忍者ブログ

■   X JAPAN -  N E W S   ■
最新CM
[08/01 ry]
[07/31 246]
[07/30 名無しさん]
[07/30 名無しさん]
[07/29 たかし]
[07/29 みな]
[07/29 花]
[07/28 なつ]
[07/27 KAZU]
[07/27 KAZU]
[07/27 花]
[07/27 定]
[07/26 名無しさん]
[07/26 花]
[07/26 Ⅲ45]
[07/26 むだ]
[07/25 名無しさん]
[07/25 名無しさん]
[07/25 名無しさん]
[07/25 名無しさん]
[07/25 乳井敬]
[07/24 KAZU]
[07/23 りこ]
[07/22 シャネル時計 芸能人 2014]
[07/22 スーパーコピー 時計 ガガ]
HEATH OFFICIAL SITE
TAIJI OFFICIAL SITE
[3098]  [3097]  [3096]  [3095]  [3094]  [3093]  [3092]  [3091]  [3090]  [3089]  [3088
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2011072113:00 - 14:00

Comic-Con 2011 in San Diego

at San Diego Convention Center

 

さて…。もう本日ですね?

(現地ではまだかな?)

 

一応、アナウンスでは21日となっていましたが。

 

http://www.spawn.com/news/news6.aspx?id=13759

 

22日にも何かやるんですかね?

 

2011072214:00 - 15:30

 

何かサイン会?

それともサインされたものが販売?グッズ?

ちょっとよくわからないのですが…。

 

で…。

 

http://www.comicbox.com/index.php/news-english/
image-comics-in-october-2011/?pid=10028

 

この記事によりますと、

 

20111005

BLOOD RED DRAGON #0

24 PAGES / FC / T

$3.99

 

これはエピソード0のコミックが販売になる。

んでしょうかね?

アニメが始まる前に、何かしらのコミックが出るのかな?

 

http://herocomplex.latimes.com/2011/07/11/
yoshiki-as-blood-red-dragon-todd-mcfarlane-makes-japanese-star-a-hero/

 

こちらにはスタッフ(?)のインタビューや、

設定画などが。

 

それにしても…このセンスは理解出来ない…(汗)

 

まあ…プロモーションの一環と考えれば…、

いいのかな??(苦笑)

 

x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x

 

ニコニコニュース

 

YOSHIKIも初参加! オタクの祭典「コミコン」を重要視するハリウッド映画の狙い

 

いよいよ721日からコミコン・インターナショナル(Comic-Con International)が始まる。今回最大の話題は、スティーブン・スピルバーグが初めて出席することだ。

 

【関連写真】フランシス・フォード・コッポラが新作プロモーションで20年ぶりにコミコンに出席

 

  コミコンとは、コミック・コンベンションの略。映画ファンなら耳にしたことがあるはずだが、実はそれが何かよくわかっていない人もきっと多いのでは。ひとことで言うとコミックや関連する芸術を愛するファンのためのイベントで、アニメ、アメコミ、SFなどのジャンルにからんだタレントや監督が出席したり、映像上映が行われたりする。

 

  毎年7月下旬に4日間、サンディエゴのコンベンションセンターで開かれ、会場はアニメや映画のキャラクタに扮したファンたちでいっぱいになる。

 

  もともとは、オタクたちが盛り上がるイベントだったこのイベントは、近年、ハリウッド映画のマーケティングにおいて、重要な役割を果たすようになってきた。とくにアメコミを映画化する場合など、公開がまだ先でも、ここでファンたちと良い関係を作っておくのは非常に大事。映像上映でファンの反応が鈍いとスタジオはあわてて再撮や追加撮影をしたり、編集をやり直すし、逆に熱狂的に受け入れられると、業界内でのその作品への期待は大幅に高まる。   スピルバーグが今回わざわざここに足を運ぶのは、この冬北米公開される「タンタンの冒険/ユニコーン号の秘密」(日本公開は121日)のためだ。ヨーロッパでは昔から愛されてきたが、アメリカ人は「タンタン」に馴染みが薄い。

 

  スピルバーグとピーター・ジャクソンが組むのはビッグニュースだが、この知られていないキャラクタたちの物語を、パフォーマンス・キャプチャーで映画化してどれほど当たるものか疑問視する声はなんとなく高まっており、ここで好意的な反応を得て、流れを変えたいというのが本音だろう。

 

  ところで今年は、なんと意外なことに、YOSHIKIも初出席する。伝説的コミック・アーティスト、スタン・リーとトッド・マクファーレンがYOSHIKIとコラボレートして生み出した新しいコミック「Blood Red Dragon」のお披露目だ。彼のコミコン体験は、果たしてどんなものになるだろうか。(文:猿渡由紀)

 

x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x

PR
COMMENT
name 
title 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
  
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
TWITTER


EXPERIENCE TWITTER

MOBILE ADDRESS
http://
twtr.jp/user/Retsu24/status
カレンダー
09 2019/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
アーカイブ
カウンター
ブログ内検索
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]