忍者ブログ

■   X JAPAN -  N E W S   ■
最新CM
[08/01 ry]
[07/31 246]
[07/30 名無しさん]
[07/30 名無しさん]
[07/29 たかし]
[07/29 みな]
[07/29 花]
[07/28 なつ]
[07/27 KAZU]
[07/27 KAZU]
[07/27 花]
[07/27 定]
[07/26 名無しさん]
[07/26 花]
[07/26 Ⅲ45]
[07/26 むだ]
[07/25 名無しさん]
[07/25 名無しさん]
[07/25 名無しさん]
[07/25 名無しさん]
[07/25 乳井敬]
[07/24 KAZU]
[07/23 りこ]
[07/22 シャネル時計 芸能人 2014]
[07/22 スーパーコピー 時計 ガガ]
HEATH OFFICIAL SITE
TAIJI OFFICIAL SITE
[378]  [377]  [376]  [375]  [374]  [373]  [372]  [371]  [370]  [369]  [368
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

自分はへんなクセがありまして…。

 

お風呂の中で携帯をいじったり、本を読んだりするんです。

もちろん、ここ数日はhide BIBLEを読んでいるわけですが、

これがなんともまあ、ふやけてしまうわけですよ。

あまりにも読み応えがあって、やめ時がね…。

 

そんなわけで。

 

ちょこちょこかいつまんで読んでいます。

Xメンバー・SUGIZOINAGEORGE・東海林のり子…。

 

Xメンバーのところなんか、2度読んでしまいました。

 

が、ちょっと残念だったのが、YOSHIKIのインタビューが密度が薄かったですね…。

時間がなかったのか、インタビュアーの問題だったのかわかりませんが…。

 

HIDEだけのことではなく、Xの過去の話など、

よく聞く話もありましたが、楽しいエピソードもてんこ盛り。

 

 

自分は結構冷たいファンなのです。

 

X JAPANはあくまでバンド。鳴かないホトトギスには興味なし。」

 

と、現役時代も、解散後も、そのスタイルで応援し続けてきました。

でも改めて、こうやってXを振り返ると、

Xって音楽を生産するバンドだけではなく、

本当に家族みたいな集合体なんだな~と感じてしまいます。

 

Xにとっての音楽とは、表現の1つの方法であり、

それ以上の繋がりのある仲間なんだな~と。

 

だからこそ、自分はこの10年間、

ずっと再結成すると信じてファンを続けていたのかもしれない…。

 

また集まってやることが必然だったのかもしれないですね。

そして、それに導いてくれたのは、やはりHIDEだったのだと思う。

オカルトな話ではなく、HIDEの意思。HIDEの気持ちとして。

 

 

よくする話なのですが、

幸福なことに、自分の両親はまだ健在です。

もし、もし自分の親に不幸があったとして、

その10年後に涙を流し、悲しむことが出来るでしょうか…?

 

もちろん未来永劫、悲しむことがよいとは思いませんが、

思い出し、思い返し、悲しんでいるとは思えないのです。

 

それなのに、何故HIDEのことには涙が出るんでしょうね…。

本当に自分でも不思議です…。

 

ただのファンとしてHIDEを見ていただけなのに。

会話すらしたことのない、ステージ上だけの存在の人だったのに。

 

 

もう1度・・・もう1度だけでいい。

 

HIDEに会いたいですね…。

PR
COMMENT
name 
title 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
  
でも触れたい
できることならその帽子に触れて
HIDEを怒らしてみたい(笑)
hide BIBLE 読みでがありますね(汗)
TOSHIやPATA HEATHはそれなりなんだけど…
YOSHIKIのインタビュー 私も薄いと感じました
SUGIZO・INA・GEORGEは楽しい話がてんこもりで
笑いながら読んでました
HIDE ほんとうに愛されてたんだなぁ~って
私も愛してましたし 愛してますよ(YOSHIKIと同じくらいに)
確かにステージ上だけの存在の人で、
はるか遠い存在のスーパースター(今でもこんな言葉があるのかどうか…)のHIDEなんだけどね
私はね もう友人を2人も癌で亡くしてるんです
父は3年前に他界しました…
その瞬間は ほんとうに悲しかった
しばらくは ほんとうに寂しかった
でもね…時が経つと 日々の生活にまぎれてしまった。
だけどHIDEって 思い出すと未だにKYUNとしちゃう。不思議な感覚の人
本当に もう一度HIDEに会いたいですね…。
jasminetea 2008/07/29(Tue)10:58:16 編集
I feel so blue
ちょっとディープな話になってしまいますが…。

人間って、忘れることが出来るから生きていけるんですよね。
あんなにも沈んでいたYOSHIKIが、ここまで回復出来るなんて…。

ついついYOSHIKIのことばかり気にかけてしまいますが、
一生相棒と言わしめるPATAだって、本当に沈んだはず。
あのhideサミでの、PATAがHIDE人形に触れる寂しげな顔は一生忘れられません…。

HEATHだって、人生を変えた存在だったんですもんね。
それこそ、自分の人生の一部だったと感じていたんじゃないでしょうかね。

TOSHIは…。
あのタイミングでのHIDEの死。本当に自分を責めたことでしょう…。
自分は、詩旅をするTOSHIを遠目で見ていて、
懺悔の旅のように感じてしまいました…。
施設や刑務所をまわり、多くの人に生きる力を少しでも分け与えて、
そうすることが、自分への戒めのようにも見えました。


>私はね もう友人を2人も癌で亡くしてるんです
>父は3年前に他界しました…

心からお悔やみを…。言葉にしてしまうと軽いですが…。

でも、本当になぜ、HIDEの存在って癒えないのでしょうね~。

HIDEという存在をまだ感じていられるからなのかな…。
2008/07/30(Wed)01:03:30 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
TWITTER


EXPERIENCE TWITTER

MOBILE ADDRESS
http://
twtr.jp/user/Retsu24/status
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
アーカイブ
カウンター
ブログ内検索
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]