忍者ブログ

■   X JAPAN -  N E W S   ■
最新CM
[08/01 ry]
[07/31 246]
[07/30 名無しさん]
[07/30 名無しさん]
[07/29 たかし]
[07/29 みな]
[07/29 花]
[07/28 なつ]
[07/27 KAZU]
[07/27 KAZU]
[07/27 花]
[07/27 定]
[07/26 名無しさん]
[07/26 花]
[07/26 Ⅲ45]
[07/26 むだ]
[07/25 名無しさん]
[07/25 名無しさん]
[07/25 名無しさん]
[07/25 名無しさん]
[07/25 乳井敬]
[07/24 KAZU]
[07/23 りこ]
[07/22 シャネル時計 芸能人 2014]
[07/22 スーパーコピー 時計 ガガ]
HEATH OFFICIAL SITE
TAIJI OFFICIAL SITE
[1]  [2]  [3
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

" Without You " でのHIDE追悼は終わり、

歓声が鳴り止まないまま、ピアノは妖艶なフレーズへ。

 

09. ART OF LIFE - 1st movement -

 

YOSHIKIのピアノと、TOSHIのボーカル。

2人の世界が " ART OF LIFE " を作り出す。

 

偶然にも香港に行く前に「RETURNS」のDVDを見まして、

" ART OF LIFE " を見て行ったのですが、

明らかにあの頃とTOSHIが違う。

 

何故?

 

あの頃よりも声が出ている。

その声にとても感動してしまいました…。

 

" If it's all real "

 

YOSHIKIが妥協しなかった音。

" ART OF LIFE " の最高音をいとも簡単に歌い上げた!

 

YOSHIKIがドラムへ移動し、

" ART OF LIFE " はバンドパートへと移行する。

 

上部のLEDスクリーンにはHIDEを含めた5人が。

TOSHIの叫びとともにファストテンポへと突入する。

 

" ART OF LIFE " ってライブで聞く曲ではないよな~。

なんて常々思ってはいるんですけど、

改めて生音で聞かされると、

あっという間に曲の世界へ引き込まれてしまいますね…。

 

腕を振り上げるでもなく、

一緒に口ずさむでもなく、

ただ呆然と聞き入ってしまいます…。

 

シンセサイザーの神秘的な音。

そして1回目の安息なサビ。

なんでYOSHIKIのメロディーって涙を誘うのでしょう…。

 

その後の変拍子のフレーズ。

TOSHIが思い切りシャウトしていたのが印象的です。

魂の叫びとも言うのでしょうか。

なんとも声に余裕があるのも驚きです。

 

微動だにしないPATAHIDEのツインギターがハモる。

YOSHIKIは譜面を見ながらのドラムプレイ。

途中…相変わらず見失っていましたね…。

シンバルとバスの4つ打ちだけになる場面も…。

 

" Close my eyes

  Time breathes I can hear

  All love and sadness melt in my heart "

 

このCメロからストリングスへ。

そして大きなメロディー旋律のサビへと。

一番好きな場所です。

 

TOSHIがしっとりと歌い上げる。

 

" Art of life

  I try to stop myself

  But my heart goes to destroy the truth

  Tell me why

  I want the meaning of my life

  Do I try to live

  Do I try to love in my dream "

 

TOSHIが歌い終わってもドラムを叩き続けるYOSHIKI

 

" ART OF LIFE "

http://jp.youtube.com/watch?v=QJnoNbZTizA

PR

07.Piano solo

 

会場内に響き渡るのは「ヘンデル / ラルゴ」

YOSHIKIをピアノへと誘う楽曲です。

それを打ち消すように各メンバーを叫ぶ声。

 

それほど時間をおかず、ステージ脇からYOSHIKI登場!!

もちろん手には薔薇の花束が!!

 

花道センターに走りこみ薔薇の儀式!!

花束を4つに沸け、3方に投げ込む!!

 

こい!こい!こい!

 

きた!きた!きたーー!!

 

頭上を薔薇が舞い後方へ…。

 

東京ドームの時にも体験しましたが、

近くに薔薇が舞うと、すごい香が漂うんですよね~。

 

そして、自分の後方の男性が見事にキャッチ!!

 

(後に、一緒に行った友達がその薔薇を貰っていました!!ちょっと!!レディには優しいのね!!メンズじゃダメかしら?☆)

 

残りの薔薇はピアノ側1階席に投げ込み、

ピアノの前でYOSHIKIは腕をクロスさせ、

胸に手を当て、会場に向かって深々と礼を…。

 

そしてピアノに座り、祈りのポーズをして、ピアノに手を添える。

 

残念ながら…自分には何の曲かわかりませんでしたが、

綺麗な旋律に狂喜なスケール。

YOSHIKIらしい。もしかしたら即興かもしれません。

 

たった数分間。

いや、1分程度だったかもしれません。

そんなYOSHIKIの世界へ引き込まれた瞬間でした。

 

 

08.Without You - Short Version -

 

ピアノの旋律は " Without You " の旋律へと。

 

会場からは大歓声。

「ヒデーー!!」という悲鳴とも似た叫びが。

 

最初のイントロでストリングスが入っていなかったので、

すぐに短いバージョン、

復活3Daysで披露したバージョンだと気がつきました。

 

いいんです。それでも。

 

HIDEと一緒に」というコンセプトで始まった世界ツアー。

HIDEが生きたという証を世界に知らせてあげてください。

世界のファンがHIDEのためにこの歌に涙する姿を

HIDEはどう見つめているのでしょうね…。

 

" 終わりのない愛の詩を 今貴方に "

 

振り向きながら、バックスクリーンのHIDEを見つめている

TOSHIの姿がとても印象的でした…。

 

 

 

ただ…残念だったのが…。

やはりバラードとなると手拍子は起こるのですね…。

海外のライブのようにライターを灯して

左右にでも振るのかと思っていたのですが。

それはさすがに香港でも無理?

スクリーンに映る数々の古いフィルムに、

歓声も起こっていましたね~。

 

自分的には、静かにHIDEの追悼を祈りたい気分だったのですが…。

まあ香港でのライブなので、

その雰囲気に合わせないといけないということですね(笑)

 

HIDEを静かに追悼出来るのは日本のライブだけなのかもしれないと思いました。

 

 

" Without You "

http://jp.youtube.com/watch?v=_Uq4wNZGw1g

YOSHIKIはステージ奥に下がり、

PATAが花道に歩きだす!

 

04.PATA Guitar solo

 

PATAの早弾き!いつもの早弾き!

このフレーズを聴くと、どうしても次の曲が

" Standing Sex " だと思えてしまう…。

いや、わざと?一瞬 " Standing Sex " のフレーズを弾きましたね~。

 

TOSHI「パ~タちゃ~ん!」

 

TOSHIの掛け声に応えるようにギターをかき鳴らす。

花道の先端に到着するなり。PATA流のご挨拶。

 

まいど!まいど!と、右手を上げて、四方にご挨拶。

香港ファンにはPATAの敬愛の印が伝わったでしょうか?(笑)

ひとしきり会場を見渡し、ステージに戻るPATA

 

 

ステージは一旦暗転。

 

スピーカーから洩れてきた音は、

機械的な音。これは…!

 

05.DRAIN

 

打ち込みの音に絡まるように、

HIDEPATAのギターの刻みが被さる。

体を前後に揺らせながらギターを刻むPATA

上体を低くして唸らせるHEATHのベース。

ヅクヅクヅクヅク…と、弦を刻むごとに皮膚が震える。

 

く…る…!

 

TOSHI「ドレーーイン!!」

 

この曲大好き!!

でも、毎回「ノリにくいな…」と思っていたのですが、

アラ不思議…いきなり全開で頭をフリフリ!!

何故か勝手に体が動いてしまった…。

 

それもそのはず、3人ともが非常にノリノリなんですよ!

不動のPATAでさえも動く!動く!

Ra:INで見せる、アグレッシブなギタープレイ。

 

そして何よりもTOSHIの声が…。

いつもなら、ブレスを多く挟み、切れ切れに歌うのですが、

声に余裕があるのか、CDのようにちゃんと伸ばして歌う!

 

" Let me drain! "

 

思い切り拳を突き上げてしまいました!!

改めてこの曲を好きになってしまいました!!

今のXにはこういうミディアムテンポなグルーブが合っているのかもしれない?

 

 

ステージにはTOSHIだけが残り、またも一旦暗転。

そうそう「TOSHIと一緒に歌おう」のコーナーですね!?

 

06.Longing - Acoustic Version -

 

ステージにはマイクスタンドとイスが用意される。

スポットライトが当たるTOSHI

 

イスに腰掛け、広東語での軽いMCを。

何を話していたのでしょうか?

雰囲気から察するに、

 

「香港、愛してるぜー!!」「この曲を一緒に歌って欲しい!!」

 

PATAHEATHも加わり、静かに歌い始めるTOSHI

 

や…やはり、手拍子はつくのね(苦笑)

TOSHIが歌詞を先に読み上げて(叫んで!)

会場は大合唱の渦へ。

いやいや、歌詞を教えてくれなくても、

香港ファンはちゃ~んと歌詞を覚えていますね!

 

" I sing without you

  I'll sing without you

  Can't you hold my tears

  Cause, still I love you "

" PATA solo "
http://jp.youtube.com/watch?v=LV_yPDt3dxw&NR=1

02.Rusty Nail

 

会場には金属音のハープシーコードが鳴り響く!!

 

そして香港…海外TOSHIの第一声!!

 

TOSHI「ほんこーーん!!」

 

会場が一斉に沸く!!

 

YOSHIKIの3カウント!カンッ!カンッ!カンッ!

手をクロスさせ、両手のスティックを大きく振りかざす!

 

ギャーーンッ!!

 

YOSHIKIHIDEPATAHEATH

海外初の1音を会場内に打ち鳴らす!!

ステージには数本の火柱があがる!!

 

TOSHIは花道先端に走り出しファンを煽る。

自分の真横!!真横!!真横!!

を…通りすぎる!!(笑)

 

花道の先端に立ち、香港の会場の中央で歌い上げる。

会場からも完璧な歌声が響き渡る。

 

" 記憶のかけらに 描いた薔薇を見つめて "

" 跡切れた想い出重ねる 変わらない夢に "

 

Oh! Rusty! Nail!

 

歌詞を完璧に覚えて歌える香港ファン…素晴らしい…。

 

TOSHI「会いたかったぜ!香港!!(広東語)」

 

TOSHIが広東語を!!

すごいすごい!!香港ファン嬉しいんだろうな~!

 

 

たぶん音量の規制の問題なのでしょうが、

やはり香港の音は大きい!!

自分にとっては、まだまだ物足りないのですが(笑)

クリアな音を保ちつつでは、このぐらいが限度なのかな?

 

そして、今回は何故かすごいスネアの音が響く!!

普通(?)ならバスドラの音が体に響くのですが。

スネアの音を上げたのか。

YOSHIKIがパワフルに打ち込んでいるのか。

この辺はわかりませんでしたが、

どちらにせよ音はかなり作りこんでいるように感じました。

 

 

03.WEEK END

 

どうしてもHIDEのいる右が空いてしまうためか、

HEATHはすかさずステージ右へ走りこみ、

右側の1階席を煽りながらのプレイ!

復活3DAYSとかも良く右に行ってましたよね~。

HEATH優しいな…。

 

リズムに合わせてTOSHI

「オイ!オイ!オイ!」と煽る。

この辺も新しい煽り!

 

" Rusty Nail " に引き続き、

オリジナルメンバーでの演奏。

復活3DAYSではちょっと愚図つきましたが、

HIDEの音に合わせるのもずいぶんと楽勝になりましたね!

 

WEEK END!」「WEEK END!」「WEEK END!

いつもより高く飛び上がってみました(笑)

香港の座席はパイプイスみたいな感じではなく、

しっかりと、ゆったりとしているため、

前後左右のスペースにゆとりがあったのです。

だから飛びやすかった!!

すでに足はツリそうになっていましたが…。

 

 

" The Last Song " " Rusty Nail "

http://jp.youtube.com/watch?v=wpkswcuEZZE

 

" Rusty Nail "

http://jp.youtube.com/watch?v=2ZaW5dxBNHc

20:30

 

暗転。

 

会場が揺れんばかりの大歓声!!

 

ぎゃーーーー!!!うぎゃーーー!!!

ぶうぉおおおお!!!あじゃーーー!!!

 

なんとも形容の出来ない叫びを上げました。

 

自分がね(笑)

 

会場内はファンの叫び声だけ!

スピーカーからは無音。

 

本当にここまで来てしまったんだ…。

感無量な心理に何も起こってもいないのに涙が…。

しばらく会場からは悲鳴が鳴り止まない!

Xコールもそこらから沸き起こっている!

 

無音

 

スピーカーからは何も聞こえない。

聞こえるのは会場の割れんばかりの歓声だけ。

 

1曲目は何?

そして何が起こっているの??

 

それでも会場からは歓声は途絶えず、

このままライブが終わっても声は枯れていそうな雰囲気(笑)

 

20:40

 

いきなりスピーカーから聞こえ出したのは「歓声」の音。

なんだ?なんだ?でも始まるぞ!!

それに呼応するかのように会場からも大歓声!!

 

そんな会場に染み渡るように流れ出したのは。

 

 

01.The Last Song

 

Xファンなら誰もが知る。

あの復活1日目の、あの演出!あの曲です!!

 

か…会場からは手拍子が!!

こ…これが香港のノリか!?

それも4分音符に合わせての手拍子のために早い(笑)

「聞く」というよりも「歓迎」の証なのでしょうか。

 

そうだね…。この11年。

Xと同じ痛みを味わったのは日本ファンだけなのかもしれない。

海外のファンからしたら、痛みや悲しみよりも、

興奮のほうが上回るのかもしれないですね…。

 

クラシックバージョンのために歌声はないですが、

頭の中にはTOSHIYOSHIKIの声が木霊する。

 

自分はもう…涙は止まらなかったです…。

あの時には本当に悲しい曲でしたが、

今では新しい門出の曲になりました。

そして、新しいXへと続いていく曲に。

 

" I see red

 I see blue

 But the silver lining gradually takes over

 When the morning begins

 I'll be the next chapter "

 

" 怒り…悲しみ…

 それでも希望の兆しに導かれる

 朝を迎えるなら 次の章へと "

 

紗幕が落ちる。

 

そしてTOSHIの声が会場を包み込む。

 

" 終わらない雨 "

 

うぎゃーーーーー!!!!!!!!!!!!

 

" 抱きしめた "

 

トーーーーシーーーー!!!!

 

" 夜が朝を迎える "

" 心はまだ 濡れたまま "

 

YOSHIKIのピアノスケールが流れる。

 

ヨーーーーシーーーーキーーーー!!!!

 

歓声だけで耳鳴りがしそうな、

とにかくすごい盛り上がり!!

 

自分は一声も発することは出来ず、

体を弓なりに折り、ただ涙を流すだけ…。

 

" 傷つくだけ 傷ついて 解ったはずの答えを "

" どうしてまだ 問い掛けてる "

 

たったワンフレーズ。

それだけでわかりました。

TOSHIの声は絶好調!!

 

永遠とも思えるTOSHIの伸びる声。

それがエフェクトで更に伸ばされる。

YOSHIKIはドラムへ移動。

TOSHIYOSHIKIから離れステージセンターへ。

左にはPATAHEATHが待機。

 

海外のXとして第1音を会場が待ちわびる。

 

女性ナレーションがXの夢の中へと誘う。

 

X......JAPAN...JAPAN...JAPAN...

2009年1月16日

X JAPAN WORLD TOUR in 香港 「破壊の夜 Extra

 

19:00

 

昼間から会場前で雑談をしていましたが、

開場時間の間近になると、急激にファンが詰め掛ける。

香港のファンは日本のファンほどコスプレな方は少ないですが、

それでもXっぽい(?)ファッションをしている人もちらほら。

本当に老若男女のファンが集まっていることがわかりました。

 

たったいま購入したT-シャツに着替えているファン。

赤いボンボンを配っているファン。

日本とまったく変わらない光景です。

 

見渡す限り「Xファン」が集結!!

一瞬、ここが香港であることを忘れてしまいます。

当然ながら、自分も含めほとんどがアジア系。

白人などは見かけませんでしたね…。

話によると、台湾・上海あたりからも来ているとか。

 

19:30

 

開場時間。

 

自分はそそくさと会場に入り精神統一(?)

左右のスクリーンにはX JAPANのライブ告知の文字。

ステージとスクリーンの間には、

復活3DAYSにもあった「X」のモニュメント。

ただデザインは違いました。

 

ステージセットはカウントダウンの時とほぼ一緒。

花道を見る限り、ドラムが飛び出してこないことはすぐにわかりました。

YOSHIKIは今回飛ばないようです(笑)

 

流れているBGMは「ETERNAL MELODY II」から、

Xの楽曲のみを選曲。

こちらもカウントダウンの時と同じですね。

以前はクラシックを流していましたが、

Xの楽曲に統一をしたのでしょうか。

それに合わせ口ずさんでいるファンも。

 

20:00

 

開演時間。

 

こちらから判断しても、

明らかに開演が遅れることはわかりました。

入場に手間取っているのか、

ファンがゆっくりとしているのか、

会場の席はまだ埋まらず、歩きまわっているファンも。

 

手荷物検査もなく、写真撮影禁止の看板もなく。

会場内は記念撮影の嵐。

 

自分もステージの写真を撮ってしまいました…。

(実は…後に知るのがですが、写真撮影はNGだったみたいです。)

 

20:20

 

会場内はほぼ満席。いや、完全に満席?

自分が見渡した限りでは空席を見つけることは出来ませんでした。

どこからともなく沸きはじめる「We are X!」コール。

ほとんどのファンがペンライトでXマークを。

偶然にも周辺に日本人ファンがいたのですが、

友達の名前を叫んだり、わけのわからない言葉を叫んだり。

旅の恥はかき捨て?

言葉が通じないからと言って…恥ずかしかったです…(汗)

 

Xコールとともに、足を床に打ち鳴らすストンピング!

ドン!ドン!ドン!と足踏みをし、会場を鳴らす。

海外バンドによくある光景ですね。

横浜アリーナや代々木体育館はよく鳴ります(笑)

 

スタッフがギターをかき鳴らしたり。

その都度にファンから大歓声がおきる!

開演前にすでにファンは温まっていました!!



こちら、香港のライブで売られたグッズです。

事前に入っていた情報とさほど変わらず…。

商品の種類も少ないうえに、

デザインは復活3DAYSの物と同じでした…。

唯一の違いは、

文字が「WORLD TOUR IN ASIA」に変わっていました。

 

もうちょっとパンフとかあれば記念品になったのにな…。

この調子だと、他の国でも同じような物かもしれませんね。

まあ日本人向けで作られているわけではないですからね~。

同じデザインでも香港ファンには嬉しかったと思います。

 

唯一、新商品として加わったのが「カードケース」

それと、YOSHIKI Personal グッズとしてTシャツ。

YOSHIKI JEWELRYの2点。

YOSHIKI JEWELRY見るの忘れてた…なんだったかな…日本でも売られているやつです。)

 

HEATHはどうした!?


こちらはステッカーとカードケース。

 

自分は記念品として、

Tシャツとステッカーを買ってきました!

パンフがなかったので「WORLD TOUR IN ASIA」と

書かれているものを選んで(笑)

 

 

こちらは帰国後にYOSHIKI Tシャツを購入した方からもらった写真です。

 

背面には。

 

無謀

YOSHIKI

performs with X JAPAN and VIOLET UK

WORLD TOUR

www.YOSHIKI.net

 

と、書かれていたそうです。

いいですね~。XVUKの名刺を持つのですね!?

で…。

YOSHIKI NETは何か動いているのでしょうか?(苦笑)

VIOLET UKも期待していますよ~!!

 

グッズを購入するために、発売時間15時より

1時間前に行ったのですが。

予想通り行列はさほど無く、

グッズが販売されてからは30分ほどで買える感じでした。

開演まで行列は途切れることはありませんでしたが。

種類も少ないし、購入者も少ないので、

スムーズに販売を行えていましたね~。

購入前にチェック用紙があったのもよかったのかもしれません。

 

行列に並び、4個ほどのレジで会計を済ませ、

そのレシートを持って、

また商品受け取りに並ぶ感じでした。

どちらかというと、商品受け取りに並ぶ時間のほうが長かったかな~。

それでも、そうストレスを感じるほどは並びませんでした。

 

最終的に売り切れたものはあったのでしょうかね?

その確認は出来ませんでした…。

韓国に持っていけば、そのまま売れますね(笑)

ASIA」と書かれているので、

日本公演もWORLD TOURの一環と考えれば、

日本でも同じものが売られる可能性はあるかもしれません。

 

Tote Bag50HK$(550円)

Stickers50HK$(550円)

T-ShirtWhite JewelM/L280HK$3080円)

T-ShirtRed & GoldM/L280HK$3080円)

T-ShirtWhiteM/L280HK$3080円)

Card Holder Silver/Pink100HK$1100円)

 

Necklace J.Cross1600HK$17600円)

Necklace J.Ring1600HK$17600円)

YOSHIKI T-Shirt.Y1280HK$3080円)

 

Tシャツだけは日本で購入するよりは1000円ほど安かったですが、

他の商品はたいして値段も変わらなかったです。

 

ちなみに、こちらが日本で発売した同様のもの。

(文字だけが違います)









ちょっとYOSHIKI mobileとかぶってしまいますが…。

これらが18日の現地の新聞です。

3社にて報道されていました。






 

向こうの新聞は情報が遅い?のか、

18日発売なのに、すべて16日の模様の記事でした。

 

 

そして、これは現地の雑誌。

ライブの直前まとめみたいなもんですね~。

Xのまとめ的な記事が簡易に書かれています。

 

こちらは日本の紙面。
スポニチ・サンスポ・ニッカン

 

 

最後はBARKSの記事!

さすがです…。

 

x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x

 

BARKS

 

X JAPAN、香港で起こした“事件”

 

X JAPANがうなりを上げた。X JAPANワールドツアー、メンバー自身が実現するとは思えなかった夢の世界ツアーが遂に実現、本人達をも狂喜させるほどの大成功に、X JAPANの新たな歴史が幕を開けた。

 

116日、17日の2日間で約2万人を動員した香港公演、その歴史的な足跡をここにとどめておこう。

 

X JAPAN、香港で起こした“事件”~写真編

 

開演時間の20時になると、既に総立ちの会場からXコールが湧き上がり、オーディエンスは万全の体制でX JAPANを待つ。香港に始めてX JAPANが舞い降りる…この瞬間を待ち続けていた香港のオーディエンス1万人は、すでに万感の思いであったことだろう。あとは、身を委ねるだけだ。

 

客電が落ち、「LAST SONG」のSEが流れ、メンバーの登場を息を飲み待ち構える緊張感が会場を満たすと、YOSHIKIのピアノとTOSHIの歌声がまるで闇を射すようにまっすぐに伸びていく。否応なく高まる緊張感の中「Rusty Nail」へ。ステージの幕が落ちYOSHIKITOSHIの姿が現れると、歴史的瞬間を目の当たりにした香港ファンの熱狂が空を切り裂く。この瞬間、世界ツアーの成功を確信したメンバーの身体にも電流が走る。世界を震わせるX JAPANの鼓動の潜在パワーが、メンバーにオーディエンスにそしてスタッフの身体を瞬時に射抜く。世界ツアーの成功はこの時点で決まった。会場のボルテージは一瞬で最高潮に達している。

 

TOSHIの「香港―!」という呼びかけで、世界進出の第一歩を飾る香港が呼応する。香港ファンの熱狂ぶりにYOSHIKIのドラムが応える。両者の壮絶な掛け合いはそのまま生ける巨大モンスターの脈動となり、興奮のスパイラルが会場に満ち満ちていく。もう全てが爆発してしまいそうだ。

 

メンバー全員が確かなる空気に身を捧げ、X JAPANの美学は、ライヴという瞬間瞬間の芸術に昇華されながら、オーディエンスの心に飛び込んでいく。観客もメンバーもスタッフも、この会場に捕らえられた全ての感情は、もはや制御不能だ。X JAPANというモンスターの生み出す巨大なエネルギーは全ての感情を飲み込んで膨大な興奮のスパイラルを増幅させていく。

 

X JAPANは、理屈や仕掛けでは作りえない、人間の想いと折り重なる感動で会場を埋め尽くす次元を超えたパフォーマンスをリアルタイムに生み続けていった。

 

途中、YOSHIKIはピアノの前で、自分自身の肩を抱きしめるように深々と頭を下げた。長年、世界進出を大きな目標に掲げてきたX JAPANの軌跡を確かめるように。HIDEへの想いを抱きしめるように。支えてくれたファンのひとりひとりの笑顔に想いを馳せるように。

 

ART OF LIFE」では、ビジョンに映し出されたHIDEの映像にHIDEコールが巻き起こり、「紅」では日本語の大合唱。本編が終了しメンバーがステージを下がると香港ファンは足で地面を鳴らしながら、Xコールでメンバーの登場をあおり続けた。鳴り止まない地響きにアンコールで登場したメンバーはチャイナ服に身を包み、会場を満面の笑みで埋め尽くした。

 

この日、YOSHIKIは深々と頭を下げ、名残り惜しそうにステージを降りた。翌17日<破壊の夜 in HONGKONG>では、風邪や激しいパフォーマンスによる後遺症も心配される中、前日よりもさらにボルテージを上げて登場。人力では理解し得ない、X JAPANというモンスターが生み出すエナジーに、YOSHIKI自身が操られているかの健在ぶりだ。火事場の馬鹿力ならぬ、X JAPANの未曾有パワー。もはやセルフコントロールもなにもない。YOSHIKIX JAPANが放つエネルギーを全身に浴びながら、攻撃と回復と成長をリアルタイムに回転させている。こんなパフォーマンスが今まであっただろうか。

 

前日の大成功はメンバーをさらに強靭にさせた。より安定したTOSHIのボーカルにオーディエンスは全曲日本語の大合唱で応え、メンバーのプレイはさらに温度を上げていく。YOSHIKIも人跡未踏のドラミングを連続して演奏、疲労を見せるどころかさらに加速する姿は、理屈を超越してしまった。

 

生きるモンスター、X JAPAN。その生命体は海を越えて、ドデカイ変態を遂げた。エネルギーを感動に換え、感動をエネルギーに換えて、メンバーもオーディエンスもX JAPANの一部となった。

 

アジア最大? 世界最大? そんなことはもはやどうでもいい。感動を伝えるX JAPANというひとつの“プロトコル”が今、世界共通となったことが一番の“事件”なのである。

 

X JAPAN WORLD TOUR スケジュール>

116日 香港 ASIA WORLD EXPO

117日 香港 ASIA WORLD EXPO

XX日 XXXXドーム

XX日 XXXXドーム

XX日 東京ドーム

XX日 東京ドーム

321日 韓国 オリンピック公園第一体育館

322日 韓国 オリンピック公園第一体育館

XX日 バンコック Supachalasai Stadium

XX日 東京ドーム

XX日 東京ドーム

XX日 ニューヨーク Madison Square Garden

XX日 ロサンゼルス

XX日 フランス

XX日 ドイツ

XX日 フィンランド

XX日 北京

XX日 台北

 

x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x

ただいま!!
とりあえず無事の報告です~。

早く話したいこともいっぱいあり、
コメントのほうも書きたいのですが、
さすがにクタクタ…このPCも使い慣れてないし…。

また帰ったら腐るほど書き込みますね!!(笑)

とにかく。

海外初の香港は大成功です!!

 

SE.Amethyst
01.Rusty Nail
02.WEEK END
03.HEATH Bass solo
04.DRAIN
05.Forever Love - Acoustic Version -
06.Piano solo
07.Tears
08.紅
09.オルガスム

ENCORE.1

01.I.V.
02.Drum solo & Piano solo
03.X
04.ENDLESS RAIN

ENCORE.2

01.ART OF LIFE - 2nd movement -
- Drum Break

CURTAIN CALL

SE.Say Anything

SE.Longing
SE.Unfinished
SE.Crucify My Love

またまた走り書きメモでございます。

20:40開演。
前日ともの遅れはどちらかというとファンの会場入りが遅いためと感じました。
ただ待っている間もXコールや、メンバーコールで大盛り上がり。

Amethyst

これのみのオープニングは復活初?

X JAPAN......のコールのあとは、紗幕の中でピアノ演奏。
そして、YOSHIKIとTOSHIのみでRusty Nailのワンコーラス。

Rusty Nail

今日は最初からSUGIZO

WEEK END

HEATH solo

DRAIN 

Forever LoveAcoustic Version

YOSHIKI のPiano solo
前日もそうでしたが、Piano soloとは呼べるか?短い。

Tears
ヒデサミのWithout Youと同じフィルム。
もしかしたらレア画像もあった?ちょっと気がつかず。

オルガスム
1コーラスは英語。2コーラスは日本語。
YOSHIKIは当然CO2まきまくり!!
ちょっと触れたかも!?
PATAが「オイ!オイ!オイ!」と叫ぶ!

本編終了。

ウェーブ時間
HEATHの誕生日が近いため、事前に準備をしていた、
会場全員で誕生日の歌。

メンバー登場。
HEATHは広東語でお礼を。
会場の合唱にあわせるようにYOSHIKIがピアノで
TOSHIが誕生日を歌う。即興。

ピアノの旋律がかわると同時に字幕より早くI.V.の合唱。
お約束の「HEATHが歌ってないぜ~(広東語)」もあり。

I.V.
終了後はドラムソロ。TOSHIの煽り。
途中、観客からのYOSHIKIコール煽りに変わる。
YOSHIKIやけくそソロ。

ピアノ「エリーゼのために」

ドラムソロ

ピアノ「白鳥の湖」

ドラムソロ

ピアノ「英雄ボロネーズ」

ドラムソロ

ピアノ「トルコ行進曲」

走り回る。叩きまくる。弾きまくる。
即興。妙技。すごい。

YOSHIKIがSUGIZOを煽り、ちょっとギターソロ。
ファンも歓声で応える。

X

We Areコールのとき、
YOSHIKI・TOSHIが水をかけあう!
ペットボトル合計4本。

ENDLESS RAIN
YOSHIKI・HEATH・PATA・TOSHIの順ではける。
エンドレス放置バージョン。

ART OF LIFEのピアノの旋律。
しばらくすると、ピアノの前に立っているYOSHIKI.
ART OF LIFE後半。
TOSHIの声は恐ろしい。
すべて完璧に歌いこなす。

終了後。YOSHIKIはそのままドラム破壊。
ドラムの四方から火柱が上がる。
壊す。壊す。叩く。壊す。投げる。叩く。
最後はドラムにダイブ!!!!

やっちゃいました…。

しばらく倒れてたけど、Say Anythingが流れる。
なんとか…起き上がりカーテンコールへ。

TOSHI・HEATH・PATAはそれぞれ会場にボールを投げる。
YOSHIKIはHIDE人形を抱え、花道に座る。

SUGIZOを含め、6人で万歳三唱。

23:30終了

香港ファンの熱狂はすごい!
クールダウンを知らない…。
曲間もずっとコールがやまず。

色々は感情が入り混じり、本当に感動しました…。
百万粒の涙と汗を流しました…。

 

01.The Last Song
02.Rusty Nail
03.WEEK END
04.PATA Guitar solo
05.DRAIN
06.Longing - Acoustic Version -
07.Piano solo
08.Without You
09.ART OF LIFE - 1st movement -
10.紅

ENCORE.1

01.ENDLESS RAIN
02.I.V.
03.Drum solo
04.X - Drum Break

ENCORE.2

01.Tears

CURTAIN CALL

SE.Say Anything

SE.Longing
SE.Unfinished

詳細なレポは帰国後にちゃんと書くとして…。
自分用メモとして走り書きしておきます。

会場は超満員。空席はほぼありませんでした。
会場内は驚きの撮影OK。お国柄なのでしょうか。

現地時間20:30にスタート。

1曲目はThe Last Song。
あの「破壊の夜」と同じオープニング。
TOSHIの声は明らかに絶好調!

ここ最近の定番。
ストリングスと女性のナレーションがあり、
Rusty Nail
HIDEはスクリーンのみ。

続いてWEEK END

PATAソロ

DRAIN

Longing acoustic version

Without You
YOSHIKIとTOSHIのみ。
ストリングスも無し。
ショートバージョンで復活と同じ映像。

そのままピアノはART OF LIFEへ。
HIDEのホログラム無しでのART OF LIFE前半。
流れるように紅。
ここで初めてSUGIZOの参加。

本編終了。

会場はウェーブや風船を膨らませてアンコール待ち。
それほど時間を空けず、メンバー登場!

アンコール1曲目はENDLESS RAIN
花道先端のTOSHIとピアノのYOSHIKIがアイコンタクトしながら、
会場で大合唱。

続いてI.V.(SUGIZO参加)

TOSHI「HEATHが歌ってないよ~(広東語)」

HEATH「歌ってるよ~(広東語)」

カウントダウンと同じくそのままドラムソロ。
TOSHIが…YOSHIKIをいじめる…。
 
YOSHIKI「I’ll…Kill…You…。」

TOSHI「I’ll!!Kill!!You!!」

いきなりYOSHIKIが8小節ほどI’ll Kill Youを叩く!!

TOSHI「着替えてきていい??(英語)」

TOSHI・PATA・HEATH・SUGIZOが中国の服。
TOSHIがふざけて「あちょー!!」と、カンフーを。
YOSHIKIはいつものコスチューム裸。

最後はX!!

ドラムを破壊して終了。

ここでおわりかと思ったら。ダブルンコール。

Tears

カーテンコールはSay Anything
巨大HIDE人形を持ち出し、花道先端6人で万歳三唱。

23:15に終了


以下。メモ。
TOSHIのMCは8割広東語。2割英語。
「暴れん坊将軍」は日本語でした(笑)

声はほんとに申し分ないです。
日本と違う規約なのか、音量はすごい。
スネアがハラに痺れました…。

終始待ち時間が短くサクサクと進みました。

おはようございます!!
これからグッズの状況を見に行きたいと思います!

と…その前に…おなかすいた…。

5時間のフライトの末、無事に香港に到着しました!

機内食はもちろんビーフ!
ハンバーグがとてもおいしゅうございました。

ただいまの時間は…1時…。
ホテルに到着して一息ついたところです。
飛行機の遅れ、現地でチケットを受け取ったりしていた
遅くなってしもうた…。

日本は何かお変わりないですか?
と、聞きたいところですが、ネット環境もよくて、
自宅にいるのとそうかわりません(笑)

友達とちょっとだけ夜の街を散歩。
散歩です。散歩。
なんか近所はマックとセブンイレブンだらけです。
屋台とかもやってましたが、
明日のライブに控えおなかを壊してはいけないと我慢!

そして…ただいまは3時45分。
寝ないとな…。
グッズ販売が15時ということで、頑張って並びたいと思います

海外初日。香港まであと24時間切ったんですよね!?
まだ信じられません…。

しばらく音信不通になるかもしれませんが…。

行ってきます!!

http://www.takungpao.com/news/
09/01/15/UHK-1018805.htm

 

http://news.sina.com.hk/cgi-bin/nw/
show.cgi/15/1/1/1006025/1.html

 

http://www.singtaonet.com/ent_focus/
200901/t20090115_962447.html

 

http://paper.wenweipo.com/2009/01/15/
EN0901150026.htm

 

http://www.appleactionews.com/site/
art_main.cfm?&iss_id=20090115&sec_
id=7018882&art_id=12090101&media_id=1&dis
_type=text

 

記者会見動画

 

http://es.youtube.com/watch?v=A1uCrFxoJTY

 

記者会見の内容は。

 

国外で初めて行うライブとして、意気込みを話したそうです。

X JAPANの解散や復活の経緯など。

そして…専属意思・酸素カプセルも持ち込んでいるそうです(笑)

 

HEATHPATASUGIZOYOSHIKIと、

同時に韓国入りをしたそうです。

パニックを避けるためにYOSHIKIだけは別ルートから。

 

TOSHIはどうした…??

 

本日15日は全体リハが行われるそうです。

(当たり前ですね…)

 

本当に…Xが海外でライブをするんですね…!

するんです…よね??(笑)

香港でYOSHIKIが行った記者会見が

ニュースになっています。

 

何を会見したんでしょうね?

腕の怪我などのことも話しているようですが…。

 

http://news.on.cc/ent/
index.html?file=ncbrke00_20090114205429

香港で売られるライブグッズみたいです。

 


 

Tシャツ

・トートバッグ

・カードホルダー

・ステッカー

 

…これだけ!?

これだけってことはないよね…?(汗)

 

『香港に行ったどぉー!!』

という記念品が欲しかったのですが…。

何かあるのかな…。

TWITTER


EXPERIENCE TWITTER

MOBILE ADDRESS
http://
twtr.jp/user/Retsu24/status
カレンダー
07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
アーカイブ
カウンター
ブログ内検索
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]