忍者ブログ

■   X JAPAN -  N E W S   ■
最新CM
[08/01 ry]
[07/31 246]
[07/30 名無しさん]
[07/30 名無しさん]
[07/29 たかし]
[07/29 みな]
[07/29 花]
[07/28 なつ]
[07/27 KAZU]
[07/27 KAZU]
[07/27 花]
[07/27 定]
[07/26 名無しさん]
[07/26 花]
[07/26 Ⅲ45]
[07/26 むだ]
[07/25 名無しさん]
[07/25 名無しさん]
[07/25 名無しさん]
[07/25 名無しさん]
[07/25 乳井敬]
[07/24 KAZU]
[07/23 りこ]
[07/22 シャネル時計 芸能人 2014]
[07/22 スーパーコピー 時計 ガガ]
HEATH OFFICIAL SITE
TAIJI OFFICIAL SITE
[4562]  [4561]  [4560]  [4559]  [4558]  [4557]  [4556]  [4555]  [4554]  [4553]  [4552
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

20150911 - 0927

hide crystal project presents RADIOSITY - prologue -

at DMM VR THEATER YOKOHAMA

 

TICKET \5,000 / DRINK \500

公演時間 約60分(LIVE + prologue限定ドキュメンタリー映像)

 

 

201510

hide crystal project presents RADIOSITY

at DMM VR THEATER YOKOHAMA

 

 

2015911日にグランドオープンする

世界最高峰のライブホログラフィック施設「DMM VR THEATER」のこけら落とし公演として

hide crystal project presents RADIOSITY』の上演が決定!

 

名曲の数々に加え、今までオーディエンスを前に披露されたことがなかった「ピンク スパイダー」など

最新のサイネージ技術を駆使したライブホログラフィック演出により2015年、横浜で初ライブ実現!

 

躍動感溢れる動きや表情、ステージを縦横無尽にかけめぐるhideが、

まさに目の前に体感できます。

 

10月からの『hide crystal project presents RADIOSITY』に先駆けて、

hideのライブステージをいち早く体感できる

9月の特別先行プレミアム公演『hide crystal project presents RADIOSITY-prologue-』の

最速特別チケット先行受付が8/14(金)1200 hide-city内 特設ページでスタート!

 

---------------------------------------------------------

hideオフィシャルサイト会員  特別チケット先行

---------------------------------------------------------

■対象:hide-city住民/JETSメイツ/hide mobile-city住民 <住民/メイツ=会員のこと>

■抽選制 ■1IDにつき4枚まで

【エントリー受付期間】8/14(金)12008/19(水)2359

【当選確認・入金期間】8/22(土)15008/25(火)2300

 

 

会員登録は簡単!

登録後、すぐにチケット先行予約をご利用いただけます。

hideオフィシャルサイト内 入会案内からご登録ください

 

 
ttp://www.dmm.com/hide_radiosity/index.html 

 


x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x

 

 

これもまた賛否両論出そうな企画をやりますね~。

「子 ギャル」が発売された時からいつかはやるかな?

と、思ってはいたのですが。

 

> 1993年にhideが発言していた「CGで完璧なビジュアルアーティストを作って、俺はいつの間にかフェイドアウトして。でも『hide』って名前でやっていくの。いつの間にかすり替わってんの。もちろん音楽は俺が作るの」

 

ちょっとだけ突っ込ませてもらうと…。

hidehideを作り出すものと、

hideが不在の状況でhideを作り出すものは全く意味合いが違いますけどね。

 

要するにhide3Dホログラム化してライブをやる。

ということですよね?

 

3Dホログラムというと復活ライブでもやりましたが、

あれはちょっと何か違うような感じもしましたし。

YOSHIKIも本人の3Dホログラムで連弾しましたよね。

たぶんこの2つは同じ方法のものだとは思うんですが、

これは違うような感じですね。

 

でも自分はマイケルジャクソンの3Dホログラム復活の映像を見てしまったので。

 
https://www.youtube.com/watch?v=jDRTghGZ7XU 


これを見てしまうと…何もかも子供騙しに思えてしまって…。

 

どこまでこれに近づけているのか…という意味では、

見てみたいものです。

とは言いつつも、プロローグ上映は見てみたいです。

hideが…ということではなく、映像進化が…というところですかね。

アトラクションとして見てみたい。

 

で、自分的な問題として「LIVE」というからにはバンドもいるんですかね?

まさか…全て出来上がった音源を流すというわけではないですよね?

そうなってくると、全て作り物を見ているようで、

盛り上がらないようにも思うのですが…。

もし、ちゃんとバックバンドがいて3Dhideが歌うのならば、

盛り上がると思うんだけどなぁ~。

やはりライブは生の演奏があってこそ。

そして生のフロントマンがいて観客と呼応したものでない限り、

あくまでも出来上がった映像の域は超えないんですよね。

 

 

x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x

 

 

BARKS
http://www.barks.jp/news/?id=1000118763 


hide、名曲「ピンク スパイダー」がホログラフィックにて初ライブ実現

 

最新鋭の技術を使用した世界初のライブホログラフィック専用エンタテイメント常設劇場として、横浜駅西口に911日(金)にグランドオープンする「DMM VR THEATER」。その注目の第一弾公演コンテンツが、生誕50周年を迎え、様々な記念プロジェクトが展開されているX JAPANのギタリストであり、ソロアーティスト「hide」に決定した。

 

1998年に永眠後、17年経った今もなお、音楽シーンに多大なる影響を与え続け、世代を超えて愛され続けているhide。“まるでおもちゃ箱をひっくりかえしたよう”と賞賛されたライブパフォーマンスが、最新のサイネージ技術を駆使したライブホログラフィック演出により2015年、横浜で初実現される。

 

 常設劇場だからこそ可能になった世界最高峰のホログラフィック表現により、ライブ中の躍動感溢れる動きや表情、さらには髪の揺れや毛穴の一つ一つまで精細に表現し、ステージ上を縦横無尽にかけめぐるhideが、まさに目の前に体感できる演出となっている。

 

なかでも、hideの代表曲でありながらも、今までオーディエンスを前に披露されたことがなかった名曲「ピンク スパイダー」が今回、ホログラフィックにより初ライブがついに実現する。

 

この初回公演コンテンツは2期構成が予定されており、10月からの本公演「hide crystal project presents RADIOSITY」と911()からの先行プレミアム公演 「hide crystal project presents RADIOSITY -prologue-」となる。hideのステージをいち早く体験したいオーディエンスに向けて行われる9月の特別先行プレミアム公演では、ライブの他、先行公演限定ドキュメンタリー映像の上映を予定。この特別先行プレミアム公演のチケット先行予約が2015814日(金)1200よりオフィシャルサイトにてスタートする(http://www.dmm.com/hide_radiosity)。

 

 DMM VR THEATER

2015911日(金)横浜駅西口にグランドオープン

2015814日(金)1200~ チケット先行予約スタート

http://www.dmm.com/hide_radiosity

 

 

x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x

 

 

ナタリー
http://natalie.mu/music/news/157056 


●ホログラフィックでhide「ピンク スパイダー」の“初ライブ”実現へ

 

911日に神奈川・横浜市内に3DCGホログラフィックの専用設備を常設した劇場「DMM VR THEATER」がオープン。初回公演のコンテンツがhideに決定した。

 

DMM VR THEATERは「究極のフォトリアル」を目指し、最新鋭の技術によって本物と区別の付かないほどのリアルな映像演出を可能にするステージ機能を備えた劇場施設。第1弾コンテンツでは、複雑な表情の変化から髪の毛の揺れ、毛穴の1つひとつまで精細に表現されたhideのステージパフォーマンスが体感できる演出が用意されている。

 

またこの公演ではhideの代表曲でありながらもオーディエンスの前で披露されることのなかった「ピンク スパイダー」の“初ライブ”が実現。1993年にhideが発言していた「CGで完璧なビジュアルアーティストを作って、俺はいつの間にかフェイドアウトして。でも『hide』って名前でやっていくの。いつの間にかすり替わってんの。もちろん音楽は俺が作るの」という言葉が現実のものとなる瞬間を、ファンはお観逃しなく。

 

なおhideのホログラム公演コンテンツは911日にスタートする先行プレミアム公演「hide crystal project presents RADIOSITY -prologue-」と、10月からの本公演「hide crystal project presents RADIOSITY」が予定されている。先行公演ではホログラムライブに加え、先行公演限定のドキュメンタリー映像が上映される。

 

 

x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x

PR
COMMENT
name 
title 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
  
TWITTER


EXPERIENCE TWITTER

MOBILE ADDRESS
http://
twtr.jp/user/Retsu24/status
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
アーカイブ
カウンター
ブログ内検索
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]