忍者ブログ

■   X JAPAN -  N E W S   ■
最新CM
[08/01 ry]
[07/31 246]
[07/30 名無しさん]
[07/30 名無しさん]
[07/29 たかし]
[07/29 みな]
[07/29 花]
[07/28 なつ]
[07/27 KAZU]
[07/27 KAZU]
[07/27 花]
[07/27 定]
[07/26 名無しさん]
[07/26 花]
[07/26 Ⅲ45]
[07/26 むだ]
[07/25 名無しさん]
[07/25 名無しさん]
[07/25 名無しさん]
[07/25 名無しさん]
[07/25 乳井敬]
[07/24 KAZU]
[07/23 りこ]
[07/22 シャネル時計 芸能人 2014]
[07/22 スーパーコピー 時計 ガガ]
HEATH OFFICIAL SITE
TAIJI OFFICIAL SITE
[4326]  [4325]  [4324]  [4323]  [4322]  [4321]  [4320]  [4318]  [4317]  [4316]  [4315
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 


20141210

hide 50th Anniversary ALBUM「子ギャル」

 

【 初回限定盤 】

CDSHM-CD仕様)+DVD

UPCH-9962 ¥4,104(税込)¥3,800(税抜)

【 通常盤 】

CDSHM-CD仕様)

UPCH-2004 ¥3,240(税込)¥3,000(税抜)

 

【 収録曲 】

01.子 ギャル ※新曲

 

Bonus Track

02.Junk Story

03.In Motion

04.TELL ME hide with Spread Beaver

05.HURRY GO ROUND

06.ever free

07.ピンク スパイダー

08.ROCKET DIVE

09.GOOD BYE

10.Hi - Ho

11.Beauty & Stupid

12.MISERY

13.TELL ME

14.DICE

15.50% & 50%

16.EYES LOVE YOU

 

Extra Track

 17.子 ギャル(demo)※初回限定盤のみに収録

 

[初回限定盤の収録内容]

hide フルカラーフォト 豪華三方背ケース仕様

CD:“Extra Track”として1998年、アルバム『Ja,Zoo』制作当時のデモ音源を収録

DVD収録内容:※収録順未定

(1)「子 ギャル」プロモーションビデオ

(2)超貴重なパフォーマンス映像

※詳細は決定次第発表します。

(3)CDBonus Track”より14曲のプロモーションビデオ

Junk Story

In Motion

TELL ME (hide with Spread Beaver

HURRY GO ROUND

ever free

ピンク スパイダー

ROCKET DIVE

GOOD BYE

Hi - Ho

Beauty & Stupid

MISERY

TELL ME

DICE

EYES LOVE YOU

【初回限定盤&通常盤共通の封入特典】

hide“スペシャル怪人カード”第7弾を封入!

※スペシャル怪人カードとは?

シングル「ROCKET DIVE」の初回特典として初登場。アイテムごとに8種類が製作され、うち1枚が封入された。以降シリーズ化され、全部で49種類、その他 店舗特典カードも数種類確認されている、コアファンの必須アイテム。hideが子供の頃収集していた仮面ライダーカードがコンセプトであり、ちまたのトレーディングカード・ブームとは無関係に存在した。

※合計5種類のうち、1枚がランダムで封入されています。

※初回出荷分のみの封入となります。

 

 

x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x

 

 

情報掲載が遅くなりましたが…。

 

あえていいます。

これは賛否両論あるでしょうね。

あることも承知での制作・販売でしょうし。

普通ならば自分も「クエスチョン」だったと思うのですが、

hideが出す「最後の新曲」ということで納得しました。

もう本当にhideの残した「音」はこれしかないのだな~と。

もちろん既出曲のデモや

まったく新しいデモ段階…それ以下の音はあるのでしょうが、

世に出せるものは無い…と。

これでhideの全てを出し切ったんだな~。

それならばこういう形であってもスッキリです。

 

ただひとつ…。

この声(VOCAROID)を使って、

他に新曲を出したり、Xの新曲に使ったりするのはやめてくださいね…。

それはもう…HIDEではないので…。

HIDEのそっくりさん。です。

極論を言えば…。

Xのステージにクローンで作ったHIDEが立っているのと同じです。

 

そして収録曲はこの1曲のみ。

さらにボーナストラックとして過去発売されたシングルを、

逆時系列で収録。

初回限定のみのエクストラトラックとして「子 ギャル」のデモ。

DVD…怪人カード…などなど。

VOCAROIDの新技術(hideの声)を駆使したことを考えると、

これで初回盤4000円というのは安いですね。

 

あと、すごく気になるのが…。

この曲は「子 ギャル」なのですか?

それとも「子ギャル」なのですか?

真ん中に半角スペースがあるかどうかは大切なことなのです!!

「ザ」の両脇は半角スペースです。

 

 

 




10
23日スポニチ

 

 

x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x

 

 

スポニチ
http://www.sponichi.co.jp/entertainment
/news/2014/10/23/kiji/K20141023009152950.html
 


● hideさんの歌声がよみがえる…“最後の新曲”をアルバム収録

 

98年5月に死去したX JAPANのギタリスト、hideさん(享年33)の新曲がリリースされる。亡くなる直前に書いていた歌詞とデモ音源をもとに、ヤマハが開発した音声合成技術「ボーカロイド」で歌声を再現。生誕50周年記念で企画され、完成まで約2年を費やした。「最後の新曲」として12月10日発売のアルバムに収録される。 

 

   曲名は「子 ギャル」。作詞、作曲はhideさん。製作された98年当時は女子高生らの間で茶髪にミニスカート、ルーズソックス姿のコギャルファッションが大流行しており、世相を風刺。3分強のロックナンバーで、試聴した関係者は「本人の歌声にしか聴こえない」と口をそろえる。

 

 未発表の新曲発売は、02年7月のベスト盤「hide SINGLES」に収録された「Junk Story」以来。発売元のユニバーサルミュージックは「これが最後の新曲」としている。

 

 hideさんは生前、X JAPAN解散後の初ソロアルバム「Ja’Zoo」(遺作として98年11月に発売)に収録を予定した。しかし、レコーディング直前に急死したため、歌詞とデモ音源だけが残った。歌詞の一部は、神奈川県横須賀市のhideミュージアム(00~05年)で展示されていた。

 

 12月13日に迎える生誕50年を記念し、ボーカロイド技術で歌声を再現。これまでの発表曲から歌声のサンプルを抽出し、緻密につなぎ合わせた。出来上がった歌音に、親交の深かったミュージシャンのINA(49)が息継ぎなどをアレンジし、よりリアルに仕上げた。

 

 生誕50周年記念アルバム「子 ギャル」に収録される。「TELL ME」「ピンク スパイダー」などのヒット曲も収められ、天国からの一足早いクリスマスプレゼントとなりそうだ。

 

 実弟で所属事務所社長の松本裕士さん(46)は「形にすることが不可能だった曲が、最新技術とたくさんの人の努力によって、みなさんに届けられることになりました。生誕50周年というタイミングで“Ja’Zoo”が完結できるとは予想もしていませんでした。夢のようです」と喜んでいる。

 

 

x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x

 

 

BARKS
http://www.barks.jp/news/?id=1000108999 


hide、奇跡の新曲「子 ギャル」発表

 

hide最後の未発表曲「子 ギャル」が完成し、1210日にリリースされるhide生誕50周年記念アルバム『子 ギャル』としてリリースされることが発表された。

 

 未発表曲「子 ギャル」は、199811月に発売されたhide3rdアルバム『Ja,Zoo』に収録される予定だったが、制作途中にhideが他界し、ラフなボーカルによるデモ音源しか存在しなかったため、再現不可能されていた幻の楽曲である。

 

そんな幻の楽曲は、hideの共同プロデューサーであるI.N.Aが、VOCALOID技術と融合させたことにより完成。アルバムとしてリリースすることが正式にアナウンスされた。

 

リリースされる生誕50周年記念アルバムのタイトルは、未発表曲と同タイトルの『子 ギャル』。新曲「子 ギャル」にhideの代表曲15曲を“Bonus Track”とし、新たにリマスタリングした全16曲入りとなる。

 

 今作は、hideファンにはもちろんのこと、まだhideの作品にふれたことがない人にもこの“生誕50周年”という機会に、色褪せない彼のサウンドを体感してほしい、というコンセプトから誕生したものだという。初回限定盤は、CDは“Extra Track”として、1998年、アルバム『Ja,Zoo』制作当時の貴重な「子 ギャル」デモ音源も収録した17曲入りに。DVDには、「子 ギャル」のプロモーションビデオや後日詳細が発表される“超貴重なパフォーマンス映像、そして“Bonus Track”から14曲のプロモーションビデオが収録される。さらにhideフルカラーフォトによる豪華三方背ケース仕様となっている。

 

また、初回限定盤と通常盤の初回出荷分のみの特典として、あのhide“スペシャル怪人カード”の新作がもれなくランダム封入されるとのことなので、ファンは早めにチェックしよう。

 

 

x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x

PR
COMMENT
name 
title 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
  
無題
これに関してはまぁ正直、もういい加減HIDEさんを休ませてあげてほしいと思いましたね。

これはHIDEさん自信が完成させていた曲ではないですからね。現実的な話、勝手に他人に完成されて発売されてもプライドのあるアーティストなら嫌だと思いますよ。

HIDEさんはもういないんです・・・。
こんな最先端技術を駆使して無理矢理発売しなくても、絶対に忘れる事のできない、すべての方々の心の中に伝説の思い出として生きている、それで良いじゃないですか。

tomotika 2014/10/31(Fri)09:53:48 編集
無題
自分は子ギャルをCDで聴いてみたかったから嬉しい方の人間なんですが何故シングルではなくアルバムなの?とは思いました!そこだけがファンに聞かせたいと言うより金なんかなと?あと子ギャルのパッケージこれだとしたらhideっぽくないしダサいですね(;^_^A
ウォーキングデッド 2014/10/31(Fri)11:20:56 編集
無題
これで最後だというなら、いいのかなとは思います

ただ、これを出せるということは、ボーカロイドのhideデータベースが完成している、ということで……

>他に新曲を出したり、Xの新曲に使ったり

一度データベースができている以上、このへんはたやすいということです

……亡霊のような存在にはしてほしくないな、と思いますがねえ……
jun 2014/10/31(Fri)13:14:03 編集
無題
賛否両論は必至での発表だと思います。私は、あの5月2日を忘れる事はできません。多くのファンがそうだと思います。出来る事なら時間を戻したい、HIDEちゃんにもう一度逢いたい、それはファンの切なる願いであり痛恨の極みでもあります。純粋に音楽を楽しむ人には邪道かも知れませんが、私はそのタブーを犯しても最期の、本当の最期のHIDEちゃんの創造ろうとしたものに触れたいのです。十数年経っても傷は残ったままです。
2014/10/31(Fri)13:54:54 編集
もっと言ってしまえば
>手に他人に完成されて発売されてもプライドのあるアーティストなら嫌だと思いますよ。

自分は「Junk Story 」も「In Motion」も微妙な心境です。
未完成で終わってしまっていたのか、hideがボツにしていたのか。
その辺は定かではないですが、
「hideの曲」ということで聴くと、完成度が低いです…。
更に…更に…では「Ja,Zoo」はどうなんだい?と。
本当にあの形でよかったのか?という想いもありますよ。

でも本当にこれが「最後の新曲」であるならば、
区切りがつきます。
そしてhideの生声ではないし、機械の声であるし。
でもギターはhideなの?作詞・作曲だけがhideなの?
その辺も気になる所ですが、もうこれで終わりにしましょうという感じです。
なのでとてもポジティブに捉えることが出来ました。
(映像関係はまだまだ未発表蔵出しがありそうですけどね)

hideが作った楽曲を近代技術を駆使して復元した。

それでいいのかなぁ…と。


最近、マイケルジャクソンやQUEENも色々なもので復活していますね。
マイケルジャクソンなんかは3Dホログラムで新曲とともに踊っています。
自分は凄く感動しました。まだマイケルがいるー!と。
永遠のエンターテイナーだな~と。
永遠のエンターテイナーであり続けようとしたマイケルの意思であるとも思っています。
当然これも大きく賛否両論あります。
でも自分はそれで感動しました。

そして今回のhideを否定してしまうと…。
マイケルで感じた感動も否定しないとならなくなってしまいます…。
なので、自分は肯定しなければならないのです。

でももう…本当にこれが最後だと思いますので。
微かかもしれませんがhideを感じてみようと思います。
2014/10/31(Fri)23:31:12 編集
無題
自分としてはスプレビ界隈、或は稲田さんとかが
まだまだhideネタ引っ張って行くぞという意気込みなのか
それともユニバーサルが、やれよやれよと煽られて出来たものなのか。

色々考えられるなか、個人的には「もう、良いんじゃね?」と思ったりするのです。

Xみたいにオリジナルアルバムより編集盤の方が多くなってしまったような。
そうやって、釣るのが余り好きではないなぁと思います。

そういえば。
「HIDE YOUR FACE」SHM盤はきちんとリマスター処理したんでしょうか。
ううむ…。 2014/10/31(Fri)23:59:23 編集
無題
私も先の方達と同じように、もうそろそろhideさんを休ませてあげてほしいな...の一言です。

色々大人の事情が絡んでいるんでしょうが、生誕50周年とかメモリアルイベントとか、もうたくさんです...そんな事しなくても、皆それぞれで彼を思えば良いんではないでしょうか??

今回のボカロもこれで最後にしてほしいです。

ただ、今年の夏も映画とか上映予定ですよね...どこまでhideをひっぱるんだろうって正直すごく複雑な気持ちでいっぱいです。
eiko 2015/02/14(Sat)14:37:25 編集
TWITTER


EXPERIENCE TWITTER

MOBILE ADDRESS
http://
twtr.jp/user/Retsu24/status
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
アーカイブ
カウンター
ブログ内検索
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]