女性サックス・プレイヤーNAOHちゃんと、佐藤タイジくん率いるThe Sunpauloとしても長く活動している、大ベテラン・キーボーディスト、森俊之さんの存在です。NAOHちゃんはキャンディ・ダルファーを思わせるような、とてもタフ&セクシーなブロウを、森さんはまさにファンク&ハウス・マナー溢れる素晴らしいプレイを、この楽曲に与えてくれました。結果グルーヴィーでアゲアゲなテクノ、ダンス・チューンであると同時に、プレイヤーみんなの生命感溢れるグルーヴが火花を散らす、最高に肉感的な、生々しいエレクトリック・ファンク・チューンに仕上がったと自負しています。
 
――近年の作品は、8月29日にリリースされた「FINAL OF THE MESSIAH Remix by SYSTEM 7」を始め、ダークでアンダーグラウンド、哲学的な印象を強く感じるトラックが多かったように思います。一方「SUPER LOVE 2012」からは、それとは一線を画すような、光に満ち溢れたようなポジティヴな印象を感じます。2012年型のSGZミュージックの向かう先は、このような方向性へアプローチしてゆくのでしょうか?
 
SUGIZO:これからも僕の音楽の根幹として、宇宙的で、ダークで、ハード、そしてスピリチュアルなエレクトロニック・ミュージックを追求していきます。そちらはやはり引き続きインスト曲を中心に、よりサイケデリックな音を展開していくつもりです。同時に官能な世界、そして光に満ちた世界を女性ヴォーカル・シリーズで今後追求しきたいと思っています。こちらのサイドも僕の音楽を表現するうえで重要なエレメントになっていくでしょう。まさに闇と光…ですね。
 
◆このメンバーから生まれるグルーヴ、エッジ、パワー、エナジー、どれも最強にヤバいので、
 ◆是非このハードコアで至福の音の洪水を全身で浴びに来てほしい
 
――9月17日(月) 赤坂BLITZで行われる「SUGIZO GIG 2012 ASCENSION to The CONSCIENTIA」。昨年末のツアー「SUGIZO TOUR 2011 STAIRWAY to The FLOWER OF LIFE」以来の、約9ヶ月振りとなる待望の単独公演となります。今回の公演はどのようなものになりますか?
 
SUGIZO:今回の公演は今までの僕のライヴ形態をよりソリッドにシンプルに研ぎすまし、よりダンサンブルな、エレクトロニックな方向にフォーカスしたライヴになります。去年末のアジア公演でトライした形態とほぼ同じなのですが、その感覚が素晴らしかったこともあって、この方向性を押し進めてみたかったのです。
 
――8年ぶりのオリジナル・アルバム『FLOWER OF LIFE』『TREE OF LIFE』を引っ提げて行った「SUGIZO TOUR 2011 STAIRWAY to The FLOWER OF LIFE」。類を見ない斬新な世界観、表題通りの生命の喜びを宇宙的に表現した、圧巻のパフォーマンスが話題となりました。
 
SUGIZO:話題…となってくれていたらいいんですが(苦笑)。とにかく今までの僕の音楽歴がすべて流入したような、あらゆる可能性を内包した重要なライヴだったと思います。久々に大阪でのワンマン、久々の東京Zepp、本当に嬉しかったですし、過去最強のメンバーによるCOSMIC DANCE ORCHESTRAでの演奏は至福の瞬間でした。ロックという見地、テクノ&エレクトロという見地、サイケデリックという見地、即興音楽という見地、あらゆるSGZ的方法論が最高の状態で昇華した、そんなツアーでした。
 
――「STAIRWAY to The FLOWER OF LIFE=FLOWER OF LIFEへの階段」と冠された前回の公演ですが、「ASCENSION=昇天」と名付けられた本公演では、やはり階段を上がった先へのビジョンを提示するものとなるのでしょうか?
 
SUGIZO:というよりシンプルに2012年、アセンション・イヤーとしてのイメージ先行ですね。もう10年程前から今年に起こりうるであろう何かに皆が注目していましたし、僕自身もこの時を待っていました。何かが大きく変わろうとしているこの時を。と言っても、ライヴでその感覚と音楽的表現とがどう結びついていくのか…リハが始まるまでは未知数ですが(苦笑)。
 
――「COSMIC DANCE SEXTET」と名付けられた今回のバンドですが、参加ミュージシャンは鮫島巧、宮上元克、よしうらけんじ、類家心平、d-kikuと、前ツアーに続き非常に強力な布陣となっています。今回の「COSMIC DANCE SEXTET」からはどのようなパフォーマンスが展開されるのでしょうか?
 
SUGIZO:去年末のアジア公演に基本ラインは近いものになります。「C.D.O.」よりもシンプルで音楽の核だけを抽出した感覚になりますね。音楽的志向をよりフォーカスして、よりソリッドなダンス・ミュージックへアプローチしていきます。そして今回は男クサイですよ~、メンバー全員野郎ですから(笑)! このメンバーから生まれるグルーヴ、エッジ、パワー、エナジー、どれも最強にヤバいので、皆さん是非このハードコアで至福の音の洪水を全身で浴びに来てほしいです。
 
――Special Guestとして「COLDFEET」の参加が発表されました。9月11日にリリースされる新作「SUPER LOVE 2012」でのコラボレーションが話題になっていますが、その生演奏を初めて目にする事ができる貴重な場になりそうです。今回の赤坂BLITZでの共演についてはどのように実現したのでしょうか?
 
SUGIZO:「SUPER LOVE 2012」の共作を彼らに打診した時点で既にこのBLITZ公演は決定していたので、タイミング的にもここで共演できたら素敵だなぁ、と思いまして。10年程前は「SUGIZO & THE SPANK YOUR JUICE」としてLoriとはよくステージに立っていましたが、そういう意味では、本当に久々の共演になります。あ、とは言っても5年程前にCOLDFEETのライヴに僕が数曲参加したこともありました。それでも5年ぶりの共演になりますね。前述したようにBLITZ公演の基本はコアなメンバーでのソリッドなダンス・グルーヴが基軸となりますが、COLDFEETが参加してくれる場面だけはゴージャスで華やかなステージになるでしょうね。曲が曲ですしね (笑)。とにかくお互いにとても気心知れていてリスペクトし合っている、かけがえのない友同士の久々の共演、本当にエキサイティングです! 彼らのパフォーマーとしてのレベルはご存知のように最高レベルですしね。皆さん超期待してください。
 
◆体験できうるすべてのエレメンツを吸収して、より高みに昇っていきたい
 ◆常に精進していきたい
 
――ソロ・アーティストSUGIZOとしての活動に加え、LUNA SEA、X JAPAN、JUNO REACTOR等非常に多彩な活動を展開されています。特に本年は、東京・大阪で行われたバルトークの名作を元にした舞台「7DOORS ~青ひげ公の城~」で音楽監督のみならず準主演を務め、その世界観を凝縮した「7DOORS ~青ひげ公の城~ ORIGINAL SOUNDTRACK」をリリースされました。ソロ以外のフィールドでの様々な活動を経て、ソロ・アーティストとしてのSUGIZOへと還元されるもの、また、影響を及ぼしあったりするものはありますか?
 
SUGIZO:そうですね、ありがたいことにあらゆる場面から僕は常に経験し学ばさせてもらっていますので、それらの養分が自分の中で昇華され、SGZの音楽に多大な影響を及ぼしているはずです。自分自身では当たり前になってしまっているのでよくわかりませんが、僕のこのスタンス、立ち位置で活動しているミュージシャンは極めて稀だと思いますよね。前例のない在り方ですから。自分としては体験できうるすべてのエレメンツを吸収して、より高みに昇っていきたい。常に精進しています。
 
――今後もソロ・アーティストとしては勿論、数多くのプロジェクトでの活動が展開されていきます。今後の予定を、差支えの無い範囲で教えてください。
 
SUGIZO:とにかく今は今月のSGZとしての動き、SYSTEM 7とのツアーと赤坂BLITZ公演に全霊で挑みます。同時に今、去年のZepp公演のDVD制作作業が佳境を迎えていて、それも今月中にはFixしなければなりません。そして来月からは今年後半の目玉としてのLUNA SEAのツアーに集中しなければなりません。X JAPANは来年はまたアクティヴに動くでしょう。YOSHIKIさんに早く決定出してもらわないと(苦笑)。JUNOは来年の早いうちにまた来日公演が実現できそうです。年末にもヨーロッパ・ツアーが組まれそうですがちょっとLUNA SEAとバッティングしそうで難しそうだなぁ…。とにかくそんな状態で常に嵐の中にいるような感覚ですよ…。
 
――世界のオーディエンスに向けて、メッセージをお願いします。
 
SUGIZO:これからも世界中のみんなに向けてガンガン音を、意思を発信していきます。そして、みんなとより強く結びついていきたいです。世界は今、情勢的にとても難しい局面にあるけれど、こうやって音楽やエンターテイメント、アートで繋がっている俺達がより強く理解し合って、世界の人々が理解し合って、この困難を乗り越えていけるはずだと信じています。これからも共に歩いて行きましょう…。東京から愛をこめて。
 
 
x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x
■ 2012年10月24日
SUGIZO LIVE DVD
「STAIRWAY to The FLOWER OF LIFE」
DVD FTMS-12 \5,000(税込)
 
【 収録曲 】
 
01.CONSCIENTIA
02.EXORCISM
03.MESSIAH
04.NO MORE NUKES PLAY THE GUITAR
05.PRANA
06.FATIMA
07.MIRANDA
08.ENOLA GAY
09.INITIATION
10.Elan Vital
11.NEO COSMOSCAPE
12.FOLLY
13.DO- FUNK DANCE
14.TELL ME WHY YOU HIDE THE TRUTH?
15.SLEEP AWAY
 
 
x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x
 
 
あら…更に1か月近くも延期になってしまったようですねぇ…。
まあ…忙しい人なので仕方ないですね(笑)
 
YOSHIKIの突然の帰国で…飲んでいたり…とか。
突然のレコーディングで…とか。
更に忙しくなってしまったのでしょうかね…?
 
いやいや…妄想ですからね(笑)
SUGIZO Facebook
http://www.facebook.com/SUGIZOofficial
 
こちらにSUGIZOの最新インタビューが掲載されています。
これによると…。
 
「X JAPANは来年はまたアクティヴに動くでしょう。YOSHIKIさんに早く決定出してもらわないと(苦笑)」
 
ということなようですが…。
そうなると…やはり来年まで何もないのかな?
 
そういえばLUNA SEAも年末~年始に大きく動くようですね。
自分はよく知らないのですが、
一応スケジュールだけでも。
 
 
Zepp Namba
11月16日
11月17日
11月18日
 
Zepp Nagoya
11月23日
11月24日
11月25日
 
Zepp Fukuoka
12月1日
12月2日
 
Zepp Sapporo
12月8日
12月9日
 
Zepp Tokyo
12月14日
12月15日
12月16日
 
大阪城ホール
12月23日
 
仙台サンプラザホール
12月24日
 
日本武道館
1月11日
1月12日
1月13日
1月18日
1月19日
1月20日
■ 2012年08月30日
SUGIZO Official YouTube 開局
 
SUGIZO Official YouTube
http://www.youtube.com/user/SUGIZOofficial
 
 
ということで。
開局されています!
 
これから続くライブのプロモーションを兼ねてでしょうが、
新曲などの視聴も出来るので重宝しそうですね~。
x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x
 
 
RO69
http://ro69.jp/news/detail/72200
 
● SUGIZO、8/29と9/11にデジタルシングルをリリース
 
SUGIZOが、8月29日(水)そして9月11日(火)にデジタルシングルをリリースする。
 
まず、8月29日(水)にリリースされる『FINAL OF THE MESSIAH Remix by SYSTEM 7』は、9月に行なわれるSYSTEM 7との共演ツアー「“SYSTEM 7 × SUGIZO” TOUR 2012」に合わせて制作されたもので、昨年のSUGIZOのアルバム『FLOWER OF LIFE』に収録されていた“MESSIAH”をSYSTEM 7が新たにリミックスし、タイトルも一新して完成させたもの。
 
そして、9月11日(火)には2002年発表のSUGIZO&THE SPANK YOUR JUICEによるヒットシングル“SUPER LOVE”をCOLDFEETとのコラボレーションによる新しいトラック『SUPER LOVE 2012』としてリリースする。
 本作ではヴォーカルを取るLori FineがSUGIZOのオリジナル詞をもとに新たに英語詞を書き下ろしている。
 
このほか、SUGIZOは9月17日(月・祝)には、単独公演「SUGIZO GIG 2012 ASCENSION to The CONSCIENTIA」を赤坂BLITZで開催するほか、昨年の12月22日にZepp Tokyoで行われたソロツアー最終日をしたDVD『STAIRWAY to The FLOWER OF LIFE』を9月26日(水)にリリースする。
 
『FINAL OF THE MESSIAH Remix by SYSTEM 7』
 価格:¥250 (iTunes)
発売日:2012年8月29日(水)
 レーベル:WAKYO RECORDS
 
『SUPER LOVE 2012』/SUGIZO feat.COLDFEET
 価格:¥250 (iTunes)
発売日:2012年9月11日(火)
 レーベル:GORDIE ENTERTAINMENT
 
<ライヴ情報>
 「4U_PARISAMSTERDAM & WAKYO Presents
 “SYSTEM 7 × SUGIZO” TOUR 2012」
 2012年9月16日(日)@大阪 ユニバース(千日前)
 2012年9月21日(金)@東京 新宿FACE
 
「SUGIZO GIG 2012 ASCENSION to The CONSCIENTIA」
 Special Guest:COLDFEET
 2012年9月17日(月・祝)@赤坂BLITZ
 
 
x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x
■ 2012年09月17日
SUGIZO GIG 2012 ASCENSION to The CONSCIENTIA
at 赤坂BLITZ
 
OPEN 17:30 / START 18:00
TICKET スタンディング \6,500 / 2F指定席 \6,500
入場時ドリンク代別途必要
 
【 出演ミュージシャン 】
SUGIZO - Guitar & Violin
鮫島巧 - Guitar
宮上元克 - Drums
よしうらけんじ - Percussions
類家心平 - Trumpet
d-kiku - Programming & Keyboards
 
Special Guest :
Lori Fine(COLDFEET)- Vocal
Watusi(COLDFEET)- Bass
 
 
x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x
 
 
出演者が決定したそうです!
これももう間近のライブですね~。
■ 2012年09月11日
SUGIZO feat.COLDFEET「SUPER LOVE 2012」
iTunes / レコチョク にて配信開始
 
名曲『SUPER LOVE』が、
COLDFEETとのコラボレーションで
新しいグルーヴ・トラックに生まれ変わった!
 
 
x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x
 
 
だそうです!
 
■ 2012年08月29日
SUGIZO Digital Download
「FINAL OF THE MESSIAH Remix by SYSTEM 7」
 
 
正式タイトルが決定したそうです!
■ 2012年09月26日
SUGIZO LIVE DVD
「STAIRWAY to The FLOWER OF LIFE」
DVD FTMS-12 \5,000(税込)
 
【 収録曲 】
 
01.CONSCIENTIA
02.EXORCISM
03.MESSIAH
04.NO MORE NUKES PLAY THE GUITAR
05.PRANA
06.FATIMA
07.MIRANDA
08.ENOLA GAY
09.INITIATION
10.Elan Vital
11.NEO COSMOSCAPE
12.FOLLY
13.DO- FUNK DANCE
14.TELL ME WHY YOU HIDE THE TRUTH?
15.SLEEP AWAY
 
 
x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x
 
 
9月12日発売予定だったのですが、
残念ながら2週間伸びてしまいました。
まあ…たった2週間…なんですけどね(苦笑)
■ 2012年 07月31日 - 08月15日
SUGIZO Charity Crystals 第2弾 一般店頭予約販売
 
【 北海道 】
ROSHIE
北海道札幌市中央区南2条西4丁目地下街ポールタウン
電話:011-231-0606
 
【 宮城 】
River's ground
宮城県仙台市青葉区中央2-7-30 角川ビルB1F
電話:022-716-3133
 
【 東京 】
銀時原宿本店
東京都渋谷区神宮前3-24-5NIXビル2F
電話:03-3401-7832
 
【 神奈川 】
EMBRYO
神奈川県横浜市中区桜木町1-1-7 コレットマーレ3F
電話:045-263-8905
 
【 大阪 】
Ark secret base
大阪府大阪市中央区西心斎橋2-11-10 ヒライワビル
電話:06-7492-8407
 
 
x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x
 
 
以前FCのみで販売されていたものが、
一般でも販売されるのですね。
あくまでも予約販売ですので、
購入希望の方はお忘れなく!
■ 2012年09月14日
SOUL'S MATE DAY EPISODE IX
~ PREMIERE of The CONSCIENTIA ~
at LIVE GATE TOKYO
 
OPEN 18:15 / START 19:00
TICKET ¥6,300 + ドリンク代別
 
 
x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x
 
 
FC限定のライブですね。
これでSUGIZOの9月のライブは4本決定!
■ 2012年07月22日
SUGIZO 飯田てつなり応援演説 in 下関
 
先日、SUGIZOが山口県での選挙の応援演説を行ったそうです。
当選はしなかったそうですが(汗)
 
http://m.facebook.com/photo.php?fbid=
3383358313423&set=a.3281883576618.2115561.
1553451884&type=1&relevant_count=1&_rdr

■ 2012年08月29日
SUGIZO Digital Download 「MESSIAH - Remix - (仮)」
 
アルバム『FLOWER OF LIFE』収録楽曲『MESSIAH』のSYSTEM7による
最新リミックスがデジタルシングルとして8月29日(水)配信リリースされます。
 
タイトル、価格など詳細は決定次第お知らせ致します。
 
 
x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x
 
 
だそうです。
ライブ前の配信…でしょうかね?
それともまだ他に新曲はありそう??
■ 2012年07月16日
ピエールナイト 海の日年越しライブ at LIQUIDROOM
 
自分はこのピエールナイトというものが、
なんだかまったく理解していないのですが…(汗)
 
そんなピエールナイトの記事が出ていました。
 
 
x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x
 
 
ナタリー
http://natalie.mu/music/news/73114
 
● 盟友&先輩勢揃い!ピエール中野生誕イベントで混沌競演
 
凛として時雨のピエール中野(Dr)が企画するライブ&DJイベント「ピエールナイト 海の日年越しライブ」が、7月16日に東京・LIQUIDROOM ebisuにて行われた。
 
 ピエール中野が自身の誕生日にちなんで、昨年から開催している「ピエールナイト」。今年はチケットがソールドアウトするほどの盛況ぶりで、開場中のDJタイムを含め約5時間にわたるパフォーマンスが展開された。
 
 いついかなるときもサービス精神にあふれたピエール中野は、開演時刻の18:00を迎える前からエンジン全開。前田博章(DJ)とともに盛り上がり必至のナンバーをスピンしつつ、ステージでPerfumeの「レーザービーム」にあわせて生ドラムを叩いたり、この日のためにレンタルしたというX JAPANのYOSHIKIと同じタイプの銅鑼でイベントの開会宣言をしたり、Xジャンプをオーディエンスと一緒にしてみたりと普段以上にやりたい放題。フロアを十分にあたためると「今回の『ピエールナイト』はバンドが多めです」とアナウンスし、DJイベントでベタ惚れしたというバックドロップシンデレラを呼び込んだ。
 
 そしてステージに現れたのは、ルックスもサウンドも個性的な4人組。狂気をはらんだハイテンションなボーカルや、絶妙なバランスで拮抗するバンドアンサンブルに開場は大盛り上がり。でんでけあゆみ(Vo)はマイクを持ったまま何度もフロアに飛び込んでは絶唱し、鮮烈な印象をオーディエンスに刻み付けた。
 
 次のアクトの前にはピエール中野が、「nakano kill you」にあわせてエアドラムを披露し、さらにLUNA SEA「Desire」を流すなど独自のDJパフォーマンスで観客を楽しませる。そのあとに続いた後藤まりこは、白いワンピースをはためかせながら駆け込むようにステージに登場。ギター、ベース、キーボード、ドラムという4人編成のバンドを従え、ポップなメロディに乗せてときにあどけなく、ときにアンニュイにチャーミングな歌声を響かせる。曲間にはピエール中野について「まーくんはいいヤツです」とコメント。さらに「うーちゃん」というタイトルの新曲を「今日は『まーくん』にして歌います」と宣言してから、キュートなポップチューンを歌い上げる一幕もあった。
 
 ライブアクト3番手は、この日の目玉とも言うべきCHAOTIC SPEED KINGだ。ピエール中野、takuto(G / about tess)、井澤惇(B / LITE)の3人を中心に、世代もジャンルも超えて多彩なアーティストが即興でセッションをするこのユニット。今年は事前に参加がアナウンスされていた石毛輝(G / the telephones)と岡本伸明(Key / the telephones)、マシータ(Dr)、シモリョー(Key / the chef cooks me)、武田将幸(G / HERE)、SUGIZO(G / LUNA SEA、X JAPAN、JUNO REACTOR)に加え、345(B / 凛として時雨)もスペシャルゲストとして参加し、総勢10名が約30分におよぶ大セッションが繰り広げた。
 
 まずはピエール中野、takuto、井澤の3人がスタンバイしセッションをスタート。そこにマシータ、石毛、岡本、シモリョーが次々とステージに現れ、思い思いに楽器を奏でる。一見秩序のないように見えるセッションだが、誰かのフレーズに呼応するようにリズムが重なり、いつの間にかひとつのグルーヴが生まれ、百戦錬磨のライブアーティストたちのプレイがフロアを惹き付けていく。345がドラムスティックを手に現れるとオーディエンスは驚きの声を上げ、彼女の参戦を大歓迎。さらにSUGIZOが姿を見せると、ステージにもフロアにも一瞬緊張の色が走る。そんな空気を察してかSUGIZOは丁寧にギターを鳴らし、後輩たちをリードするように美しいフレーズを紡いだ。ドラム2台、ギター4本、ベース2本、キーボード2台という編成が揃ったところから、ステージもフロアもますます熱を帯びていく。自らのフレーズをサンプリングしてループさせたり、互いの楽器を交換してみたり、銅鑼を乱れ打ちしてみたり、それぞれが自由に爆音を鳴らしセッションを楽しむ。しかし気ままに音を重ねているようで、10人のアーティストたちの意識はどこかでつながっている様子。轟音はいつしかピエール中野のドラムにあわせて収束していき、ライトが激しく明滅する中でCHAOTIC SPEED KINGのステージは終幕した。
 
 そしていよいよラストアクトに。「ピエールナイト」のトリを務めるのは、昨年に続き玉筋クールJ太郎。オープニングナンバーこそある程度の盛り上がりを見せるが、強烈な下ネタだらけの新曲に客のテンションは降下するばかり。メンバーが卑猥な言葉でコール&レスポンスを試みるも、次第に声は小さくなり、空調の音だけが響く事態に。見かねたクールJことピエール中野は「これでリハやってるとか信じられないでしょ?」と言い放ち、観客を失笑させていた。フロアの空気が微妙になるにつれてステージ上の3人はののしり合いを始め、気付けばただの下ネタトークに変貌。最後は3人の不協和音のハーモニーが響きわたり、玉筋クールJ太郎の1年ぶりのステージは終わりを告げた。
 
 全アクトが終了したあと、ピエール中野は真面目な表情で「(玉筋クールJ太郎で)半分以上いなくなると思ったのに、こんなに残ってくれてありがとうございます。また『ピエールナイト』をやるかもしれないので、そのときはよろしくお願いします」と観客に感謝を告げる。いざ去ろうとしたそのとき、場内が暗転し後輩バンドのHAPPY BIRTHDAYがお祝いの歌を歌いながら登場する。さらにバースデーケーキもステージ袖から現れ、「俺、こんなの聞いてないよー!」というピエール中野のうれしそうな叫びがLIQUIDROOM中にこだました。
 
 
x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x

SUGIZOの応援メッセージ動画だそうです。
 
http://www.youtube.com/watch?v=ovJr2AVuP2w&feature=youtube_gdata_player
 
自分は勉強不足ですので、残念ながらこの方を知りません(汗)
Wikipediaで調べてみてください(苦笑)
 
まあ…あれです。エネルギーシフトを強く唱えている人ですね。
SUGIZOが応援するのは納得…。
 
 
そんな記事でありました(笑)
■ 2012年07月16日
さようなら原発10万人集会 at代々木公園野外音楽堂
 
SUGIZO登壇予定時間:12:00
 
http://sayonara-nukes.org/2012/06/0716sayonara_nukes/
 
 
x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x
 
 
上記デモにSUGIZOが参加するそうです。
あれ?この日はSUGIZOライブですよね??
■ 2012年07月07日
SOUL'S MATE DAY EPISODE VIII
~ THE LASTING SUPPER ~
at JZ Brat SOUND OF TOKYO
 
 
先日、七夕…そしてSUGIZOの誕生日前夜にて、
渋谷センルリアンタワーのJZ Brat SOUND OF TOKYOで
通称「SUGIZO飲み会」というFC限定のイベントが行われたそうです。
 
行かれた特派員に少し話を聞きましたが、
内容は…と言いますと。
イベント費18000円で飲み放題。
参加人数は100名ほど。
 
今回は「トロピカル」(?)がテーマだそうで(笑)
花柄のシャツを着こんでラフに登場したSUGIZO。
オードブルなどもトロピカルなものが多かったと。
 
hideのように、オリジナルカクテルもあったそうです。
あ…フラッグはなかったそうですが(笑)
 
『SENSUAL DARK NIGHT』
・ウォッカ/ヴァイオレットリキュール/ライチジュースのカクテル
1杯¥1,000(税込)
 
こちらもトロピカルですね~。
 
 
SUGIZOは各テーブルに回ってファンと話したり、
SUGIZOの持っているiPhoneを触らせてくれたりと、
かなりお触り(?)も出来る環境にあったとか!?
いやいや…お触りは禁止(?)でしょうが、
間近で接することは出来たようです。
 
逆に特派員は肩を叩かれた…とか(笑)
 
数名(抽選)ですが、オリジナルタンブラーなども貰えたそうで。
 
ディナーショーとは少し違うので、
何か楽曲は…?と思いましたがちゃんと3曲ほど演奏したようですね。
何の曲かは把握していないですがバイオリン…だったのかな?
なんてムーディーな!!
 
最後には参加者全員をお見送りし、
グラスのお土産もあったそうです。
 
 
今回は「飲み会」だったので未成年は来にくい場所でしたが、
(そもそもNGだったのかな?フリードリンクもあったようですが。)
次回はカフェとか?なんて計画もあるとか?ないとか?
 
 
それにしても、何か楽しそうなイベントですね!
そんな間近で接することが出来るなんて…。
そのかわり、倍率はかなり高かったようですが(汗)
 
 
そして…自分はこんなお土産を頂きました!!






 
あ…SUGIZOのお土産ではありません…。
特派員からの貢物です(汗)
 
 
うまーーーー!!!!!
TWITTER


EXPERIENCE TWITTER

MOBILE ADDRESS
http://
twtr.jp/user/Retsu24/status
カレンダー
07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
アーカイブ
カウンター
ブログ内検索
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]