忍者ブログ

■   X JAPAN -  N E W S   ■
最新CM
[08/01 ry]
[07/31 246]
[07/30 名無しさん]
[07/30 名無しさん]
[07/29 たかし]
[07/29 みな]
[07/29 花]
[07/28 なつ]
[07/27 KAZU]
[07/27 KAZU]
[07/27 花]
[07/27 定]
[07/26 名無しさん]
[07/26 花]
[07/26 Ⅲ45]
[07/26 むだ]
[07/25 名無しさん]
[07/25 名無しさん]
[07/25 名無しさん]
[07/25 名無しさん]
[07/25 乳井敬]
[07/24 KAZU]
[07/23 りこ]
[07/22 シャネル時計 芸能人 2014]
[07/22 スーパーコピー 時計 ガガ]
HEATH OFFICIAL SITE
TAIJI OFFICIAL SITE
[449]  [448]  [447]  [446]  [445]  [444]  [443]  [442]  [441]  [440]  [439
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



というわけで、行ってきましたよ!

あの雨の中…蒸し暑い中…。

 

諸々の事情で早めに映画館につき、えっと3時間前ですかね…。

チケットを購入し、食事をし、お茶をし…。

な~んかとっても具合が悪くなってしまって…。

 

帰っちゃいました☆

 

わけはないですが…帰りたくなっちゃいました(笑)

それほど期待していた映画でもなかったですし…。

 

そんなグズグズな気持ちのまま映画館の席についたのですが、

大画面から流れてきた曲は

METALLICA " Fight Fire With Fire "

一気にテンションがアップ!

いやいや、映画でテンション上がるってのはおかしいですから…。

 

自分はもちろんXに注目して行ったわけですが、

他にもMETALLICASLAYERと好きなバンドも出ているので

退屈するはずがないんですよね~。

 

と、ここで、他のバンドの話をしてもつまらないと思いますので、

YOSHIKIのシーンの話をしましょうか。

 

映画はドキュメンタリになっていて、

各国のメタルバンドと歴史を紹介していくのですが、

日本のバンド紹介で出てきたのは、まず伊藤政則。

BURRN!」の編集長。洋楽バンドのレビューなどではお馴染みな人です。

 

そこからKISSの話になり、元MEGADETHのマーティーフリードマン。

日本のバラエティー番組にも出ているので知ってる人も多いかと思います。

 

そして、そこから…Xの写真!YOSHIKIウニ頭時代ですね(笑)

BGMとして流れているのは… " X " !!

昔の「破滅に向かって」の映像から「日比谷野音」

1989年3月16日の日比谷野音ですね。

" " PVで出てくるシーンなのですが、

あれ?このライブ映像…過去なにかに収録されてましたっけ?

なんか非常に貴重な映像なような気がする…。

 

そして…そして…我らがYOSHIKIの登場!!

 

ヨ・・・・・・ヨシキ・・・・・・!?(失笑)

 

いやいや、笑うところではないのですが…。

ついYOSHIKIというと、スタジオでの収録かな?と、

勝手に予想してたのですが、

日本の雰囲気を出すためか、中華街みたいなところに、

イスを置いて、YOSHIKIがチョコンと座っています(笑)

 

他の日本の特集では日本での撮影だったのに…。

まあ撮影時期に日本にいなかったのね…。

髪の毛もちょっと長かったですね~。

復活3Days前後…あたりかな?

 

YOSHIKIの話は期待していなかった通りの内容(汗)

デビュー時にはすごい反感のあったバンドだったことの話から、

お母さんと見に行ったKISSがキッカケでという話。のみ。

 

続いて、マーティーによるXの紹介。

メタルなのにタブーのないバンド。

バラードも美しいという話。

 

そこからシーンはなんと…! " ART OF LIFE " の映像へ!!

これは「RETURNS」の映像ですね。

" ART OF LIFE " の冒頭スローテンポな部分をYOSHIKIのピアノと、

TOSHIで歌い上げ、メンバーもちゃんと写ります。

 

ここでXのシーンは終了。

 

内容的には、まあこんなもんか的な感じでしたが、

映画館という大音量で " X " " ART OF LIFE " を聞いたら

無性にFILM GIGに行きたくなってしまいました…。

 

さて、映画全体としての感想ですが…。

うーん。あれ?楽しかった(笑)

 

コメントにも書かれていましたが

メタルとの政治的・宗教的な絡み。

これはメタルな映画ですから、そういう描き方になっていますが、

これはメタルに限らず、ロックというものの原点なような気もしました。

そう考えると、日本のメタルシーン・ロックシーン・・・音楽。

世界的に見ても独自な発展をしているのがわかりますよね~。

 

SEPULTURAがブラジルの独裁政治的な背景から出てきたことも

まったく知りませんでしたし、

色々と勉強…というか、関心することも多かったです。

 

エンディングでは、インドで初のメタルライブ。

IRON MAIDENのライブ映像で幕を閉じます。

海外のライブは本当にすごいですね~。

なんて言ってもアリーナには席がない!!(笑)

(これ…海外では当然なのです…)

あの数千~数万の人々が押し合いあって暴れているシーンは圧巻。

 

そういえば映画の中でSLAYERのトム・アラヤが言っていました。

 

「日本で始めてライブをやったとき、イスがあるんでビックリした。演奏が始まったら、席など関係なく観客がステージに駆け寄ってしまい一時騒然としたが、その後、警備員の指示にしたがい、最後まで座席でノッていた。」

 

確かに。日本のライブは「大人しい」と有名らしいです(笑)

これからXは海外ツアーを控えていますが、

どんなライブになるのでしょうね…。

 

 

さて、これから " ANGEL OF DEATH " に合わせて頭でも振る練習しときます。

PR
COMMENT
name 
title 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
  
正直いって
その映画 よっちゃんが出るから一応観てみたいとは思っていますが…あんまり期待はしていません…
烈さんの感想文を読んたら…なんか…期待してもいいのかなと(笑)
この土日でまだ上映されていますよね?!
早速 調べてみます~

感想 ありがとうさん!


mimi 2008/09/01(Mon)18:45:42 編集
正直いっちゃうと
見る価値はないです…。
YOSHIKIのシーンは1~2分ですし、
Xの曲が流れるのも10分もありません(苦笑)

ただまあ、こういう映画もあったよという、
記念的に見るのもいいかな~とも思いますよ(笑)
2008/09/02(Tue)01:09:00 編集
割引料金でいかがでしょう?
大画面でYOSHIKIインタビューが見れるのは嬉しいのですが、烈さんがおっしゃる通り、ほんの数分なのですよ・・・
Xの曲もあれよあれよと言う間に終わってしまったという感じですしね・・・

なので、ご覧になるならば水曜日の1000円で見れる日をねらったらいかがでしょう?
1日も1000円だったけれど、過ぎちゃいましたね・・・
残念ながらレイトショーの割引はないそうです。
あ!でも「ヘッドバンキング割引」なる信じられない割引があるそうですよ!劇場窓口で10秒ヘッドバンキングすると200円引きになるそうで~す(←これホントです!)
烈さん、頭振りました?ちなみに私は水曜日に見たので頭振らずに1000円で見ました(笑)
neko 2008/09/02(Tue)01:51:27 編集
なんと…。
ぎゃー!!割引のこと全然知りませんでした…。
結構ショックです…。
だって…木曜日に見ましたから…。
水曜日も見に行くこと出来たんですけどね…。
割引のこと知ってたらnekoさんと出会っていたかも…。

もちろんヘッドバンキングもしませんでした…。
すればよかったな~って…。
入り口のチケット売りのお姉さん居眠りしてました…。
全然関係ないですけど…。
2008/09/02(Tue)01:59:40 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
TWITTER


EXPERIENCE TWITTER

MOBILE ADDRESS
http://
twtr.jp/user/Retsu24/status
カレンダー
11 2019/12 01
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
アーカイブ
カウンター
ブログ内検索
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]